HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サービス

先日別の場所のブログにアメリカのサービスについてちょっと触れて書きました。

基本的にこちらのサービスはいい加減。
人によって対応がまちまちだったり、日本ではめったに起きないような2重請求なんていうのもざら。

こっちで半年も暮らせば請求書がらみのクレーム電話をかけるのは一度や二度ではないはず。

ただ、数週間前にデジカメの液晶がいつの間にやらつぶれていたということがありました。ケースにもきちんと入れていたのでいつの間にやら、とはまさにこのこと。

旅行から帰って、直してもらうために買ったお店にいったんですが、こちらは工場に自分で直接送るんですね。そして先日返ってきた返事が「無料で直します。5-7日くらい待ってね」というもの

日本だと液晶割れはかなり高い値段での有償修理だったことを記憶しているので、ラッキー、という感じ。

ただこれはおそらく修理というよりも交換であろう、との話を他の人から聞きました。その方がコストが安いんだそうです。

でもまぁ、今回は交換なら交換でも自分にとっては無問題。
あぁ、よかった。やるじゃんアメリカもたまには。っておもっていたのですが、今日はやっぱりアメリカ、適当だ。と思った所を一つ。

再び電化製品ですが今回は携帯。
家に電話引いていないのでSkype使う以外は全てこの携帯電話でまかなっております。

その大事な大事な携帯電話、確か半年位前に水の中に落としてしまって保険のプランに入っていたから無償で交換してもらっていたんです。

しかしその携帯が落としたりしているわけでもないのに勝手に電源が切れるんです、ここのところ。フリップフォン(開閉式)の奴なのですが、開け閉めするたびに電源が落ちる。

今の所会話に支障は無いけれど、とりあえず交換してもらえるなら交換してもらおうということでお店に。

すると自分はその会社に買収される前の会社との契約になっているから修理・交換は店頭で出来ないといわれる。

でもね、前に電話を交換してもらったときにも同じようなことになったので、それじゃあ、ということで新しい会社の方に名義を変えてもらったわけです。でもそれが反映されていないというわけのわからない状況。

店頭では受け付けられないという頑なな態度を取られるためにカスタマーサービスへ電話。

事情を説明すると「それじゃあ保障を管轄している部署にまわすから」といわれ待つこと数分。再び同じことを説明。つーか情報を共有しろ、このやろう。


すると今度は「あー、それはメーカー保障の方だから、そっちにまわすわ」ということで再び同じことの繰り返し。

その後上記の作業を2度繰り返し、最後に渡った5人目。

本日5回目となる説明を繰り返し、「ちょっとあなたのデーターを見るので少し待ってて」

言われたとおりに少し待つ

プッ、プーッ、プーッ、プーッ。。。

切りやがった、、、

ここまでの所要時間35分

ふざけるな、です。

すぐさま電話をかけなおし、文句を言っておきました。

その甲斐あってか今回出た人は辛抱強く対応、他の人に回すことなく処理してくれました。それが出来るなら最初ッからやれっってはなしです。

そして結局、無料で上位機種に変更をしてくれるということになりましたが、こちらもかかった時間は30分。

つまりカスタマーセンターと1時間以上もつながっていたことになります。ほんのちょっとの用件で。

いやんなっちゃうね、こんなの。
やっぱり日本だよなぁ、、、
スポンサーサイト

あつはなつい

部屋の窓際に温度計つきの時計を置いているんですが、どーもあついなー、とおもってその温度計を見たら45℃

直射日光だからっていうのもあるのはわかっちゃいるけど、こりゃ暑いわ。やってられません。湿度がそこまでまだ無いから全然耐えうる暑さなんですけどね。

もっとあつくなるんだなぁ、これ。

いっそのこと溶けてしまいたい

おめでとう!

一番自分の面倒を見てくれた友人Eから携帯にメールがはいり、BOCに一発合格した、とのこと。

彼は理学療法士の学校に進学するため、バタバタしており4月に受験をせずに先月受験。

そして見事合格となったとのこと。

これで昨年度卒業で6人中5人が一発合格

でも勘違いするなよ、ディレクター。君の力ではなくて彼ら個人の努力だよ

さ、後輩も出来たことだし、馬鹿にされないようにがんばらんと。

昼寝最高

朝からバイト。
本日はいつも働いている人とはちがい、GAの仕事を手伝うことに。

やったことはものすごくマニアックで、わかりづらいと思うので詳細は省きますが、まぁ肉体労働です。

5-6時間がっつり働いてきました。
T-シャツ、短パン、キャップを後ろ向きにかぶって汗かいている姿がガラスに映った姿を見て「うーん、八百屋とかの方がよっぽどにあっているなぁ」とおもったことは内緒です。

