HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんびりな日曜日

昨日夜出かけて友達と飲んでいたのですが、彼の実習先の高校は今年大分注目されているのです。なぜなら全米が注目するQBがいるから。そしてそれ以外にも4人、大学のスカウトが目をつけている選手がいるそうです。高校なのに12億もの体育会用の施設があるのだから驚きですね。

この金曜日から少しゆっくりしていますが、今日も同様に家賃を払いに行くのとついでにガソリンを入れに行く以外は家から出ずの生活。それにしてもガソリンが高い。1ガロン2ドル21セントでした。去年の今頃は1ドル60セントだったんだけどなぁ。毎回「もう少ししたら安くなるかな」とおもって10ドル分くらいしかいれずにいるんだけど毎回高くなっていっています。一度値段下がったんだけど個々最近また上り調子です。

とはいえ、ゆっくりしたおかげでリフレッシュです。そろそろ体を動かさないとだけど、明日から授業以外の時間はLabの手伝いがあるので文字通り朝の8時から夕方6時くらいまでHPERからでられません(授業を行っているビル)。だからこれだけのんびりしているのも良しとしましょう。

授業も明日からの4日間で終了。そして金曜日に一つファイナル受けて夏学期は終了です。

あっという間の1ヶ月。これからの時間はもっと早いことでしょう。

そういえば日本は夏休みが始まったようですね。どこもかしこも大渋滞の夏休みとなっていることでしょう。
スポンサーサイト

最後の週末

ここにいるほとんどのAT学生にとっては最後のゆっくりできる週末。なぜなら来週授業が終わってその足でPre-season footballがはじまるから。なので多くの人たちがつかの間の休息を楽しむために実家に帰っているようです。

自分はPre-season footballに関わっていないので来週末も完全にオフでその週明けから実習スタート。暑くならなければいいんだけど。

その前にLab report2本とファイナルがあるのでそれをどうにかしないといけませんが。

あまり詳しいことはかけないけれど、ちょっと色々と膿が出ているような状況が続いています。その膿が早くできって、皆が笑顔で充実した日々をすごせるようになって欲しいのだけれど、組織が大きいとそれもそうはいかないのかな、、、と思うことが少し多い今日この頃です。

自分は元気なのでご心配なく。

まったりとした金曜日

授業の実験もBoody compositionなので首周りや腰周りを測るだけで終了し、午後の授業もHealth CenterでPhysical Examでの必要事項や尿検査のやり方などを受講してあっという間に終了。

今日はプレシーズンフットボールが始まる前の最後の週末になるので実家に帰る人が多いようです。

一年生の中でプレシーズンフットボールに関わらないのは自分ともう一人のみ。自分は8月9日からサッカーが始まります。

夜も久しぶりに何もせずボーっとしていた。たまには良いね、こんな日も。

皆色々あるのね

学校が始まって4週目。来週で夏学期終了です。早い、早い。

来週は試験もあるし、Lab reportも2つ提出だし、実験の手伝いも授業以外の空き時間すべてしなければいけないのでこれは大変そうです。
でもプレシーズンフットボール担当だと試験明けのその日から(だったかな?)すぐに実習スタート。大変ですな、こりゃ。

この秋にフットボールに高校、大学に関わらずまったく関与しないのは自分ともう一人だけ。そのほかのクラスメート12名は何かしらフットボールに関わります。がんばれ、みんな。

たった4週間だけれど、その間に学生同士、学生対教授、対プログラム1年生対2年生で色々と細かいことも含めてでてきているのも事実。

早いところ落ち着いてくれるといいんだけど。

長い一日

2時過ぎにレポートを終わらせ帰ってきて、即就寝。朝は7時におきてRATAのミーティング。今年の新役員(?)をきめるってことでその投票だったのですが、ここにいたるまでもいろいろあって。。。

とりあえず皆寝不足のなかで投票開始。その途中でも本当にどうでもいいようなことで感情的になっているところが女の人の面倒なところか。。。もう少し大人な対応しようぜぃ。

しかしその場がすぎたら投票はとんとん進み新しい役員決定。んでもって自分は会計担当。いいのか?本当にいいのか?

休むまもなく即次の授業へ。
本日は体脂肪測定ということで、水の中にもぐってやるやつ。このために朝は何も食べてくるな、っていう指示があったからこの頃にはおなかペコペコです。水の中で空気を全て吐き出しての計測になるので、なかにはかるーくパニックになってすぐに顔を上げちゃう子もいましたがそれでも無事に終了。

そして再び休むまもなく実習先へ、というところだったんだけどさすがに何も食べないで行くことはできないので、食べ物を手に入れ実習先にダッシュ。

今日はmodalityの使い方再確認と備品がどこにあるかのチェック。ということでmodalityに関してはシナリオを与えられ、それを実践。備品はとつぜん「○○はど~こだ」見たいな感じでテストされたりしてました。

