HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜散る?

トレーニングルームで少し時間ができたときに、同じプログラムにアプライしている女の子が話しかけてきた。

「プログラムに入れることになった?書類とか届いた?」

「まだだけど、ディレクターからOKは正式にでてもう少しで書類が届くらしい。そっちはどうだったの?」

「わたしは補欠合格の1番手らしい。だから誰かが辞退してくれるのを待っているの」

とのこと。ちなみにU of Aからアプライしたのは彼女ともう一人男の子らしいが、その男の子は本人はやる気がないのに親が無理やりアプライさせた、って言うだけなのにプログラムに受かったらしい。しかも実習もしていないのに。

この子は、大学に入ったときからこれをやりたかったらしい。そして他のところにはアプライすらしていないらしい。なんでももうじき結婚するからここを離れられないとか。(本当に結婚するのかどうかは知らない。学生時代に「婚約者がいるの」なんていう奴らは五万といて、たいてい最後まで続かないから)

受け入れ基準がどうなっているのかよくわからないけれど、内部生を受け入れてもいいんじゃーないの?っておもうところもある。まぁ、彼女も都合のいいところしか話していないのかもしれないけれど。

夜から久しぶりに雨。さすがに雨が降ると少し寒い。あ、そういえばテストもあったぞ、今日。結果は・・・

あっというまに3月も今日で終わり。あとこれを3回繰り返したら2006年になってしまう。あ、その前にもうひとつ年をとるのね。はやいわぁ。。。
スポンサーサイト

水曜日は休養日

最近夜眠れません。2日続けて2時過ぎになってやっと就寝。時差ぼけ???

こちらは大分暖かくなってきました。今日は一日中Tシャツ、ショーツで過ごせた一日。晴れ渡った空は気持ちいですね

午後からトレーニングルームに顔を出したけれど、今日は練習がないのでゆっくりした一日。とりあえずトレーニングルームのどこに何があって、器具の説明をうけてしばらく滞在した後帰宅。まだスプリングトレーニングが始まったばかりだからこんなものかな。

帰ってきてからまた気づかぬ間にざこね。
こういうことしているから夜に眠れなくなっちゃうだよなぁ。

CIMG0003s.jpg

おどかすなっての

授業の間にフットボール手伝ってきました。
ほんの1時間30分くらいしかいなかったんだけど、自分の担当はテーピング。(その日によってトリートメント、グランド等の水セットアップ、テーピングなど役割が分担されている)

自分は授業があり、フィールドにはいけないのでテーピング担当になったのだけれど、今日TRに残っていてテープを巻けるのが、自分を含めてフットボール担当GA2人と本当はテニス担当の2年生が助っ人で1人の計4人。昨日はアシスタントトレーナーもいたんだけど、今日はどこかに行っていた。

Undergrad,でオブサベーションしている子が4人くらいいるのだけれど、彼女たちはテープを巻いてはいけないらしい。詳しい事情はよく知りません。まだ2日目だし。

何が言いたいって忙しい。GAの2人はほかにもやること山積みだから途中途中でいなくなり、ステーションに自分だけっていう状況もあったり。そしてTR暑すぎ。汗かきまくってテープ巻いていました。ただでさえ汗っかきなのに、まわりを暑苦しいので取り囲まれたらさらに汗かくっての。

いったい小1時間で何人足やら手首やら巻いたんだろう。そして自分がスプリングフットボール手伝うっていっていなかったら、これ相当大変だったと思うんですけど。まぁ、自分にとっては大歓迎の状況ですけどね。

選手を送り出した後、ディレクターが普段はTRになんか顔出さないのに登場。アシスタントトレーナーとこしょこしょ話をした後

「ちょっといいか」

なんていって別室に連れて行かれる。

「おいおい、ここまできて大どんでん返しか。いやいやまさか」

なんて思って連れて行かれると
「正式にプログラムに入ることになったから、近々letter of acceptanceが届く」

って超真顔。

そんな風にやられたらあせるっての。

すったもんだの末、AR残留。
今後はどうなるのでしょうか。
自分のことながら見ものです。

スプリングフットボール

スプリングブレイクが終了し、学校が再開。とはいっても自分は月曜日に授業がないので気楽なものです。

昨夜はなぜか寝付けなかったのですが、朝はバイトに行かなければなので8時少し前に起きたのですが、天気がものすごくよかったので思わず走りに行っちゃいました。途中からウォーキングにかわっていたことはここだけの話。

そしてお決まりのディレクターのところへ。
しかしあいかわらず行ってから今日はいい、という返事。ということで行ってきました。スプリングフットボール。

前々からてつだわさせてほしい、とお願いしていてそれが今日から開始。

久しぶりに現場です。トレーニングルームの勝手がわからないのでもう少し時間が必要ですが、それでも最低限のことはできたかな、という感じです。ただテーピングは久しぶりだったのでひどかった。。。反省です。

