HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰りたくないけれど帰らなければいけない日が来てしまいました

午前10時には迎えが来ると言うことだったので、いつもどおり6時にTRにいって最後のセットアップ

こういう時っていつもより綺麗に掃除しちゃったり、整頓しちゃったりするんですよね 

たったの10数日だったのに

今日はA/Bチーム共に遠征だったのでロッカールームは一度選手を送り出したら寂しいものでした

選手たちが出発する前に、今日で最後だからと挨拶周りをしてきました

選手のみんなが怪我の無いシーズンを送ってくれることを願っています

出発の前にはお世話になったAT陣と話をして、卒業前になって仕事を探し始めるようになったら必ずまず連絡してくるように。ここでの仕事は無かったとしても、どこかの空きをしっているかもしれないから、と言ってくれました。

これから数ヵ月後、自分の肩書きは学生ではなくなります

どういう決断をしているのかまだ今の自分にはわかりません

でもここで出会えた人たちに恥ずかしくないような決断をしたいと思います

成長しないと
スポンサーサイト

今日も朝からマイナーの方にお邪魔して来ました

昨日一日過ごしたから流れはわかっているので、今日はやりやすかったです。

雑用から選手のお世話まで好きにやってました

昨日もそうだったのですが今日もPerformance Enhancement系のクリニックを持っている人がやってきていて、彼から色々と教わりました。自分って何にも知らないなぁ、と思わせてくれる人でした。もっと一緒にいて色々と吸収したいけれど自分は今日が最後なのが残念。

だけど少しでもこういう人に会えたのは幸福と思うべきなのでしょう

嬉しかったことがひとつ

練習後、マイナーのトレーニングルームでトリートメントをしていたらメジャーのとある選手がやってきて、自分のことを呼び出しました

何かと思ったらわざわざ探して別れの挨拶をしに来てくれたのです

彼はベテランの選手

始めてあったときから冗談を言い合いながらも、毎日ストレッチをしたりしてあげていた選手

自分がマイナーの方に参加した昨日もTRでずっと自分のことを探してくれていたらしいです

そんな彼がわざわざ挨拶をしに来てくれて連絡先をくれたのは本当に嬉しかった

マイナーの方でも最後にミーティングをして、最後にAT陣に挨拶をしたとき、ほんの2日しかすごしていないのに涙があふれてきてしまいました。泣いてはないですけどね、

ジワッ

って感じであぶなかったです

それだけ楽しんでやっていたんだなぁ
楽しませてもらっていたんだなぁ、という感じです

その後メジャーの方に戻ってヘッド、アシスタント、AAAのATと話をしました

その中で「試験を受けて、仕事を探す段階になったら必ずわれわれに連絡するように」といってくれました

明日の朝もう一度顔を出してさよならです

でもなんだかまた戻ってくるような気がしています

昨日さよならHRをうった選手がマイナーに落とされてました

どんどんロッカーに空きができています

自分は今日、明日とマイナーの方に参加させてもらうことになっているので、TRに顔を出し、同じようなことをしてきました。

マイナーのATたちとは顔を何度かあわせていて、名前も知っている人がほとんどだったので入りはスムーズ

しばらく流れをみて、流れがわかったらいつもと同じようにストレッチからその他雑用をする、といった感じ

マイナーの方は人数が多いからその分少しばたばたするけれど、まだけが人も少なくそこまでリハビリなかったのが少し残念だけれど、それでもSub talar jointのJt. mobもみれたし、そのほかためになる話も聞けたのでよかったです

練習に参加させてもらうのは明日で最後

早いなぁ
学校戻りたくないなぁ

ここに残っていたいなぁ、、、

世間はTime changeでSummer timeがはじまりましたがアリゾナは関係ないようです。何でこの国は州によってこんなにまちまちなのかね、これ。

試合をみていて最終回に2ランを浴びて敗戦ムード一食だったのですが、ランナーが一人でて、二人でて同点、もしくは逆転さよならのチャンス

そんな状況をみながら隣に座っていたEquipment managerに

「これでHRがでてさよならでおわりだね」

なんていったそのそばから

カッキーン

逆転さよなら3ランHR

笑えました

試合中は基本的に野球をぼーっとみているだけなのですが、ヘッドと話をする良い機会です

でも明日から前々からお願いしていたマイナーの方の見学にむかうので、メジャーの試合をみるのもこれが最後でした。っていってもあまり感慨はないけど。多分また戻ってくることになると思っているからかな?