なんだか男子サイドはなかなか大変なことになっているそうですが、まぁ1年、2年、Underふくめて15人もいたらそうなるわな。良かった、今年女子サイドで。

夜は2年生に呼び出されてかるーく飲んで、お互いの近況報告。そしてその後は1年生の友達の家に行きまったり。

長い一日だったけど、こういう時間の使い方のほうがよっぽどのんびりしていていいです。

サッカーでの実習は8月9日から。だから夏休みは4日間。いよいよだなぁ。

計画性と協調性

まったくなしです、一緒にLab reportやっている連中は。
データ処理と分析を自分が担当してなんだかんだで3日ほどかかったわけですが、その間も彼らは遊びほうけ、また他の提出物に取り掛かっていた始末。

今日も『7時からやるから」といわれて顔を出すと、明日提出する別のレポートに他の3人がそろいもそろって取り掛かっている始末。

おまえらこっちがデータと格闘している間から取り掛かっていたろ。。。

こっちは他の時間を見つけてその課題を終わらせてきたっていうのに。

結局1時間30分彼らは何もしていなかったので、さすがに不機嫌になりました、ひさしぶりに。でも声を上げるのも大人気ないし、いらいらするのも馬鹿らしいので、Lab reportの話をどんどこふりだしたらさすがに

「これあとでやるわ」

ってなったわけですが、もう少し計画性と協調性を持て、って感じです。

ちなみにもっとも大事なパソコンを占拠していた奴はその後もやった気になっていますが、何もせずに座っていただけ。身の程をしれぃ。

こういう風に書くと「帰ればいいじゃない」って思う方もいらっしゃるでしょう。自分も帰るつもりでした。でも落ち着いて考えてみたら彼らはデーターの見方がわからないから自分が残っていないとDisucussionが書けない(彼らはそのことにすら気付いていませんが)。そうなるとグループとしての成績で個人の働きは加味されないので自分の成績も悪くなる、ということで残っているしかないわけです。

とはいっても時間が無駄になるので、この日記を書いていたり、友達とチャットしたり、他の文献読んだりしてすごして、質問があったときに答える、という形にしてみました。

いい加減眠いですけどね。

もーぜってーこいつらとはグループプロジェクトやるもんかっ!

オリエンテーション

今日は午後の授業時間を使って実習先でのオリエンテーション。

各スポーツにわかれるのではなくて、男子サイド、女子サイド、高校と分かれて各施設に行く、という感じ。

そしたら今年は14人いて、そのうち9人が男子サイド、3人が女子、2人が高校というわりふり。男子サイドのうち8人がフットボールなのでおそらく混み合っていたことでしょう。

女子側はリラックスした感じでModalityの使い方の説明を受けて、しばらくそれで遊んだ後リハビリ施設でも一通りお遊びして体験。なかには今まで体験したことなかったものもあったので(決してファンシーなものでも新しいものでもないのですが、自分が今まで知らなかっただけ)これはこれでなかなか面白かった。

夜はLabReportの続き。それにしてもみんながデーターを出してこないから少しでも楽に、そして早くできるようにわざわざフォーマットをStat viewという授業中に配布されて、レポートを書くときに使うことになっているソフトを使って作ったのに、皆ご丁寧にExcelでデーターを作ってそのデーターを入れてくれていないもんだからまた手間がかかる作業をへぇこらしていた夜でした。これ書いているときもそのグループメンバーの家にいるんだけど、またダーツ始めています。

でも今回自分は全てのデーターをいじくったのでおぢさんはの役目は終わりだな。

同時にもう一つのレポートも進行中。こちらは順調。やっぱり一人でやるほうが早いです。

オリエンテーション

今日は午後の授業時間を使って実習先でのオリエンテーション。

各スポーツにわかれるのではなくて、男子サイド、女子サイド、高校と分かれて各施設に行く、という感じ。

そしたら今年は14人いて、そのうち9人が男子サイド、3人が女子、2人が高校というわりふり。男子サイドのうち8人がフットボールなのでおそらく混み合っていたことでしょう。

女子側はリラックスした感じでModalityの使い方の説明を受けて、しばらくそれで遊んだ後リハビリ施設でも一通りお遊びして体験。なかには今まで体験したことなかったものもあったので(決してファンシーなものでも新しいものでもないのですが、自分が今まで知らなかっただけ)これはこれでなかなか面白かった。

夜はLabReportの続き。それにしてもみんながデーターを出してこないから少しでも楽に、そして早くできるようにわざわざフォーマットをStat viewという授業中に配布されて、レポートを書くときに使うことになっているソフトを使って作ったのに、皆ご丁寧にExcelでデーターを作ってそのデーターを入れてくれていないもんだからまた手間がかかる作業をへぇこらしていた夜でした。これ書いているときもそのグループメンバーの家にいるんだけど、またダーツ始めています。