選手たちも気さくに話しかけてくれて、やりやすかった感じ。UnderでPre-requisitesとして実習している子達も数名いました。スプリングフットボールに振り分けられている院の学生は実質1名であとはGAでカバーされている状況なので手助けは大助かり、とのこと。足を引っ張らないようにがんばらないと。

やっと。
やっと。
スタートです。

ちなみに明日正式に来年度のプログラムに入る人を選別するミーティングが行われるそうですが、それで入らなかったらそれこそねるとんばりの大どんでん返しだ。

Happy Easter

今日も長い長い眠りについて腫れた顔のまま、イースターのお食事に招待いただきました。

日本語をチューターしているお宅にお邪魔したのですが、一体何家族集まっていたのでしょう、ものすごい人。そしてちびっ子軍団。

ちびっ子軍団は大人の会話など全く関係なく走り回っておりました。

イースターといえば卵の中に入っているお菓子が子供のお楽しみ。それを数十個用意して家のいたるところに大人が隠す。隠すといっても明らかにわかるところにばら撒くわけですが。

子供たちはその間ほかの部屋で待機です。
そして合図といっせいにバスケットを持った子供たちがダッシュ!卵の数を競い合うわけです。

中にはちびっこすぎてあまり数が取れない子もいるのですが、そこらへんはお姉さんが分け与えて、小さい子でもたくさん卵を手に入れていました。ほほえましい光景です。

しかし子育てって大変だ。

そしてスプリングブレイクも終了。セメスターもあと一ヶ月と半分です。

この部屋には眠りの神がいる

カリフォルニアから帰ってきた途端におきれなくなっています。
あちらではどんなに夜遅くても8時とか9時とかにおきていたのに、(一日だけ10時過ぎまで寝ていましたが)今朝起きたら10時30分。びっくり。

ご飯を食べたら再び睡魔に襲われ昼寝。おきたら午後2時30分。

そして現在午後8時30分。すでに眠い。

なんなんでしょ。

もういいかな

カリフォルニアから田舎に戻ってきました。この1週間は楽しかったです。本当に。そして違う環境で留学している日本人の生活を目の当たりにできたのは大きかったです。

そして、歩いて食べるところがあったり、ほんの20分ほど車を走らせれば買い物するエリアや、こじゃれたレストラン、本屋さん、コーヒー屋さんがあるというのは本当にうらやましかった。この地にそれらが登場するのはいつのことでしょう。まぁ家賃はだいぶ安いので大助かりですが。

さて、表題の件ですが、しばらく前(3月11日)の日記で「人生変わってしまうような嫌なことが耳に」と書いたのですが、その結論が出たのでここでご報告をさせていただきます。


もともと、その11日に自分に伝えられたのは

「大学側がATプログラムを予算の関係でシャットダウンしようとしている」

ということでした。

これは本当に青天の霹靂。ディレクター自身もその前日にその話をされたそうです。

すでにプログラムに入っている生徒は卒業するまで面倒が見られる、ということは確約されているのですが、問題であったのは自分の立場。

自分は今現在大学院の授業を取っているけれど、去年の夏の時点では履修していなければいけない授業(pre-requisites)を終わらせていなかったために、この夏からプログラムに入れる、という前提でここにいたわけです。(プログラムは夏のみの入学)それらの授業は秋学期に終了したわけですが、正式にはプログラム生ではない、という非常に微妙な立場にいたわけです。

しかし、新規生を受け入れなくなるとなると自分はこの大学にとどまっている理由はなくなるというわけです。なぜならアメリカでのトレーナー資格(athletic trainer)をとるためにはNATAに認可されている学校を卒業していなければならないから。

プログラム自体がなくなってしまうのであれば、自分はここにとどまっている理由はないわけです。

ディレクターは、自分のその立場を理解してくれた上で「誰にもまだ言わないでほしい」という前置きの元、自分に正直に話をしてくれました。

その場ですぐに自分の頭に浮かんだのは「ほかの学校を探す」ということ。しかしここでも問題があり、このATプログラム(Entry-level master)はどこも夏(6月下旬)から始まるのでその出願期限は3月1日まで。ということはその話が持ち上がった時点で出願期限は過ぎ去っている、ということでした。

するとここのプログラムがなくなってしまった場合自分は手詰まりです。来年度ほかの学校に出願するために、日本に帰り1年すごさなければならない、という可能性がいきなり目の前に突きつけられたのが2週間前の3月11日でした。その話を聞いた時はさすがにふさぎこんでしまいました。

それなりにタフでポジティブなつもりなのですが、さすがに日本に帰って1年間次の出願期間まで待たなければならないかもしれない可能性がぬぐいきれない、というのと、「ここでの時間はいったいなんだったんだろう?」「こんなつもりでここにきたわけではないのに」といった思いが頭の中を駆け巡っていました。