今日はピオリアまで遠征
約2時間30分のバスのたびでした

行きしなはバスに乗るになり爆睡
気づいたら到着

試合の方は最初だらけたけれど最終回に2本のソロホームランで逆転し、その裏の攻撃で同点にされ、延長で再び勝ち越して勝利、となりました

日本人選手がいるためか日本の報道陣の姿も多かったように思われます

異国の地で戦う日本人はやっぱり応援したくなりますね

昨晩ヘッドトレーナーとその家族にメキシコ料理をごちそうになったのですが、ヘッドトレーナーがものの見事に食あたり。
どうやら娘さんも大変なことになったようでしたが、自分はぴんぴんしております。

チームに合流して1週間ほどがたつのでさすがに日々の流れは承諾してきています

基本的にどこでもやること一緒なんですよね

みる選手がMLBってだけで

一応やることやっていますが少し暇をもてあましているところも正直なところあります

特に怪我している選手がいるわけでもないですしね

近々マイナーの方に顔を出させてもらおうと思ってます
そっちはいろいろリハビリやっているみたいですし

夜は記者さんと、甲子園常連校期待の星の高校生(になる)子達とご飯を食べてきました。

これまたおもろい話が聞けました

とりあえず怪我をせずにやっていってほしいものです

一気に暑くなりました、アリゾナ
今日一日でだいぶ焦げました

試合の後今日はヘッドトレーナーにご馳走になりました

奥さんと子供もキャンプ中ずっと帯同していたので、同席

すごくきれいな奥さんと、かわいい子供たちでした
いいですねぇ、ああいうの

ヘッドとは今日ゲーム中長いこと話をしていました

この仕事のこと
これからのこと
リハビリのこと
物事に対するアプローチのこと などなど

自分の考え方とすごく似ているとおもいました
そして今まで自分がやってきたことは間違いではないんだとも思いました

こんなボスの元で仕事ができたら幸せです

残りの日々を大切にしたいと思います

今日はアウェイゲームだったのですが、お留守番だったので、いつもより早めにTRを後にしました

夕方からは昨日の日記に書いた選手と食事

お寿司を出してくれるところにいってきました

彼は日本食が大好きで、あまりにも良くそのお店にいくから、お寿司のロールに彼の名前がつくほど

好きなものを注文して、ということで好き勝手に注文していたら彼の方も気を使っていろいろとすでに注文してくれていたので大変なことになりました。食べつくしたけど。

彼ともうひとり、日米野球で昔日本に来たことのある選手も同席して話しをしている中、

「何千、何万人に囲まれて試合をしている感覚ってどんなものなの?」

ときくと

「I never see them so I don't know (目に入らないからわからないよ)」

そして

「忘れもしない、ある試合で逆転満塁ホームランを打ったとき、ボールの感覚がまったくなくて完璧なスイングをしたことがある。そのときグランドを一周してホームを踏んだとき意識的に周りをゆっくり見回してみたんだ。あのときの感覚は忘れられない。そしてこんなことは二度もう二度と起こらないってことを悟ったんだ。その瞬間をボトルに詰めて何度でも見返したいって思うんだよ。エージェントにバットを置く準備ができた、ってね」

という話が印象的でした

年齢的にも厳しくはなってきているとは思いますが、まだまだがんばってもらいたいと思います

やはり長年一流の舞台でやってきている人は人間できている、とおもいました

書いてたらちょっとした手違いで全部消えた、、、

試合が夜からだったので11時集合
とはいえ普段は5時おきなので、結局早い時間に目が覚めやることがなくぼーっとしておりました

時間になりTRにいくとすでにスタッフの姿がちらほらちらほら
聞くとやることなくて暇になったからかなり早い時間にTRにきていたそうです

あはは、日本人みてぇ
暇だな、おまえら、とおもいながらも、自らWhirl poolをきれーに掃除しているアシスタントをみてほほえましくなりました

夜の試合は対D-backs

乱打戦を制して勝利
日本人の観客もいました

それにしても風が強くてさむかったぁ。。。

ホテルに戻ったのは12時前
明日も5時おき

You gotta love it

本日はアナハイムエンジェルスとの試合

とはいってもそれまでのスケジュールは昨日と大差なく、朝にTRにいって、トリートメントをして、ご飯食べて練習行って、試合っていう感じでした

2日目にしていろいろとやらせてもらっています

夜にこちらで仕事をされている日本人スタッフの方と食事に行ったときにいろいろとお話をさせてもらいましたが、このチームのスタッフはほかのチームよりも良い人間が多い、とのことでした