でも今回自分は全てのデーターをいじくったのでおぢさんはの役目は終わりだな。

同時にもう一つのレポートも進行中。こちらは順調。やっぱり一人でやるほうが早いです。

パソコンと向き合う一日

Lab Reportの提出日が迫っています。今回は前回よりも日にち的には余裕があるように見せかけて、実際はそうでもないうえに分析すべきデーターが多すぎる、というなんとも、、、なスケジュール。

しかも他のグループ、データー送ってこないし。わざわざフォーマットまでつくたってーのに。早くしてくれ、そうしないとまた深夜になる。。。

ちょっとやることたまっているので今日は簡単に。

「CPR」と「お別れ」

土曜日だけれど朝の9時からCPRとAEDの講習。これは全員義務。もともとの予定が4時までということだったのだけれど、そんなに時間のかかる内容でもないというのが本音。

もちろん知っていてそれを実行できるというのが大切なんだけれど、それにしてもUnorganize過ぎな講習会でした。

最終的にデモンストレーションをいくつもの項目(10項目くらい?)でしなければいけないのだけれど、それを見る人が2人しかいなくて、それで22人をみるのだから進まないのは当たり前。

2時間あれば終わらせられたのではないかなというところ。最後のほうは皆いらいらしていた講習会でした。

そして、ディレクターと共にこのプログラムに尽力してきたある一人のスタッフがU of Aを去ることになりました。

かれは今までは半分授業を教えて、半分Athleticsをみていたのだけれど、認定校になるのを境にこの秋からフルタイムのFuculty Memberとなり、自分達の実習先コーディネーターを担当して授業も教えるはずでした。

かれはとても真摯に生徒のことを考えてくれて、まっすぐな瞳で指導をしてくれたり、また必ずジョークを入れて場を和ますことも忘れない素敵な人。

そんな彼の授業を受け、ATSとしての成長を見届けてもらいたかった存在だけにとてもとても残念だけれど、彼の生まれ故郷、実家、奥さんの実家が近く、さらには条件がうちよりもいいのだから彼とその家族にとっては最良の決断だったと思う。そしてその決断が容易でなかったこともわかるから、これからもその人柄のまま、多くの生徒を見てあげて欲しいと思います。

Phill, 今までありがとう。 We are lucky to have you.

いつか成長した姿を見せられるよう頑張ります。

馬3頭分

まだまだ体を酷使する授業は続きます。それでも来週になったらあとは柔軟性のテストになるから一ふんばり、といったところ。

本日のテストはMargaria-Klamen Stairclimb test

stairtest.jpg


6M手前から助走して階段を駆け上がる。そのとき3段目9段目にはマットがしいてあり、それを踏むことによってタイムが計測されるというもの。

アメフトのチーム(大学)にリクルートされるには少なくとも0,5秒をきるくらいでないとだめらしいです。

ということでトライアルスタート。全部で10回やるのだけれど、おぢさんこういうのは血が騒いじゃうタイプなんです。やっぱり瞬発力系なんだな。

結果は一番早いタイムは0.41秒。ということでクラストップ。まだまだいける。でも次に早かったのが元体操選手の女の子だったのにはびっくりです。

このタイムと体重を元にピーク時にはどれだけのパワーがでているか、というのを計算するのですがそれによると自分は馬三頭分とちょっと、という結果になりました。

午後の授業ではまた驚くような発表が。。。

本当に色々あるなぁ。

こげ!こぐんだ!

本日はWingate Test。ということで体重を元に負荷を決めて30秒間ペダルを思いっきりこぎつづけましょう、というもの。

Anaerobic animalは喜ぶけどAerobic animalは二度とやりたくなくなるよ、って先生は言っていました。

自分は体重が重いので一番重い負荷(7Kg)になるはずだったのだけれど、さすがにそれは無理、ということで6Kgで計測。

毎5秒ごとに計測して30秒間での総回転数は45.5秒間でのMaxは8回。ぼちぼちです。終わった後はあるくのが変な感じでしたが。

そしてこのテストをおもしろい!と思った自分はAnaerobic Animalということのようです。

持久走とか大嫌いだったもんなぁ。

おぢさん走る

本日のLabはとりあえず1.5マイル(2.4キロ)走ることから始まったわけですが、こんなの高校の体育以来です。

一緒の組で走った人たちで二人トライアスリートがいたのですが彼らは別次元。自分はできる限りの力で走ったけれど、一周目から靴紐がほどけ、ただでさえ奮起するのに大変なのにそれを上塗りする自体。でも途中で止まって靴紐を直すと疲れるのでそのまま走り続けたけれどそのせいですねの辺りが変に痛い。こんなことならちゃんととまって締めなおせばよかった。。。

タイムのほうは11分30秒、決して素晴らしいタイムではないけれどおぢぢで最近そんな運動していなかったということを考慮すればまぁいいほうでしょう。

明日はWinggate test(30秒間思いっきりペダルをこぐ)です。クラスメートの話によると気を失う人も出るらしい。きっと自分はOne of them.