その後も何の進展もないまま、また何の連絡もないまま時間だけが過ぎ去りました。

本来その話が出た1週間後の18日には結論が出る、ということだったのですが、18日をすぎても何の連絡もなく、途中メールで問いただしても返事もなく、という状態で自分の中では不信感もでてきていました。ほかの学校が受け入れてくれるのであれば、そこには喜んでいく心構えもできていました。

そして今日、ようやくディレクターから連絡がありました。
結論は「ATプログラム存続」。

もっと喜ぶべきなのかもしれません。
しかし2週間は長すぎました。今は力が抜けている状態です。複雑な心境です。それでもいつかは、これでよかったんだ、と思えるようにしなければいけないと思っています。そしてこういう結果になった、ということは「ここでがんばれ」という思し召しだったのだと思って。

不確定な事例であったために、2週間前はああいう形で書くにとどまっていたのですが、それがゆえにご心配をおかけしてしまった点に関しては申し訳ありませんでした。

そして、そのような中でも励ましてくださった方、そしてともに時間を過ごし楽しい時間を分け与えてくれて、このことを一瞬でも頭から離してくれた友人、知人には感謝してもしきれません。ありがとうございました。

再会

本日はカリフォルニアに来て以来一度も雨が降らなかった一日。気持ちいい~。

先日献血を行ったために気分が悪くなった友人と再会。
あいかわらずよく喋る、喋らなかったら呼吸できないんじゃないかってくらいよく喋る。そんなのあんた、さんまくらいですよ。

彼女の出身校であるスタンフォード界隈を案内してくれました。こちらは大学の周りに小奇麗な地域があり、コーヒー屋だったり、レストランだったりがあるんですねぇ。うらやましい。

彼女はこの1年、さまざまな困難があったようですが、それでも前向きに明るく話しをしてくれる姿勢に脱帽。

そして1年ぶりくらいなのにその時間がなかったかのようにすごせたのはうれしい。

そしてお互いに「ラクロスで人生変わっているよねぇ。そのおかげでとてもいい出会いがあった」と納得しきり。

やっててよかった。

やっと晴れたよ

やはり晴れるときもちいい。

さくじつ、試合の後に会う予定だった友人は生まれて初めて献血をしたら気分が悪くなってしまったために、本日会う予定だったのだけれど、実は彼女の都合が悪いということがわかりさらに延期。

ということで日本のものを豊富に取り揃えている地域へ繰り出してみました。だってアーカンソーにはないですから。

まずは日本のものを扱っているスーパーへ。
ここ、日本です。何でもあります。
日本酒、御菓子、調味料、などなどなどなど。
これだけあったら日本食がつくれない、食生活が合わないからかえる、なんていいわけはできません。

そして向かいには紀伊国屋。
見事にさまざまな日本語の書籍がある。店員さんももちろん日本人。

おもわず漫画大好きな自分はスラムダンク全巻、もしくはタッチ全巻買ってしまいそうな勢いでした。ここに住んでいたら確実にやっています、はい。

居候させてもらっている家の妹さんのほうはあだち充作の「ラフ」をしらない、というので1冊だけ購入してプレゼント。1冊だけといっても単行本ではなく、安く多くのページを収録しているお得な感じで日本ではコンビニで売っているような紙の表紙のやつです。久しぶりに読んだけれどあだち充作品はやはりいい。

このあたりに住んでいたらものすごく便利で日本と同じような生活ができること請け合い。でも家賃が高いからなぁ・・・

ちなみに、カルピスは英語圏じゃ受けいれられない、という話を大学時代に先生から聞きました。なぜなら英語風に「Calpis」と
いうとそれは「かうぴす」(cow piss、つまり牛の小便)と聞こえてしまうからというのがその理由。

でもね、この日本食品を扱うマーケットで見つけたんです。
でもよく見ると商品名が違う。
なんとCalpico。
ピコって何???
そしてあの先生が言っていたことは本当なんだ!
CIMG0024s.jpg

ちなみに○カリスウェットも「スウェット」=「汗」なので、汗を飲んでいるように思えてしまうからだめ、といっていました

雨でもラクロスはやるんです、こちらの場合

朝から降りしきる雨、でも昨日確認の電話をしたら
"No matter what happens, we play the game"
「何があろうとげーむはやるよ」

なんていわれたもんだから、だるいなぁはりきって車に乗ってまずはUniversity of San Fransiscoまでピックアップにむかう。この大学は街の中にあるような感じ、小さい、っていっていました。でもまわりにはアジア料理店などいろいろあって、うらやましい限りです。

その後、St.Mary'sにむかおうとナビの設定(レンタカーで借りてみた。だってNo Planできていますから)をすると、その大学が出てこない。でてきた!と思ったら1000マイル以上離れている、場所はモントリオール。カナダじゃん!とつっこんだことは言うまでもありません。