みんな笑顔で挨拶できる

それが当たり前なんだけれど、それを当たり前のように実践しているところが素晴らしいとおもいます

その方もここでの仕事の話があったときに、ほかチームのヘッドに相談をしたら、そこのチームと縁があるならやるべきだ、といわれたそうです。そういうところに配属された自分は幸運ですね。

夜はいろいろと話をして、大変参考になりました

やはりいろいろなものをみて、感じ、吸収し、自分なりの色をつけて、人間的に成長する、というのが大切なのだということを再認識しました

20年後に20歳ほど年の離れた若い世代とこうやって分け隔てなく話をすることができる、そんな人間でいたいです

あ、試合の方は後半もりあげたんですが、負けちゃいました

どうやら僕はこのチームのLucky charmではないようです 笑

3日目

スタッフの人に送ってもらっている途中、お互い軽く自己紹介

すると、、、

自分の友人のGAだった人でした 

うーん、狭い世界だ。。。

今日はスケジュールの中で唯一試合のない日で、Inter-squadゲームということで軽めな日

練習をぼーっとみて、TRもどって細々としたことをして、ちょこちょこっとしたことを習ってきました

アリゾナ、陽射しは素敵ですが朝晩はかなり寒いです

半そで短パンだったので凍えてました
でも顔はしっかりパンダやけ

スタッフの人としゃべっていたらほかにも共通の知人がいたり、とやはりこの世界は狭いなぁ、と実感をしたわけでした

マイナーリーグの方に青森山田校に入学する新1年生4人がこのキャンプの間参加しているようです

そういった話は昨日こちらについたときに聞いていたのですが、本人たちに会うことができました。

こういうことをやっている学校があるんですね

今日は移動日
ということで2時間30分ほどかけてTousonにきました

到着したころにはすでに試合が始まっていたので、残っていたヘッドトレーナーと挨拶

ものすごく気さくな感じの人で一安心

軽く施設を案内してくれて、その後スタッフたちを紹介してくれました

あれだけいっぺんに紹介されてもおぼえられませーん

とはいえ、みなさん良い笑顔で迎えてくれました

昨日の日記にも書きましたが、彼はBluejaysのヘッドと職場を共にした友人

自分がここにきまったとき報告をしたときにわざわざ電話をして、自分のことを伝えさらにはレジュメまで送って会話をしたそうです。

「だから君のことは何でも知っているよ」っていわれました

あはは。。。

活動らしい活動は明日から

日本人のATは今までいたことがないということは聞いていたけれど、日本人のスタッフの方々はいらしたので、そういったかたがたとも良い時間がすごせたらな、とおもいます

無事アリゾナの方に到着しました

早くついたので、今回ともに参加しているNCのH君と落ち合い食事をして集合場所に

かなりサプライズな出来事がおこりましたが、アメリカから参加する6名は合流し、ホテルの方へ。

やはりアメリカからの参加者はどこかでたいていつながっているもので、ずっと話し続けていて気がします。

その後、マリナーズの施設でウェルカムパーティーということでスタッフ関係者の人とおはなし

皆さんものすごく気さくな感じで素敵な人たちでした

こういう機会があるのは嬉しいですね

夜はみんなで遅くまで楽しみましたが、明日からはおのおのの場所で別々に活動をして、2週間後の最終日に再会、というかたちになるようです。試合があれば顔をみることはできるのかな?