午後は相変わらずテーピング。今日も予定通り1分以内を目指してやっていたわけですが、みんな1分30秒以内には巻き終わっている感じ。2週間前まではテープの切り方も知らなかった人たちがこれは大きな進歩だし本当に感心した。自分は昨日一応1Minute club入りしたのでUltimateをめざしやったわけですがこちらも無事クリア。とりあえずプログラム始まって以来(といっても今年が5年目、認定校になって最初の年)昨日書いた基準をクリアした人になりました。何の自慢にもならないけれどそれでも「最初」というのはいいものかな、と。

夜はクラスメートの家に集まってテーピングの練習。3時間くらいやったところで終了しあとはだらだらおしゃべり。自分は眠くてボーっとしていたけれど。

今日は明日のために早く寝ることにしよう。

予想通り!?

朝の授業は相変わらず体力勝負です。今日は踏み台昇降のみでしたが、あしたはバイクを使ってのテスト、そのあとは1.5マイル走ります。みんなへろへろになるんだろうなぁ。ちなみにうちのグループの男連中はやる気がございません。若いのにこのおぢぢより体力がなくてどうすんだっての。

午後はテーピング。もう一通り教わることは終わったので、足首のテーピングのコンテスト。時間と丁寧さが基準。ヒールロックとフィギィアエイトを1回ずつでいいから1分以内。

「今まで自分が教えてきた人たちでそれができたのは1人しかいない。でもこの中から出そうな予感がするぞ」

だなんだといっておりました。

そして実際チャレンジ。やってやりましたよ。1分以内で。無事にインストラクターの検査もパス。

そしたら

「予想していた人と違った」

なんていわれましたがご愛嬌。えぇ、どんなときでもダークホース的存在ですから。思えば大学受験のときも先生たちには何の期待もされていなかったから励ましの言葉を通り越して苦笑いになっていたなぁ。。。

それでもとりあえず今後も覚えておいてもらえるだろうから良しとしましょう。

ちなみに1分以内に達成した人は「1Minute Club」に加入することになるそうです。2回フィギアエイトとヒールロックをした場合は「Ultimate]だそうです。なんてセンスのないネーミング

このクラスからは自分ともう一人が1分以内を達成。彼の予想は彼女だったことは明白。だってUnderで4年間TRで働いていて、彼のお気に入りなんだもの。

こういう単純だけれど目標があるものはみんな好きなようで、「明日もやるぞっ!」てな感じになっていました。わかりやすい反応だけれど嫌いじゃないです。

ちなみに、この分野じゃない人にはよくわからないかもしれないけれど1分以内の1ヒールロック、フィギアエイトの足首テーピングはそんなに敷居の高いものじゃありません。

ただうまくいかなかった子はプレッシャーを感じてしまっているみたい。うまくアシストしていかなければ、とおもうところです。

そしてクリニカルサイトが決定。

自分は複数のACIから声をかけられていたのでそのどこかに決まることは明白だったのでそれほど気にはなっていなかったのだけれど、「今晩メールで送るから」といわれてからは少し緊張。自分がどこになるか、というよりは誰と一緒になるのか、というところかな。

でもそちらは予想通り女子サッカーをメインで見て、同時に女子陸上を担当することになりました。陸上の大会は男女合同なので試合のときは男子も結果的には見ることになります。

結局声をかけてきてくれたACIすべての元で働くことに。

うちのAthleticsは男女別れているから、1年目に男子側をやったら2年目は女子、1年目に女子側なら2年目は男子となるのです。

自分は2年目にフットボールをやりたかったので1年目は女子側という希望通りになり満足。それに自分をほしいといってきてくれていた人たちの下で活動できるのだからなおさらです。

明日のクラスでのみんなの反応が楽しみです。

どうやら自分は実験向きじゃないらしい

本日のLabも引き続きVO2Maxの測定。

今日は自分はトレッドミルをやりました。

だがしかし、自分はものすごい汗っかきです。
そのためにつけていたパッドが取れてしまい、HRがしっかりと取れなかった。そしてそれをどうにか直そうとしているクラスメートに気を使いながら結構なペースで走ったりしていたので、そっちに気がとられ、全然思い通りにできなかったために、心肺機能的にはまだまだいけたのに中断せざるを得ない状況に。すごくやるせない。Stage 5まで行ったけれど(毎日本格的に走っている人でもStage6の序盤でダウン)、まだまだいけたのになぁ。ちょっと悔しい。

午後は相変わらずテーピングの授業。日本人の器用さを見せる場でもあります。おかげさまでこちらはうまく行っている感じ。そして自分的に嬉しいのはクラスメートが助け合っているところ。お互いにアドバイスしあったり、自分にアドバイスを求めてきたり。人数がそれなりに多いのでインストラクターの目が届かないところが正直あるけれど、それでも支えあっている感じがあって、とても良い感じです。

夜はクラスメートとビリヤード。明日はLabで1.5マイル走るのでそろそろ寝ないと。(現在午前1時過ぎ)