家に戻りシャワーを浴びたら泥のように眠りました
1時間ちょっとの睡眠だったけどきもちよかったぁ。。。

夜は授業へ

いやぁ、、、どうでしょ、、、これ、、、って感じです、、、
今後に期待

ぱっとしない一日

・朝7時前に目が覚める
・とりあえず9時ごろからバイトに行ってみるも「特にやること無い」といわれ、帰る
・特にやることが無いのは家でも一緒なので昼寝
・バイトのタイムシートを今日の昼までに出せ、というメールが来ていることに気付き、再び学校に戻る
・教科書を買いに行く、高い、、、
・バイト先で「日本人の女の子が日本人と知り合いになりたがっていたからあなたのことを話しておいたから午後3時にここにまたきて」といわれ行ってみるもその人は現れず
・走りに行く
・体力が落ちているのか暑さのせいなのかあまり足がすすまず
・夜7時から授業だけど睡魔に襲われ行きたくないモード全開に
・でも行かなきゃしょうがないからとりあえず鞭打っていく
・授業担当の先生(つーかPT)は学校でたてで授業を教えたことが無い人ということが判明。大丈夫なのだろうか、、、確実にうちのクラスメートは舐めてかかる雰囲気ありあり
・そしてRequiredとなっていたので買った教科書のほとんどがいらない事判明
・授業はパワーポイントが使用不可だったためシラバス配られるだけで終了
・家に帰りホームページをいじくるもやりたいことが思うように出来ず断念

そんな一日

サザエさんを見る気持ち

明日から授業です

日曜日の夕方にサザエさんをみると「あぁ、明日から学校、もしくは会社だなぁ」と思うって言う話を聞いたことがあるのですが、そういう心境。

しかも授業は夜の7時から9時
それまでどないせぇっちゅー話ですよ

きっとバイトには行くけど
昼過ぎくらいは走ったりするんだろうけど
疲れて昼寝もするんだろうけど
勉強せぇ、っちゅーはなしですが
やる気が今の所は夏なのに冬眠中な様子

はてさていったいどんな風に2年目の授業がスタートしていくでしょうか

そんな最後の休日、1時間走りに行った以外はずーっと家でぐうたらぐうたらしておりました。あとは数人の日本人の友人と電話で長話するなりして夜となりましたが、こんなのもそうとう久しぶり。相手してくれてありがとうございます。いや、ほんとに。おかげで平和な気持ちで眠りにつけます。

おやすみなさい

掃除しました

ルームメートが小旅行に行っていたので、自分ひとりで家を占拠していたのですが、今晩帰ってくるということで片づけをしてみました。

片付けてみると、結構あるスペースに「あぁ、よっぽどちらかっていたんだなぁ」と実感。今後は綺麗にすることを心がけます。

昼間に久しぶりに外を走ってみたら30分ほど走った所で靴擦れ。
軽くへこむ。残りはだらだら歩いて帰ってきましたが、いつもよりも多く日を浴びたからか異常に疲れ、シャワーを浴びた後ソファーでちっちゃくなってゴン寝。

起きたらのどがからからの脱水症状な感じでした。いやぁ、まいったまいった。

夜はNさんのお宅にお邪魔して、ご飯をご馳走になり、もうすぐ2歳になる息子さんとじゃれてきました。やっぱりこどもっていーなー。

PT実習最終日

最終日と言ってもなんら感慨があるわけでもなく、いつもどおりに終わった、というほうが正しいかも。

PTはこれでヘルパーがいなくなるから残念がっていましたが。

日本式肩もみが気に入ったPTは患者さんにも試して、よい評判を貰っていたようです。やっぱり日本のおばあちゃんの知恵袋は大切にするべきです。

夜はクラスメートの女の子3人が明日カヌーをしにいくからご飯を食べた後に買い物行くけどこない?と誘われたのでおなかもすいていたし、軽い気持ちで付いていったのが大間違い。女の買い物は付いていくものではないってわかっていたのにもーなげーなげー。おぢさんはベンチで一人座って過ごすこと1時間、ってなかんじでした。

でも有意義な買い物も一つ。
それは「電気はえたたき」

電気の力でばちっ!ってやつです。
安全のため伝線はむき出しになっておらず、プラスチック囲われているんですが、好奇心旺盛な自分はおもわずさわってみました。

そしたら

バチッ!!!