明日はロッキーズの施設に向かい、ヘッドトレーナーやその他スタッフと会う予定です。

ここのヘッドトレーナーは、Bowl gameでフロリダに行った際に話す機会があったBluejaysのヘッドと共にマイナー時代に働いていた人でBest Friendなんだ、といっていたので会うのが楽しみです

ちなみにアリゾナ、もっと暖かいと思っていたら結構肌寒いです

最後の最後にまで。

長かったBowlgame遠征からもどってまいりました。

ようやくFayettevilleについて家に戻ろうとおもったらまたひと悶着。最後の最後まで退屈させてくれません。

もともとの原因は常にUnfairだったところなんですが、こういう結果をもたらしたのは常日頃から小さなことを無視し続けたツケということでしょう

自分は最後の最後だし、新年早々ケチをつけたくもないし、おつむの足りない人達のことでイライラして、自分のレベルを下げるのもいやだったので、何も考えずやるべきことを済まして帰宅

疲れもあったので昼寝をしてからご飯をクラスメートと食べる約束をしていたのですが、神経が高ぶっていたのか疲れすぎていたのかわかりませんが寝付けなかったので洗濯をしてから仲の良いクラスメートとひさしぶりの再会

1週間以上あわなかったのって去年の帰国のときだけではないだろうか???

やっぱり気心の知れた友達とあえるのはほっとします

少しはやめの夕食をとった後は男子バスケの観戦

チームとしてあまり機能していない感じで正直今年は厳しそうです。最後まで見ることなく途中退席。

家に戻ってからはフットボールを見たり、コンベンションでの滞在先を探したりしていたらあっというまにすぎていきました。

久しぶりの一人生活、満喫したいと思います

こんにちは、2007

お正月は日本人ですからゆっくりしたいと思うのが本音ですが、郷に入れば郷に従え、ということで本日はCapital One Bowlでウィスコンシンと対戦のため朝からばたばたしておりました。
もうこうなるとお正月とかって関係ないですね。寂しいけど。

試合のほうはなんだかなぁ、、、という感じでシーズン途中に予想した通り最後の大事な3戦をすべてを落とすという幕切れでした。

せっかくお正月から仕事しているんだから良い思いをさせてくれ、とおもったけれどまぁあれじゃぁ無理だし、このチームが最後の3戦の厳しい戦いで勝ちを収めるようなことがあったらフットボール界に失礼なので負けてよかったのだろう、と思います。

新年早々けちがついた、とおもうのではなく、思うような結果ではなかったので、きっと今年は上り坂になるとおもっておくことにします

これでながかったフットボールシーズン・実習も終わり

自分も含めた学生が誰一人「終わっちゃって寂しい」というのではなく「せいせいするわ(選手ではなくスタッフに対しての気持ち)」と言っていたのが印象的で、この現場の状況を物語っていると思いました。

自分がACIなら試合が終わってバスに乗る前に学生集めて一言「ありがとう」くらいいうけど、そんなことをするっていう概念すらないんでしょう。

ということであまり良いスタートではなかったですが、きっと上りざかな2007年。

本年もよろしくお願いいたします

青い鳥

練習をサボって許可をもらって休ませてもらい、朝の5時30分に起きて2時間ほどドライブしてフロリダのタンパ、からちょっといったところの街まで青い鳥を捕まえに行ってきました
IMG_9305.jpg
その青い鳥はこちら、MLBのTronto Bluejays。

ひょんなことからここのヘッドトレーナーとメールを交換することになり、Bowl gameでフロリダに来ているなら会って話をしましょう、ということでずうずうしくお邪魔してきました。

最初は午後に会う約束だったのだけれど、午前中にしか時間が取れないということで、練習を休ませてもらったわけです。ちなみにレンタカーも出払っている状況の中運良く1台借りられての実現だったのでとても楽しみにしていきました。
時間よりもかなり早くついたはいいものの、入り口はすべて鍵がかかっていて、グランドキーパーに聞いても鍵を持っていないということで待ちぼうけ。電話してもでないのでさらに待ちぼうけ。結局30分くらい外で待っていたら迎えに来てくれました。

もうこの人すごくいい人、というのが最初から伝わってきて、まずは施設案内。そのあとはインターン、フルタイムポジションに関する簡単なインタビューのようなことに。これにはすこしびっくりしたところもあるけれど、思うことを話しておきました。

すると一人の選手がリハビリで入ってきたので席をはずすことになるといわれたのでお願いしてリハを見させてもらいました。知っていることや、やっていることももちろんあったけれど、はじめてみることや、似ているけれど違うやり方などももりこまれていて見ているだけで参考になり、終わった後に質問をさせてもらったらそれにも快く答えてくれました。