うっちゃり

朝はヒロ君のお見送り。再び長時間ドライブですががんばって。本当に何のお構いもせず申し訳ない、って感じだったけれど、それでもこの3日間、いろいろと話を聞かせてもらって自分にとってはとても有意義な時間となりました。ヒロ君、これに懲りずにまた来てくださいな。
そして他の人もアーカンソーに来る際、もしくは通過する際にはぜひどうぞ。本当に何のお構いもしませんが。。。

午後からクラスメートとテーピングの練習、のはずがいつまでたっても連絡がないのでこちらから連絡を取ると

「親戚の家に行かなきゃいけないから今日は無理」

それならそうと早く言ってくれ。2年生の友達も一緒に練習したいと常々言っていたので彼にもその旨を伝えると

「それでも時間があるなら一緒にやろうよ、ちょっと今出先で何時とはいえないけど夕方くらい」

というのでOKして待つこと午後7時30分。そしたらメールが来て

「ごめん、やることが結構あって今まで連絡できなかった」

ということでこちらもキャンセル。

特に予定もない一日だし、そういうのには慣れっこになっている自分に気付いた日曜日でありました。

一応明日の朝、授業前にやることになったけれど本当か?本当なのか!?

知らないもんだ

昨晩遅かったので本日はゆっくり起床。そのあと近辺であるものを探しにふらふらとしていたのですが、ぜんぜんこの町のことを知らないことを再確認。基本的に動き回るタイプの人ではなく、とりあえず生活できるものはすでにそろっているので興味がない、といえばそうなのかもしれないけれど、もう少しこの町のことを知ろうと思った日曜の午後でありました。ちなみに自分は地図が読めません。

夜はまず2年生の友達から連絡があり、本当はCook outする予定だったのがキャンセルに。その代わりといっては何ですがちょうど同じような時間にご飯を食べに行くということで合流することに。

それを決めた後に今度は1年生から夜に集まるからおいで、というお誘い。とりあえず保留してご飯の後にまた連絡するということに。

結局次の日早めにおきることになったので食事の後、ちょっとしてから家に帰り早めに就寝したわけですが、うーん、じぶんももう少し1年生と2年生を橋渡ししないといけないかなぁとおもう今日この頃。

もう少ししたらクリニカルも始まるし、少し様子も変わるとは思うんだけど。

おぢさんがんばる

昨日遅くに帰ったがゆえに本日は授業が始まる前まで泥のように眠る。そしてギリギリクラスルームへ。

クラスメート皆ヘロヘロになっておりました。やっぱりみんな3時過ぎまでかかっていたらしい。そりゃそうだ。

そんな中、本日のLabはVo2 max。

走れ!ペダルを踏め!

ってことです。

一定の時間が経つごとに負荷が増えていくわけですが、おじさんはバイク担当。今日も若い者には負けられん、ということで年甲斐にもなくがんばっちゃいました。

午後の授業ではひたすらテーピングを巻いていたけれど、みんなさすがに体力を消耗しておりかなり時間が長く感じられた金曜日の午後。

でも夜はヒロ君とともにクラスメートとクラブに行ってまいりました。
おぢさんやればできるじゃん。そんなことの前に「勉強しろ」っていうのはなしね。いや、やっています。やっているんだろうなぁ。やっているのかなぁ。やっているといいなぁ。。。

Lab report

先日書いたLabでのレポートの提出日が翌日なわけですが、基本的にLabが終わって1日半で提出というなんとも、、、なクラスをとっている今日この頃なのですが、さらに面倒なことにそれがグループ(4人)での共同作業。

自分のグループはATプログラムの男3人と。

そのうちの一人の家で集まって取り掛かったわけですが、進まない進まない。なぜって?

さっさと終わらせてゆっくりしようという概念がないからです

夕方から集まってもそこから3,4時間だらだらしているし、それこそ11時くらいになって「あ、、、そろそろやばいかも。。。」となるまでやらないわけで。。。途中でこちらからふってみても、持続力は10分ほど。。。そんなわけで、グループワークをするときは女の子が混ざっていることをお勧めします。

とはいえ、やらなければならないので、彼らが遊んでいるときに自分はデーターをEditしてみたり、チャートやグラフを作ったり、文献を探したり格闘し、それらをそろえてコンセプトを説明したところで彼らがそれを文章にしていく、というような感じでやること数時間。結局2夜つづけてオーバー2時(一日目は2時30分、二日目は3時30分)にて無事終了。自分は最後のほう力尽きて30分くらい寝ましたけどね。その分働いたので勘弁してくれ。

ただ申し訳ないのは、先日ゲストがくる、とかきましたが、そのゲスト、hiro's room のヒロ君が尋ねてきてくれていたのですが、鍵を預けてほったらかしの状況になってしまっておりました。ごめんね。

そして次回のLab Reportのときはせっかく早く集まってんだからさっさと終わらせて12時には帰らせて。いや、まぢで。。。

うがっ!!