でもカリフォルニアにあるのはわかりきっているので、住所を調べてきてもらい、あえなく発見。

道中大雨、こんなんで試合はしてくれても観戦できるのか?というかしたいのか?俺たち、という疑問を跳ね除けキャンパス到着。

フィールドの場所を警備員にきくと

「今日は女子ラクロスの試合なんてないよ、彼らは遠征行っているから。」

というありえない返事。信じることなくキャンパス内を散策。
このキャンパスは山の中にあるような感じで、緑が多くとてもきれい。キャンパスの周りには何もないけれど、車を20分ほど走らせればWalnut creekというショッピングゾーンというか小奇麗に整備された一画もあり、小1時間ほどでサンフランシスコのダウンタウンにもいけるし、いい場所です。

試合のほうは15-11で勝利!めでたいめでたい。
女子ラクロスは30分ハーフで交代も自由に指定医のですが、全くといっていいほど交代しない。なぜ?とたずねたら主力3人がシーズンを棒に振る怪我(ACL2人、半月板1人)をしているため、だそうです。だから前半にがむしゃらにせめて、相手のやる気をなくさせて後半は逃げ切る、というのが作戦だったらしい。
ちなみに前半は9-4.

女子ラクロスを久しぶりにフルで見たけど、面白かった。グランドコンディションは大雨でものすごく悪いのにそこらへんの男子チームよりもパスが回っていた。あんなラクロスが日本でも見られたら楽しいのに。

ちなみに一番チームで活躍していた子はまだ1年生ということを知る。びっくり。彼女はワシントン出身だけど、その地方には彼女よりもずーーーーーっとうまい子がごろごろいるそうです。おそろしや、おそろしや。

ちなみに去年の国際親善で来日した子はこのチームに4人もいました。顔はもちろん覚えていたけれど名前は全く出てきません。思いっきり向こうは笑顔で名前を呼んでくれていたので、こちらも極上の笑顔でハグをし、ごまかし久しぶりの再会を喜び合いましたとさ。

それにしても、こんなグランドで練習、試合ができるのっていいなぁ。
CIMG0015s.jpgCIMG0021s.jpg

Lacrosse Makes Friends

本日より、居候させていただいている家の姉妹は週末をおえ、学校。ということで一人で時間をつぶすことに。

カリフォルニアにはこの前行ったし、明日もラクロスを見るついでにいくので、本日は大学めぐり。といってもふたつしかいっていないけど。

ひとつは家から歩いて数分のところにあるSan Jose State University。ダウンタウンの真ん中、という好立地。キャンパスは「ものすごくひろい!」というのではないけれど、きれいに区画されている印象。あすなろ白書、とかの時代に「あぁ、大学ってこういう所何だぁ」と思うような小奇麗な感じでした。授業の間移動しやすそう。

CIMG0001s.jpg


そのあとは、近場のアウトレットモールへ。こちらもものすごく大きい、というのではないけれどぐるっっと回ったらさすがに疲れた。そこでかっちゃいました。
CIMG0013s.jpg


思わず手が出る、そんな感じ。値段は棒、網ついて35ドル。ちなみになんて種類かは知りません。自分が現役の頃使っていたヘッドはすでに廃盤ですから・・・(この棒(クロス)のさきっちょにあるプラスチックの部分を「ヘッド」とよんでいていくつもの種類があるんです。)

その後はStanfordへ。
こちらはでかい。そしてどこか厳かな雰囲気。キャンパス歩いているだけで頭がよくなる錯覚を与えられ、そんな自分の頭の悪さに気づいたそんな午後。そりゃ雨にも降られてぬれるわ。
CIMG0004s.jpg


そうこうするうちに、夜になったので帰宅。

明日はラクロスの試合を見に行くので、その友達に連絡。
まずはヘッドコーチに。
" I can't wait to see you!!"「もう我慢できない!(ふれっぐ風)」といわれたので、同じように言葉を返すと

"Also, girls are so excited to see you!"
「彼女たちも会えるのを楽しみにしているよ!」

って言われた瞬間頭の中は「?」
だって一人一緒に日本に来たのは覚えているけどgirSって。。。
複数系ですか???いかに覚えているかのごとく振舞うか真価が問われそうです。

試合には母校からサンフランシスコに交換留学している後輩をつれていくのですが、こちらも日本でラクロス部所属。

試合の後はサンフランシスコで、こちらもラクロスつながりの友人と落ち合う予定。

とめてもらっているこの家もラクロスつながり。

ラクロスって素敵。

意外におきていられるもんだ

昨晩はなぜか怖い話で盛り上がり、というか本気で怖くなり盛り下がり、延々と会話。途中腹がよじれるほどの笑い話も織り交ぜながら午前3時、日本にいる友人とSkypeを通じてこちらでお世話になっている家主とともに3人で会話。MSNもたちあげて画像を確認しつつ長話。気づいたら朝の6時でした。

布団に入るも結局8時にはおきてうだうだうだうだ。案外おきていられるものです。まぁ仕事しているわけでもないですからね。そしてうだうだしているだけでも結構時間はすぎるものでした。