ちなみにこのリハで入ってきた選手、自分はぜんぜん知らなかったのですがサイヤング賞もとったHolladay選手だったようです。知らないって怖いわぁ。

その後またしばらく話しをしていたら、いきなり肩のEvalをやってみて、というようなことをさせられましたが、それに対するフィードバックやTipのようなことを教えてくれたりとそれはそれは大満足で楽しかった1時間30分でした。

最後に「これだけは伝えておかないといけないと思うし、知っておいてほしい」ということで

「Bowl game weekで忙しいときに時間を作るために練習を休む許可をもらい、レンタカーを借りて会いに来てくれたということをすごく評価している。多くの学生が自分に会いたいといってくるけれど、予定を実際に立てるとなると『今週は忙しい』とかいってきて結局あわないでおわる。でも本当にその仕事がほしいのなら何があってもやらなければいけないということがあるんだよ」

前述のように当初は午後に、という予定だったのですが、午前中しか会えないという連絡をもらったとき、正直「無理かも」とは思いました。彼もメールに「あえないなら無理する必要ないから、電話で話せばいいし」と数回やり取りしたメールの中で2回ほど言ってきていました。

これには少しひっかかるものがありました。もちろん会えるのであれば会いたいとはすごく思っていたので自分は練習なんかよりもよっぽど大事、ということで許可をもらいにいったのですが、同時に「これは嫌がられているのかな?だったらあっさりとじゃあまたの機会に、っていったほうがいいのかな」とはおもいましたが、今思うと試されてもいたのかな、とも思います。

でも連絡を取り続けてくれた彼にも感謝ですし、練習を休ませてくれたことにも感謝です。

本当に中身の濃い1時間30分でした。

自分はまだCertifiedではないので、結局は4月に受ける試験しだいですが、もしも自分が今の時点でCertifiedであったのなら、何かしらにつながる可能性は高いかな、と思えるだけの感触はありました。

でもまだ学生なので即座にインターンや仕事につながるということはありませんが、これがなにかしらのきっかけになるといいな、とはおもいます。

ちなみにキネシオで行く可能性のあるロイヤルズ、ロッキーズのヘッドとは仲良しだそうです。

去り際に「Make sure you tell me where you are going to be]といってくれたことも嬉しかったです

そんな満足した後の帰り道には落とし穴がまっているもんで、行きは2時間かからなかった道のりも帰りは大渋滞で4時間かかって帰りました。

これはさすがに疲れたので4時ごろホテルに戻って後は昼寝してぐうたらしてすごしましたとさ。

人さえ少なければねぇ、、、

本日軽い練習の後はディズニーのパークのうちのひとつであるMGMへ。

と、そのまえに明日自分はちょいと出かけるために、レンタカーを借りるべくコンシェルジェに相談。クリスマスからお正月にかけてはさすがに観光地でどこも忙しいようで、なかなか空きの車がない。そんななかようやく一台見つけていってみると、そこのおっちゃんが

「この時期に予約なしで借りられたのはここ10年で君が最初だよ」

なんていわれてちょっとご機嫌。

MGMでは最初拘束されてクリスマスイルミネーションのショーを観賞。なんでもそれを考案したのがアーカンソー出身のお金持ちさんだそうな、つまりうちの大お得意のスポンサー。もともとは子供のために1億個のライトを使ってイルミネーションをつくったのをディズニーが聞きつけて権利を買ったとかなんとか。

それを見せられたのだけれどまだ回りが明るかったのでかなりしょぼかった。名誉のために言っておきますが周りが暗くなったときに見たのは大分素敵でした。写真はこちら。
IMG_9297.jpg


やっぱりここも非常に混んでいたので自分は別行動で一人パーク内を散策した後早々に切り上げてホテルに帰りました。帰りのバスの場所がわからんくて、ステージ裏にこっそりいってしまったことは内緒です。