今日は授業の一環でEquipment managerからアメフトのパッドやヘルメットについての講習会。どうやって正しく測定するか、着用させるか、そのときのポイントなどを教えてもらいました。

彼らはどんなリクエストにも答えてくれる職人です。用具のことでわからないこと、作れないことはないというくらい。そして何より仕事を楽しんでいるのが印象的。また、こういう人たちがいる環境を作っているスポーツ環境にも唖然としてしまいます。去年もこの人たちの講習は受けたのだけれどそれでもやはり、学ぶことはその都度あるな、とおもいました。

その後はLabレポートに取り掛かったわけですが、このレポートはグループワーク、ということで野郎4人組となっているわけですが、甘く見すぎです。最初の3時間くらい遊びほうけて自分が一人で文献探したりしている感じ。そのうち一人が色々とタイプし始めたけれど話題がそれるわ、クラスメートが作ったデーターがおかしいだのなんだの、データーがとりあえずおかしくても他に色々できることがあるのに「もうこのせいで何もできない」とか叫びだすわぐずりだすわ。

その後しばらくはまじめに取り組んだけど結局2時になってムードが険悪になり始めていたのでとりあえず長老の自分が「また明日こういう手はずでやっていこう。とりあえず今晩はもう時間を無駄にするだけだからかえって休もう」ということでお開き。

あーもー。明日からお客さんが来るというのに。。。明日もきっとこんな感じになってしまうと思われます。ごめんなさい、お客さん。

長い一日でした

昨日寝たのは3時過ぎにもかかわらず今日は朝からバイトがあったために8時から労働。いやぁ、ねむいったりゃありゃしない。

バイトを適当に終わらせ授業に向かうと今日は前回に引き続きLabでStrength Testing ということで

1. Dynamic strength
2. Static Strength
3. Isokinetic Strength

の測定。

Dynamic StrengthはベンチプレスでDirect 1RMとIndirect 1RM。
Static Strengthは握力計、と腹筋(機械を使って数値を出すのと1分間に何回腹筋ができるか計測するもの)Isokinetic StrengthはCybex使っての測定。

何のウォームアップもなしにやるもんだからおぢさんたいへんなことになっちゃいます。とはいっても筋肉痛にはなっていないけど。若者のほうがダメージ多いようです。がんばれ、若者。でもやっぱりベンチプレスはだめですな、肩に力が入らずです。恥ずかしくてとてもじゃないけど1RMかけない。。。

Cybexは若者に混じっても一番の数値。おぢさんもがんばればやれるもんだ。その数値がいい値なのかどうなのかよくわかっていなんですけどね。でもこれ、現役のときだったらどれだけの数値出していたんだろうと思ってしまうところが大人気ないですかね。

午後のクラスではテーピング。本日のテストはankle tape2分以内。今まで腐るほど巻いてきているし、授業内でも練習している、むしろ教えているほうだったので余裕かましていどんだ本番。いやぁ、やっぱりあるもんだ、落とし穴。相当古いテープつかまされて切れないわ、変なところで切れるわ、色々なトラブルに巻き込まれる自分に完敗、乾杯。自分で言うのもなんですがひどかった。クラスメートからも同情される仕末。ま、自分の力なんてそんなもんだ。

授業が終わってからは、結婚式で最初の1週間を欠席していたクラスメートの埋め合わせに付き合いテーピングの練習台に。

とはいっても彼女はUnderで4年間TRでの経験がある子なので習ったことを一通り流す、という感じ。話しを聞いているとMedical schoolにもApply するつもりもあったというだけあって頭のほうもなかなかのもの。ただ、かのじょはこの5月に卒業したばかりで認定校ではなかったので認定校に入らなければならなかった、ということ。

そういう人がけっこう今年は多いです。だから何の経験がない人が少しかわいそう。知っていることが前提で進んでしまっているところがあるから。再来年まではそういう人がEntry-levelの大学院にアプライしてくるのだろうけれど、それぞれのプログラムの勝負はそれ以降のようです。

BBQ

先日の2年生たちとの食事会(および飲み会)に続いて、今日はディレクターの家で生徒、スタッフ、教授陣を招いてBBQというなの食事会。

これも毎年恒例。

ディレクターの娘(5歳)が父親に似ずこれまたかわいい、モデルみたい。前回遊びに行ったときに、折り紙をやっているという話をしていたので、自分の家にあった千代紙をあげたら喜んでくれました。それを使っていくつか披露。自分が折っているときにみせてくれる真剣な表情って言うのはかわいいものです。

食事会自体は2-3時間。食べて歩いて、飲んでしゃべって、という感じ。ACIもきていたので1年生にとってはそこで初めて会う場だったりするけれどやっぱり、アメリカ人もその学年なんかで固まるもんなんだね、と改めて思った瞬間でした。