夜には1年前のラクロス国際親善で知り合った友人と連絡が取れ、火曜日にラクロスの試合をともに見に行ければ、それに。それが無理なら試合後に落ち合って飲み会う約束を取り付けました。久しぶりの会話は気持ちが高ぶりえらく声も高くなっていた気がする・・・

それと同時に、自分の母校から交換留学にきているラクロッサーとも連絡を取り、予定が合うようなら一緒に試合観戦をする予定。楽しみです。はい。

坂の街

某ドーナッツ屋の宣伝でおなじみのあの街に行ってきました。

車でおよそ1時間ほど。案外近い。

ガイドブックもないままに行った割にはそれらしいことしてきました。シーフード食べたり、ケーブルカー乗ったり、とりあえず買い物エリアに行ってみたり。

帰り道、一方通行の道にはまり反対方面にしばし進んでいたことは内緒です。

CIMG0059s.jpg

雨のカリフォルニア

一日早くスプリングブレイクに自主的に突入、金曜日は授業もないことですので。

昨日は緑色のビールを飲んで帰ってきてから、知らない間にスプリングブレイク前に提出しなければならない課題があったことを知らされ、パッキングとともに適当に済まし即メールで送付。今朝起きたら何をトピックに書いたかまったくもって覚えていなかったけれどまぁいいや。

朝7時におきて出発の準備をしなければいけなかったのだけれど、ふと時計を見ると点滅する表示、ともに真っ白になる頭。。。どうも寝ている間に停電になったらしい・・・それでも予定通りの時間をすこしすぎたくらいで目を覚ませたのはとんでもない偶然。今度からは携帯もセットしておこう。

カリフォルニア(サンノゼ)についたら雨模様。どうもしばらく続くようです。いっつもこんなんだよ、おい・・・

セントパトリックの日

だそうです。よくわからないけれどとりあえず緑色の服を着て緑色のビールを飲んで酔っ払う口実になっている様子。ということで飲んできました。皆さんよっぱらい。

明日からカリフォルニアに遊びに行ってきます。
でもなんだか天気は下り坂の様子。
なんだかいっつもそんなんだな。

料理万歳

スプリングプレイクが迫ってきました。その前までに出す試験も課題も終わったのでぐうたらです。

昼過ぎはちょっと真剣な話があったのですが、やはり自分ひとりがもだえていてもしょうがないということで時の流れに身を任せることに。正式なことがわかったらきちんと書きます。

試験と課題がおわって暇をもてあましていたので、ちょっと前々から気になっていたものをつくってみました。

それは「ショートケーキ」

だってこっちで店頭になんか売っていないんだもの。
甘いものが食べたかったんです。
でもこっちのケーキ食べたら気持ち悪くなるから、「そうだつくってみよう」という安易な発想。

ふっるいアパートのふっるいオーブンなので温度具合が全くわからずピザ職人張りに耳を澄ましていましたがわからないものはわからない。プラス、メレンゲの出来が甘かったようであまりふくらまず。でも味は十分でした。

ケーキって意外に簡単でした。

いいことと悪いこと

テストが返ってきました。結果はうれしいことにAの範囲。今回のテストは20数人中1人だけCであとはみなAとBとのこと。あまりに結果がよかったので先生がピザを持ってきてみなにふるまってくれました。

悪いことは、昨日話をする予定だった人が、昨晩会う約束をしたにもかかわらず体調を崩したかなんだかで学校に来ず話が出来ずじまい。なんだかなぁ。

会いたいときにあなたはいない

年代がわかってしまうタイトルで申し訳ありませんが、そういうことです。まいったなぁ。

体を動かして疲れてソファーでうたたね。すると電話で起こされる。明日提出の課題のやり方がわからないと救急要請。寝ぼけて適当に誠心誠意答える。その後も何度か電話かかってきたけどそのたびに声が疲れていっている。お疲れお疲れ。

考えたくなかったらほかのことをしていればいいんです

昨日とうってかわって寒い一日。朝から昼にかけて課題を一つ終わらせ午後からジムへ。先週の金曜日はさすがに動けなかったのでその分の埋め合わせ。ちょっと違う種目を増やしがんばってみました。

夕飯は、これまたお世話になっている方のおうちで夕飯をご馳走になりました。こちらもお子さんがいらっしゃいまして6ヶ月の男の子。かわいいったりゃありゃしない。前回あったのは生後2ヶ月のとき。やっぱり大きくなっています。

プレゼントとして父から送付してもらったものを渡したらたいそう喜んでいただけまして、こちらもうれしい。父にはじんべえを送ってくれ、といったのですがお祭りのときのはっぴやら、手ぬぐいやら、金太郎の金隠しやらがはいっておりました。着せてみたらまだおおきすぎるけど、これまたかわいい。子供っていいなぁ。