自分のやることはたいてい変な方向に転がっていく

今日から練習は午前中に移行。午後にアトラクションが入るんですね。というわけで早起き生活の始まりです。

今日は天気予報を裏切って雲ひとつない空
でも風は冷たかったです、フロリダなのに、、、

今日は練習ほったらかしで、リハビリに専念してみました
本日のテーマは「走り」

ってことで15分軽く走らせ(自分も併走)てから、4x100yrd、4x80yrd、4x60yrd、4x40yrdをさせました。スプリントは自分はもちろんしません、っていうかむりです、でもひとにはやらせます 笑

リハビリやっているときが一番楽しいわ、と再確認です

わずらわしい人と関わらなくていいのが一番の理由ではないかと自分でも思いますが。

練習後は世界中で愛されているねずみの国へ。
でもあまりの人の多さにあきあきしたので数時間でかえってきました。結局乗ったアトラクションはパイレーツオブカリビアン、というか「カリブの海賊」。

これがおなじものだってつながるのに時間がかかったことは内緒です。

あれって、映画が出来てジョニーデップ似の人形を置き換えただけで後は何にも変わってないんですね。

7時ごろにはホテルに戻りおなかも減ったので、一人ぶらりととローリーに乗って昨日のモールにでもいってご飯を食べよう、とおもい、同じ場所からトローリーにのったのになぜか反対方向へ、、、

反対方面の終点にもモールがあるので、まいいか、と思い乗り続けましたがこれがかなりの遠出と渋滞にはまることに。

なんでこーなるんだろーと自分のことながら、それでもやっぱり自分だからこういうことになるんだな、と思う今日この頃。

今頃Fayettevilleは晴れているんだろうな

練習は2時からなのになんでだろー、10時に出発するのは、5分でつくところなのに、、、

いくらセットアップがあるといっても30分で終わるので1時間30分ほど雨の中待機です。うーん、いみがわからないぃぃぃぃ

せっかくフロリダに来たって言うのに天気予報では8日間雨だそうです。しかも寒い。フロリダだから暖かいだろうと思ってショーツで行ったのが間違いでした。練習中ぶるぶるぶるぶる。

練習は5時過ぎに終わって、一度ホテルに帰ってきてからはとローリーに乗ってアウトレットモールへ。

とはいっても何も必要なものはないので適当に見て終わってさっさときりあげ、部屋でビールの見ながらぼーーーーーっとする、というなんともな一日を過ごしてみました。

ま、いいでしょ、こんなのも。

夢ははかなく

IMG_9215_Small.jpg
 思い出の地(コンベンション)

決戦は夜から、ということで日中は比較的のんびりとすごして、午後からAtlanta Falconsの本拠地でもあるドームに先乗り

試合のための準備をしてまいりました
IMG_9205_Small.jpg

会場。コンベンションのあった場所から目と鼻の先。でもコンベンションのときには気づきませんでした。。。

ドームは寒くないのがいいけれど、やっぱり外のほうが自分は好きですね

試合のほうは残念ながら負けてしまったけれど、選手はよくがんばったと思います

しかしChampionshipsなのにフロリダファンが4分の3を占めていたのは納得がいかない。なにやってんだアーカンソーファン!!!

試合中自分の役割は審判への水遣り、ってことでフィールド駆け回っていました。自分もラクロスの審判をしていたことがあるので少しの時間でも話しかけてコミュニケーションとったりしておりました。なかなかおもしろいものです。

学校史上初のSEC制覇、BCS Bowl (sugar)はなくなってしまい、試合後の雰囲気は最悪。でもしょうがないっす。やっぱりミスをしていてはチャンピオンになれないというよい教訓だと思います。

でも選手たちには顔を上げてほしい

君たちはよくがんばりました

IMG_9204_Small.jpg IMG_9201_Small.jpg

予定通りにはいきません

朝はさらに冷え込みが進み道路はかちかち
車もかちかち
ドア開かず

熱湯かけてどうにか出発

でも飛行機が飛ばないから出発が2時間押し
そんなのわかっているならもっと早くに連絡しろっつーの
ちなみに2時間後の再集合のときもあと1時間待つ、ってことで再度延期