とりあえず自分は色々なところをふらふらしながらも、しっかり赤ちゃんを抱っこしたり、子供のお守りをしたりして、いい年のおっさん振りを20代前半の若者達に見せ付けていたわけですが。。。

その後、もう少し小さなグループでビリヤードでもやりに行こう、ということでBarへ。せいぜい2時間で帰ろう、って話だったのに、一度お酒を飲み出したらそんなので帰るわけがない。結局場所かえてBarがしまる2時まで飲んでいましたよ。Jello shotを次から次へと注文してみんな酔っ払いだしているし、、、そのうちの一人は自分が予想しているよりも酔っ払っていて、ちょいとした行動を起こしてしまって本日は自己嫌悪におちいっております。きみ、先週の金曜日もそんなことしたんだけどね。まぁ、酒は飲んでも飲まれるな、ってことです。

おなかの調子が。。。

なんだかよくわからないけれどおなかの調子が一日中よろしくないです。。。別に熱っぽいとかそういうのは全くないのだけれどなんだろう、これ。明日には良くなっていて欲しいものです。

今日は自分から呼びかけてテーピングの練習を3時から。何人集まるのかよくわからなかったけれどとりあえず6人かな?集まったのでまぁよしでしょう。もちろんその間もおなかはぐるぐるいっていましたが。。。

夜になってたまっていた洗濯物と洗物を済ます。こんな古いアパートでもきちんと片付ければそれなりになるものです。でも早く出て行きたいんだけどね。

予想通り

昨日遅くなることがわかっていたので土曜日は電池切れになっているんだろうなぁ、とおもっていたら予想通り。全くといっていいほど何もしない一日でした。

朝は9時前には起きていたけれど、結局カウチの上でねっころがりテレビを見ているうちに再び眠りに落ち、おなかがすいて目が覚めるも、再び眠気に襲われそのまま眠り続け起きたときには変な形で寝ていたから首がこるしまつ。

やったことといえば洗濯位かな。でもたたむのが面倒になったのでTシャツだけは伸ばして広げている感じ。明日の朝にでもたたみます。

あんなに寝たのにまだ眠い。

明日はテーピングの練習をしようよ、とクラスメートにメールを打ってとりあえず一人確保。後は何人が休み中にメールチェックをしているのかによりますが、14人もいると携帯で全員にって言うわけにも行かないから面倒といえば面倒だなぁ。とりあえずおぢさんが一番年齢上だからそういうところの声かけは大事にしていこうと思う今日この頃。

そういえば飲んで帰ってくると次の日の朝背中の左側あたりが軽く筋肉痛になるのはなぜでしょう。前回もそうだったんですが何にも覚えがありません。・・・年???

食事会と飲み会と酔っ払い

今日は毎年恒例、プログラムの2年生が1年生を招いての食事会をかねた顔合わせ。
6時30分から飲み始めて、7時から食べ物のオーダーをする、なんて話になっていたのに6時30分にきていたのはいつもつるんでいる2年生の4人と自分。1年生はみんな7時回ってようやくぽつぽつ登場。おしゃまな女の子軍団は堂々と8時30分頃登場していました。おい、時間は守れ。

人数が多い(23名)のでテーブルは二つに分かれていたけれど、適度にお酒も入るとみんなぐるぐる動き始めて会話をしつづける、そんな感じ。

お店を出てその後は飲みに行ったわけですが、ここで数人用事があるので帰宅。飲み続けること小1時間。再び女の子軍団は別のもうちょっと小じゃれたBarに移動。どーなのそれ。

これには2年生もちょっと「ん?」って感じでした(とは言っても大体酔っ払っていたから気にもしていないのかもしれない)

クラスメートには男が他に3人いるんだけれど「ギャップがあるよねぇ」なんて話になっていたからやっぱり彼らもそれは感じているらしい。

でもとりあえず顔見せは終了したので、あとは実習が始まってうまいこと組み合わさってもらえればいいかな、という感じですが、さてさてどうなることやら。

ロンドン同時テロ

27年前に自分はこの世に生を受けた。

27年後のこの日、多くの人が一瞬にして命を奪われた。

そんな日に自分は多くの人からお祝いの言葉をもらった。正直嬉しかった。

でも同じ時間に泣き崩れている人が、助けを求めている人が大勢いた。

その事実を考えると今はただただ自分が情けない。

ほんの少しのことで気持ちが後ろ向きになっているところがあった。

でもそんなのはたいしたことではない。

いつもと同じ生活をしていて、その日常が突然闇に落とされる。

「おはよう」

「ただいま」

「おやすみ」

そう話しかけていた相手が二度と目の前に現れなくなる。

許せない
悲しい
やるせない

自分は世界を変えることなんてできやしない。

「テロや戦争なんて間違っている」

そう思うことしかできない。

どうしたらかわる?自分には何ができる?