って言う音とともに火花

おもわず

「いてぇっ!」

ってさけんじゃいました。

うちは隣が牧場でバルコニーに出る扉をけっこうあけっぱなしにしているので小蝿がはいってくるのでこれから重宝しそうです。

あなどれません。この威力。

日本の文化万歳

先日うちのPTに教えた「肩もみ」、彼も早速家に帰って、奥さんに試したそうです。

奥さんも肩こりによる頭痛持ちだったらしいのですが、それが改善された、と大喜びしたそうな。

でもPTの彼はびっくりすると同時にどこかふに落ちていない様子でした 笑 いいんです、効くもんは利く。

夜はクラスメートの家でBBQという名でまったりしてきました。
なーんもしてないのに、眠いです。

想いの力

昨日今季のNBAチャンピオンが決定しました。

Dallas VS Miamiのどちらが勝っても初のリングとなるゲーム。

最初の2戦はDallasがとったものの、次の4戦連続でMiamiがとりチャンピオンに。

このチームにはWadeやShaqといった今をときめくビッグネームがいますが、彼らよりも少し前の世代から活躍しているAlonzo Morningという選手もバックアップとしてベンチに座っています。

images.jpg


過去にはアメリカ代表にもなり、そのブロックはぬきんでたものがあるベテラン。センターとして一流の仲間入りしていた彼もチャンピオンリングにはなかなか縁がありませんでした。

リングを求めていくつかのチームをさまよっていた頃、彼は肝臓の移植手術をうけることになります。移植手術をした後にこれだけ激しいスポーツの一線に戻ってくる、ということにたいして絶望的な見解をもたらすメディアも多くありました。

そんな彼が様々な困難を経てはじめてのリングを手に。

今朝のスポーツニュースで彼は

「あれだけの困難にくじけそうになったことはないのか。どうしてそんなことができるのか?」(正しい訳ではないけれどこんな感じな質問だったのは確か)という質問に対し、

「ここ(頭を指差す)の問題だよ。気持ちをしっかりと持っていれば体と結果はそれについて来るんだ。くじけそうな時はしっかりと気持ちを持つ。何か問題が起こったとき人は『どうして私がこんな目に、、、』って思うけれど、誰だって問題を抱えているんだ。気持ちをしっかり前向きに持っていればいいんだよ」 

ちらっとみたニュースでのコメントだったのでこちらもうろ覚えですがこんな内容でした。

日本でも古来から「病は気から」といいます。

気持ちが落ち込んでいる時は病気になりやすいし、何の病気や怪我でもないにもかかわらず、抱えているストレスにより体が言うことをきかなくなるということも多くあります。

そうなると今度は更に気持ちの面で

「こんなはずじゃないのに。。。」
「早くこの状況から抜け出さないと、、、」
「私ってこんなに情けなかったかな、、、」

という思いがのしかかり、悪循環におちいってしまいます。


彼にとってバスケットボールは人生そのもの。
自らの命も危機におかされ、その次に大事であったであろうバスケットボールまで奪われそうになったにもかかわらず、負けることなく戦い続けて結果を出しました。

どんなに大変なことがあっても命まで奪われるわけではない。

そういう状況であれば自分の気持ちをしっかり持っていれば、いつか必ず、振り返った時に「良かったな」と思えるときがくるはず、絶対そうなんだ。

今現在、アメリカでであった友人、先のコンベンションで出逢った、再会したトレーナーの方々、そして日本にいる頃から自分と親しくしてくれている友人が様々な局面で苦しい思いをしています。

本当に苦しくて、逃げ出せるものなら逃げ出したいと思うのが本音かもしれない。

今まで頑張ってきたことも、今頑張っていることも、そしてこれからも頑張るっていうことはわかっている。

でも自分にはこれしか言えない。

頑張れ!みんな!

ごっどはんど

本日のPTローテーション、午後1時から。
来た患者

1名

予約枠は一杯だったのにみんなブッチギリやがった、、、

いや、みんな元気になって出て行っているのならいいんですけどね、どうもそうじゃないみたいなので今後どうなるんでしょ。

そんなわけでかなり暇だったので、教科書よんだり、Joint mobを教わったりしていたのですが、そうしたら一人オフィスのおばちゃんお姉ちゃんが

「肩がこっていて頭痛がひどいの、、、」

っていってきたので、とりあえず肩揉んでマッサージ。

PTも日本の肩もみって見たことないようで、かなり興味津々

5-8分くらいやったら頭痛が無くなった!といって

”Why!?!?WHY???!!! ここの所ずーっと頭痛に悩まされていたのに!!!”

って騒いでました。

これにはPTもびっくり、つーか俺もびっくり。

で普通の人とPTというか医療系の人の違う所は

「どこで習ったのか」
「どういう理論があるのか」

ということを聞いてくるわけですね。

どこで習ったのか、というのは「日本のカルチャーだ」っていっておきました 

で「理論」なんて考えたこと無かったけど、少し考えてみたら自分がやっていることはマッサージ、指圧、Myofascia releaseを組み合わせてやっているだけなんですね。あと俺の手から愛があふれ出ているのはいうまでもありません 


英語の書き間違いと聞き間違いを一つずつ。

PT rotationがおわって、友達に

"I just got out. U wanna c me?"(今終わった。会わない?)と携帯メールを打った所

大笑いしながら、「今なんてメールくれた?」とくるので、自分は

「何がおかしいねん」という対応をしていたのですが、どうも自分は打ち間違えて

"I just got nut. U wanna c me?"(俺今狂ってるよ。みに来ない?)