ここらへんがうちのATルームの力量だなぁ、とおもう一面でも大いにありました

フライトが大いに遅れたのでアトランタについてからは軽い練習をして終了

明日に備えるわけですが自分は部屋で2時くらいまで課題を済ます日となりました

レギュラーシーズン最終戦 対LSU戦

結果から言うと負けてしまいました

5点差

危惧していたとおりディフェンスがひどかった。。。

練習のときから気が入っていない感じがしていて、コーチはそれを引き戻そうと必死にキレまくっていた檄を飛ばしていたのですが肝心の選手にはそれが届かなかったようです

この試合に負けてもSEC Westチャンピオンであることにはかわりはなく、12月2日にフロリダ大学とチャンピオンシップを戦うことになっています

それが悪い影響を与えてしまったのでしょうか

こういうのは本当に残念です

スカウティングをばっちりしていて、相手の手の内が読めているのに自分たちのミスで逃してしまった勝利

ポジティブに考えればこの敗戦によって気を引き締めて、フロリダ戦にのぞんでくれれば、とおもいます

レギュラーシーズンは10勝2敗、SEC West優勝
これからポストシーズンということで12月2日にフロリダ大学とアトランタにてチャンピオンシップ

そしてその結果しだいで年末、もしくは年始に行われるBowl gameが決定となります

対South Carolina

長い長い待ち時間も課題をやっていたらあっというまにスタッフ出発の時間

会場の準備は30分くらいでおわって1時間30分ほど暇になるいつものパターン

選手が到着してからの2時間はあっという間なんですが、フットボールって言うのはDead timeがすごいあるもんです、はい

試合はESPNの放送にあわせて午後7時45分から

さむいっちゅーねん

ということですごい厚着

アンダーアーマー2枚(長袖)
長袖Tシャツ
トレーナー
ウィンドブレーカー
ネックウォーマー
ニットキャップ
ロングソックス
ズボン2枚重ね

と万全の体制で臨んだらまったく問題なかったです
やっぱりSouth Caroのほうが少し暖かいのかな、とおもいました

試合のほうは前半余裕のリードを保っていたら後半は押されっぱなし
1TDで逆転される展開になったのでもうベンチはお通夜ムード
けが人も多く出たし

もー負けの雰囲気ありありでした

でも最後に向こうが大きなミスをしてくれてそのおかげで勝利

ついてます

そんなわけで来週はテネシー戦、どうなるかね、これ。

試合が終わったのがMidnight

それから荷物つめて飛行機に乗ってアパートに帰ってきたのは午前3時30分

でもあしたも練習だってさあー

@ South Carolina

朝9時少し前に集合してバスに乗り込み、空港へ
そして飛行機に乗ったらあっというまにSouth Carolina入り

飛行機の中では「涙そうそう」を読んでいました

もうやばかった、、、

あれ一人で部屋で読んでたら声出して泣いちゃいます

飛行機の中で隣にも人がいるからもうこらえてこらえて、、、

何度も鼻をつまんで涙が出ないようにこらえました

感動しきったあとは健やかに就寝、気付いたら到着していました

そのあとはスタジアムでWalk through
でも自分たちは何もすること無いのでボーっとしているという感じ

毎度言っていますが遠征のときはかなり暇です

ホテルに4時ごろ到着してあとは明日の午後3時まで自由の身
ほぼ24時間フリーなわけです

遊びに行けるような場所があるならいいですが、大抵そういうわけには行かないような場所にとまっているわけで足が無いから軟禁状態となるんです

今回自分は数年越しの願いをようやくかない、とある方とようやく、ようやく対面を果たしました

その後は結局計6人で飲んでホテルに戻ってきたのは夜の2時

やっぱり日本人同士の飲みっていいなぁ、とおもいました

久しぶりに飲みました

いよいよNCAA Championshipsが迫ってきました
明日から参加選手が練習をはじめ、明後日からはいよいよ本番です
早速明日から拘束時間の長い日々が始まりますが、どうにかごまかしながらやっていこうとおもいます

ということで今日は競技場のセットアップして終了
数人練習していたようだけれどある選手のリハビリをしている間に練習は軽めだったため切り上げていたようです

夜は1つ上の学年の友達と久しぶりに飲みに行きました
ちょっと頭痛がしていたのでアマリの見ませんでしたが、久しぶりに彼と飲むお酒は楽しかったです

あ、そうそう今日危うく交通事故に巻き込まれるところでした。(自分に日は全くない)ぶつけられた人はかわいそうでしたが、とにかく安全運転を心がけましょう。

 | HOME |  »

Calendar

09 « 2017/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。