しばらくゆっくりさせていただいて、帰るころに立ち上がったらすでに足が筋肉痛。こりゃ明日大変だ・・・

泣いたカラスはすぐ笑う

昨日のことは全く持って解決していませんが、そればかりを間が手ふさぎこんでいてもしょうがないことだし、時間は流れていくので、頭の中では対処法を考えながらも今目の前にあることも片付けていかなきゃいけません。きっと大丈夫。長い目で見たらプラスになるしプラスにする。そう思った土曜日の朝。

今日はものすごく天気がいい。半そでで全く問題ない一日でした。

夕方から以前からお世話になっているお宅へご飯をご馳走になる約束をしていたのでそれまでに、友人に頼まれていた課題の協力と、自分の課題を済ます。

頼まれていたことは、日本人について語ってほしいということでいろいろと設定が設けられカメラに向かって話す、というもの。なかなか自分の意見をまとめて、かつ日本人のことを知らない人にわかるように話すというのは難しいものです。うまく行っていればいいけど。

そして夕飯でお邪魔したおたくにはもうじき2歳のかわいい女のお子さんがいるのですが、最初はものすごく警戒されておりました。今までも何回かあっているんですけどね・・・でももう一人のお友達、これまた約2歳、少しお姉さんが登場して遊び相手が現れるとパワー爆発。たくさん遊びました。子供はやっぱりいい。

奥さんは日本の方なので、ドリフのDVDとスキージャンプペア1&2を持参。大爆笑とおなかも満足な夜を過ごしました。

今日は手伝いに行かなかったけれど、うちの大学を会場とした競技会で大記録が生まれたようです。

これもまた人生

生きている中で予想だにしない出来事というものがあるものです。

まだ決定ではないけれどできることなら起こってほしくない、というようなことが自分の耳に。

もしもそれが現実のものになったとしたら、人生変わります。

忙しいのかどうなのか

久しぶりに朝から仕事して来ました。お小遣い稼ぎです。今回は豆みたいなものをグラムごと袋に入れていきます。前回のお米のように細かい上に集中力が必要なものではなく、大雑把にできるので自分向き。絶対医者にはなれません。

午後の授業で試験があったわけですが、なんだか「できたっ!!」とははっきりいえない感じ。たぶん大丈夫なんだけどだまされやすい(そしてめちゃめちゃおっちょこちょい)の自分のことだからきっと何かやらかしています。くわばらくわばら。

夜はとってもお世話になっている友達が誕生日だったことをすっかり忘れて、家でチキンポトフを堪能していたらその彼から電話。結局総勢12名ほど集まったのだけれど別に誕生日らしいことは何もなく思い思いの時間をすごす。うーん、アメリカ人。

その中で、ゆっくり話をするのは始めての女の子(22歳?)がいたのですが「私のフィアンセがね・・・」どうこうというのだけれど、こっちの人ってものすごく簡単にフィアンセっていう言葉を出す気がするのですが。。。んでもってたいてい卒業間際になると男が逃げ出します。それって幼稚園生が「ちぇんちぇー、だいちゅき。おっきくなったらおよめさんにしてあげりゅ。」っていっているような感じで言っているようにしか思えないんですけど。案の定、こちらの知り合いの一人は卒業間際に逃げられました。男のほうも守れないならそんな約束しなけりゃいいのに。

勤めていた学校の生徒からメールが来ました。修学旅行中だそうです。卒業式で俺の送った電報読まれなかったらしい。結構いろいろ考えて送ったのに。。。軽くへこむ。。。

こんな一日の過ごし方、まるで暇人のよう

タイトルから推測されるようにものすごくリラックスした一日。仕事もないし、テストは明日あるけどどう考えても余裕だし(そうやって毎度足元すくわれるけれど、どうもこのおぢさんは学習能力が低いらしい)。

仕事もまだないようなので、少しゆっくりしてからジムへ。今週から少し種目を増やしつつ、回数も増やすことに決定。良い感じの疲労感をお供に帰宅するとちょうどお昼時。シャワーを浴び、たまった洗濯物をしにランドリーへ。洗濯機が回っている間にご飯を食べ終わり、今度は乾燥しに再びランドリー。乾燥機にかけている小1時間で知らぬ間に眠りに落ちる。ものすごく深く眠りに落ちる。よだれが垂れるくらい気持ちいい昼寝でした。

洗濯物たたんだらいい加減勉強しなきゃ、ということでキャンパスへ。といっても試験勉強ではなくて趣味としかいいようのないCSCS。復習になるしいいでしょう。

ガソリン点滅ランプがついて数日たったので、ついに観念をしてガソリンを入れるも1.99ドル/ガロン。高すぎです。

パソコン周りが思いっきり蛸足配線になっております。頼むから火事になったりいきなりおちたりしないでね。

自分にとってはいい日だったけどそうでない人ももちろんいたわけで

寒の戻りというのでしょうか、結構寒かったです今日は。

授業ではクイズから始まったのですが、ここでもまた天性のうっかり具合が発揮され代入する値をうっかり間違え(統計学)問題を間違える。何で目の前に資料があってそれを見ていいというのに、そして穴が開くほど見ているのにこんなことするのだろう。自分が不思議でしょうがない。