そんなことを考えること自体違うのだろうか



ただ、自分が生まれたというこの日に、これだけはきちんと両親に伝えておきたい。

お父さん、お母さん27年前のこの日に自分をこの世に送り出してくれてありがとう。恥ずかしながらこの年にもなって何の恩返しもできていないダメ息子だけれど、自分にとってはあなた達の息子として生まれたことが何よりの幸せです。ありがとう。

感謝

こちらはまだ6日ですが、日本では7日となり、また一つ年をとりました。

メッセージをくれた方々ありがとうございます。個別に連絡をさせてもらいますが、宿題が終わっていないのでもうしばらくお待ちください。

多くの人からメッセージをもらえてとてもうれしく思うと同時に、こういうのをもらうとやっぱり直接会いたくなっちゃいますね。

次に帰るまでもうしばらくあるけれど、少しでも大きくなったなぁ(横にじゃないです)と思ってもらえるようがんばろうと思います。

ちなみに明日はこちらで誕生日当日を迎えますが、普通に木曜日なので何もせず、金曜日に遊びに行くことになると思われます。


あ、ちなみにプレゼントは七夕より前後半年受け付けます。

ふむ。。。

授業初日でした。内容自体は去年の夏も顔ださせてもらっていたからなんら新しいことはないのだけれど、やっぱり人数が多いから勝手が違う。今の2年生と同じことを求めてしまってはいけないのはわかっているけれど、なんだか色々と考えながらすごしていたから今日は少し疲れた。

これから2年か一緒になっていくのだからうまいこと15人が絡めればいいんだけど。まぁ必要以上にまでする必要はないのはわかっているんですけどね。

それにしてもテーピングや道具を使った後に片付けないのはいただけないです。ほとんどの人がそれぞれのだいがくでTRで数年の経験がある、って聞いていたけれど、いったい何を教わってきていたのかな、って少し疑問に思っちゃうのは自分が日本人で細かかったりするからですかね。

でも使い終わったアンクルラップは使いっぱなしでいくつもぐちゃぐちゃにして放置されているし、使ったテープもテーブルの上に放置したまま。さらには足からはずしたテープまでトリートメントテーブルの上におきっぱなしで帰っちゃう。そして特に誰もそれを気にしていなかったのが。。。

うーん。。。

Independence Day

独立記念日です。

とはいっても特に何をするでもない一日だったのですが、テレビ(ESPN)をみていたらやっていました毎年恒例Hot dogの早食い大会。あほらしい。。。

チャンピオンは日本人だそうです。大会4連覇中で今回も優勝して5連覇となっていました。だからどうした。

なんでこれがESPNで放送されるのか全く訳がわかりません。そして笑ったのはその小林さんというそうですが、解説者が

「彼はこのスポーツのランス・アームストロング(ツールドフランスの王者)だ!!」

まず一つ、アームストロング氏に失礼だ。次に、「スポーツじゃないだろ」

友達とText messageしながら大爆笑の昼下がりでした。

(最後の通訳のでたらめな日本語と、適当に訳している場面も笑えたけれど。)

夜は花火を友達と見てきました。アメリカでは年に数回のみ花火をあげてよい日というのが決まっていて、今日がその一つ。けっこう近くで見ることができたから良かったけれど、やっぱり日本のそれとは比べ物になりません。

日本の花火、みたいなぁ。

明日から授業がやっとこさはじまります。ながかった。。。

CIMG0078s.jpg



時間の流れが妙に遅い

ちょっと今日は奇妙な感覚に襲われてた。表題のとおりなんですが、まず朝起きてから大分ゆっくりしたなぁ、と思ってもまだお昼前。

2時くらいにジョギングに出かけて、別に疲れているわけでも極度に暑いわけでもなく、結構な距離をすでに走っているのに30分しかたっていなかったり。

夜にはCoach Carterをみて(2時間ほどの映画)いたのだけれど、感覚的には3時間くらい経過しているようで実はまだ1時間ちょっとしか経過していなかったり。映画自体は熱い映画なのでものすごく自分好みなのでつまらなかったから長く感じた、というわけではないから余計に不思議。

来週から授業が正式に始まるわけですが、その週末は毎年恒例で2年生が1年生を招待して食事に出かけます(もちろん御代は各自です。Socializeの一環ですね)。

で、2年生の幹事から相談を受けていたのですが、自分達がよく行くレストランはバルコニーがあって前々から「ここで食事って言うのいいんじゃない?」という話をしていたのですが、どうもそこのバルコニーを予約すると100ドルかかるらしいのだけれどどう思う、という相談を持ちかけられたわけです。

今年の1年生は15人いるので2年生も含めて5ドルちょっと出し合えば場所を押さえることができるのだけれど、当日都合がつかない、って言ってこない人もいなくはないだろうし、とりあえず最初だからバルコニーでなくてもいいのではないか、というのが自分の意見。ちなみに中だと無料です。

さぁさぁ、これからどうやって絡んでいくことになるのかな。

明日はIndependence Dayです。

 | HOME |  »

Calendar

06 « 2005/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。