午後の授業は本来テストだったのだけれど、先週変更になって木曜日に。でも今日授業でやったことって新たな内容は何もなく、ジャーナルに目を通して思い思いの時間をすごしただけだったのだけれど。何のための延長だったのか良くわからない。ゆっくり出来たからよかったのだけれど。

昼の授業が終わって友達との話題。どうもディレクターの様子が昨日おかしかった。ものすごく嬉しい事があって、浮かれてていいはずなのに終日シリアス。ものすごい問題を抱えているようなようす。一体なんだったのだろう、ということでその話になったのですがどうやら今日は機嫌が良かったようです。でもきな臭いはなしも耳に。真相はどうなのかわからないけれどしばらく様子を見ることになりそう。

で、もうひとつ。卒業を控えた2年生と話をしていたら相当お冠。どうやら話を聞いていると、仕事を探していて、気に入ったところがあったからそれを同じプログラムの友達に話しをしたら、その子は何気なく聞いていて、その話を聞いた次の日そこに出願した、と。

別に早く知っていたからどうこうっていうわけじゃないけど、普通はそういう事しないよなぁ。気に入っている女の子を友達に話したら、その友達が次の日にその子とデートしていた、みたいなものでしょ。ちょっとその話をきいてこちらも嫌な気分になってしまった。

しかし自分はその子からただでピザをもらい昼食が浮いた。しかも結構おいしかった。さらに家まで送ってもらっちゃった。いぇい。

夜はソフトボールの試合を見に行ったのだけれど、寒い、寒すぎる。気温も試合も観客数も。観客なんて30人くらいですよ。これはちょっと宣伝の仕方を間違っているのでないの?選手がかわいそう。そういう我々も寒すぎるので早々に退散して食事。

今週の日曜はミズーリが体操の試合で来ます。うちのATプログラムにいる女の子はそこの体操部出身。皆で一緒に見に行くことになりました。自分が入っていたチームが現在自分の所属する大学で試合。これは楽しみだろうなぁ。

ちなみにどこぞのGAが選手とデートして首になったという話も小耳に挟みました。心当たりのある方、お気をつけください。

NATAの学生会員になりました。去年の夏ぐらいに口ずっぱく会員になるように、といわれて手続きしていたはずなのにまったく刊行物が来なかった。そして登録手続きをしているとSSNがデータベース上にある、なんて表示され、パスワードを入力しろ、と。パスワードはNATAがわで勝手に変更されていたようなのでそれを入力してもうんともすんとも言わない。いいかげんあきらめて明日電話かけよう、としていたらある時期を境にすんなりログイン。全く持って意味がわかりません。まぁ、よしとしましょう。

それから、プライベートで使用しているアドレスがホットメイルメインになると思われます。昔使っていたものなので未だ持っている人もいるとは思いますが、念のため。転送設定はしてあるので今までのに送ってもらっても読めますが、返信はホットメイルからになります。よろしくどうぞ。

うってかわって

昨日の晴天が嘘のように朝から雨。しかも結構な雨量でした。10分歩いただけで靴下が濡れ、なんともいえない感触を確かめながらバイトへ。しかしここの所やる事がないようで「仕事が出来たらメールする」といわれてしまいました。うーん、仕事させてくれないとこまるんだよなぁ。ほかの事を探そうかと考えてしまいます。

ということでコーヒー屋で勉強。ディレクターのところに午後から行くもこれも1時間くらいであっさり終了。ジムで体を動かす。ほんと、この体どうにかしないといけません。

夜ごはんで鶏肉をただ焼くだけにも飽きたので本日は甘辛く煮てみました。とはいっても何も手が込んだことはしているわけではなく、砂糖としょうゆと水だけですが。本当はお酒とかショウガとか入れると味わいが出るのでしょうがそれだけでもおいしかったです。

ニュースを見ていたらガソリンの話をしていた。最近ガソリンの値段が急騰しています。こんな田舎のアーカンソーでも1ガロン2ドルの表示のところがありました。平均1ドル97から8くらい。ここ2週間で7セントもあがっていてさらに上がる見通しだそうです。都市部はもっと高いのでしょうか?

勤めていた学校の生徒から綺麗な写真が送られてきました。こういうのってとってもありがたい。そして日本の景色は美しい。
20050308125141s.jpg

さわっやかな

日曜日です。日差しが気持ちいい。もう春かな、とおもっていたら水曜日くらいに雪が降るとか降らないとか。でもこれで最後だろうな。

昼から日本語の個人チューターしてきました。前に友達がしていたのだけれど帰国したのでその引継ぎ。ご夫婦で弁護士さん。だんなさんはアメリカ人ですが日本語ぺらぺら。この夏に家族で日本に1年ほど行く、ということで奥さんもお勉強、というわけです。

この奥さんの経歴も素敵で、LawSchoolに行ったのは40歳のとき。それまではArtistだったそうです。しかしお金にならないから、とその道を捨て弁護士へ。かっこよすぎです。

「私たちの世代はいくつになっても、子供なのよ」なんていっていましたが、なかなかできることではないですよ。じぶんもがんばろっ。

なんだか今日は妙に鼻がむずむずしてくしゃみが出ます。こんなところで花粉症?!

早起きと待ちぼうけ

朝6時30分起床。少しやる気を出して数日前からCSCSの勉強を始めました。今頃って言えば今頃だけど。まぁ、取れるものは取れるうちにとっておこうということで。

本日は朝の10時から友人の引越しを手伝い、その後野球観戦に行く予定でした。

しかし10時前になっても迎えに来ることになっていた友人から電話もこなければ迎えにも来ない。20分ほど待って電話をかけるも出ない。メッセージを残して30分待つも何の音沙汰もなし。

引っ越す方の友達とも連絡つかないし、一体どうなってんだか。

さらに何度か電話をかけても連絡なし。1時間待っても連絡なし。こりゃおかしいと思った頃に引っ越す洋の友達から連絡。
むこうも、もう一人と連絡が取れなくて困った様子。とりあえず俺だけでもいくことに。奴がでっかいトラックを持っているからマットレスを取りに行くのに必要だったんです。

そんなこんななやり取りをしていたらついに奴と連絡が取れました。昨晩酔っ払って寝過ごしていたらしい。ほんとどうしようもねぇ。。。結局たどり着いたのは1時過ぎ。野球もとっくに始まっております。

運ぶものさっさと運んで2時間ほどで終了。なんだか待ちぼうけで疲れたので帰宅。ブロックバスターのオンライン会員になり、届いた24見てまったり。

早起きしての勉強はとても集中できてよかったけれど、午後はダメダメな土曜日でした。

まだ夜は早いのでこれから勉強します。はい。

鳥祭り

朝はすっきりと目覚め、バイトに行くまでに時間があったため、メールチェックをした後に教科書を読もう、などと思っていたけれど、メールチェックを先にしたのが間違いだったか、、、そのまま勉強とは全く関係のない調べものに入り結局勉強せずにバイトへ。

でもいってみたら、担当の人は毎週金曜休みで先週の木曜から自分も行っていなかったので何もやることなく即帰る。そのままコーヒー屋に行って教科書読んでたら、これが結構すすんでしまう。やっぱり外で勉強する方がはかどるなぁ。

その後ジムに行き、ご飯を食べ充実した午前をすごす。

午後に入り、再び勉強しようと思っていたけれど、ふとしたことから片づけに入る。「ここにこれが欲しい」と思いウォルマートまで出かけて、必要なものを買い、片づけ完了。そしたら疲れて眠くなってきた・・・

眠るわけにもいかないので、少しはやめの夕飯。
鶏肉が安いです。鳥の腿肉2,4キロで5ドルほど。
既製品のスパイスかけてオーブンで焼くだけで充分おいしい。
ただ問題はこの部屋の換気扇、なぜか煙が部屋の中に入ってくるから火災報知機がなるんだよね。どうにかなんないものかしら。
CIMG0056s.jpg

わっしょい!

朝はRATA(Razorback Athletic Training Association)のミーティング。来月末に前にも書いたけれど、各方面からフットボールのコーチなどをあつめての講習会についての話し合い。大分形が見えてきました。

そのなかで6月のコンベンションに行くかどうかについての話もあり、自分は幸いまだクラスが始まっていないので参加することに。残念なのは一番仲のいい1年生連中は授業がすでに始まっているのでいかない、とのこと。何にせよ、自分は行きます。楽しみです。もし行かれる方がいらっしゃいましたら、ぜひその節にお会いできればと思います。

そしてもうひとつとても嬉しい事がありました。でもまだオフィシャルではないようなので、書けませんが、自分の心配事がひとつ減った、ということは言えます。余計なことを考えなくて住むようになったのは大きいです。そのお祝いのため、今日は友達と少しだけお酒を飲んできました。いやぁ、一安心。

帰宅

アーカンソーに戻ってきました。
空港までの道のりで案の定迷い途中泣きそうになるもどうにか空港に到着。日本の看板ってほんと見やすくて親切なんだな、と実感しました。

家に戻るとちょうどナショナルズの試合がやっていたので観戦。オープン戦ですが勝利!ということでよかったよかった。

その後ジムで軽く運動。その前にアスファルトの上をゆっくり走ったのですが、どうも昔からアスファルトの上を走ると異常なほどに筋肉痛に見舞われる。土の上ならいくら走っても筋肉痛はないんですけど困ったものです。

夕飯の買い物から帰る途中、24の続きを借りようと某大手レンタルビデオ屋に行ったら24そのものがない・・・さすがアーカンソー・・・

 | HOME |  »

Calendar

02 « 2005/03 » 04
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。