って打ったらしいです。自分で爆笑。

そしてもう一つ。
友達が家に来た時に平井堅のPOP STARが流れていたわけですが、それを聴いた瞬間彼女は固まって

「この人なんて歌ってた!??!?」と仰天の様子。

何度聞いても

I wanna be a porn star

に聞こえるそうです。

うーん、思いっきり違う曲になっちゃいますね、それだと。

♪I wanna be a porn star 君をもっと夢中にさせてあげるからね♪

そりゃ夢中になるわ。

お粗末

良いも悪いも、、、

結局の所、自分次第
果報は寝て待て、なんていうけれど寝ているだけじゃ
はじまらない
有終の美を飾るべくやりきればいいだけのこと
罪悪感を持つことなく、ただひたすらに。。。


さよならアトランタ

散々肝臓を痛めつけたコンベンションからもさようなら

朝の6時30分にホテルを出発
夕方の5時30分にフェイエットビルにとうちゃくしました。
時差が1時間あるので計12時間。

まぁ、今回もねてましたけどね、だいぶ。

今回は2回目のコンベンションと言うこともあり、知り合いもすでにいる中での参加だったのとある程度勝手がわかっていたので有意義にすごすことができたとおもいます。

セミナー等ももう少し積極的に行けばよかったのかもしれませんが、学生がでることのできるものは限られているのでそんなものかな、とおもいます。それよりは色々と知り合いを増やして、その人達の話しを聞いている方が身になる、と自分は思っていました。決して勉強が嫌いなわけではありません、多分、、、きっと、、、

あっというまの5日間

来年はカリフォルニアのアナハイム

それまでにどれだけ成長できているでしょうか。

いや、横幅じゃなくて、、、

アトランタで自分と時間をともにしてくれた方々、ありがとうございました

今回は残念ながらご一緒できなかった方々、来年はぜひ。

今年も一年頑張って参りましょう!

Good luck to everybody & See you in Cal!

コンベンション4日目

朝8時にクラスメートより電話で起床。
朝ごはんを食べにむかい、本日はコンベンション会場をぶらぶらぶらぶら。
日本のラクロス協会学生連盟で仕事をしていたときの後輩Wに遭遇し、暇つぶし。
お昼はこちらもラクロス関係者Kさんと会ってまじめなはなしもふざけた話もしました。

夜7時からUniversity of HawaiiのAlumni partyがあるからいらっしゃいと誘われたのでそこに顔を出し、久しぶりにHeadとAssistant トレーナーに会って、今後のことを軽く話しました。

とりあえず「お前がハワイに戻ってこようとしても俺たちが許さん。お前がハワイに足を踏み入れたら日本に送り返してやる」とはお約束のごとくいわれました。

その後再び、日本人トレーナー飲みです。えぇ、毎晩のんでます。こんな風に日本人で集まって馬鹿騒ぎできるのもこんな時くらいですからね。

さすがに自分も含めて多くの人が明日、日曜日の早い時間にアトランタを起つので、12時を過ぎる頃には人もまばらになっていきました。自分も1時すぎには失礼して、明日は6時30分出発だそうです。

コンベンション3日目・MLB観戦

昨日結局寝たのが4時まえにもかかわらず起きたのは8時前。
クラスメートととまっているので、奴のでかい音のアラームがなったのもあるんですが、とりあえずコンベンション会場に向かいレジュメ(履歴書)の書き方についてのレクチャーを受けてきました。英語のレジュメって日本語のものと違うし、自分はAthletic Training以外のこともいろいろとやっているのでどうやっても1枚にまとめられない(通常英語のレジュメは1枚にまとめましょう、というのが通例)ので、どこまで書いたもんかなぁ、とおもっていたのですが、そんな疑問も解決です。レジュメはきちんとアップデートしないといけませんね。しばらくほったらかしだったので反省。

夜はMLB アトランタブレーブス対レッドソックスの試合を日本人トレーナー仲間でみてきました。その前に!突発的な思い付きから始まったTail gateをしよう(試合の数時間前に会場そばの駐車場でBBQ+ビール)ということでミシシッピ州から参加のY君とK君、そしてその友達で現地在住のG君の多大なる協力を受けてKorean Storeで材料購入。

試合の3時間ほど前に場所確保に成功、そして暑い中汗をかきつつ火を起こし、肉を焼きビールをかっくらう。うーん、最高。

その後、仲間たちは駐車場探しに苦労しながらも続々と到着。
みんなの協力でとっても楽しかったです。またこういうのはやりたいですね。

IMG_0772.jpgIMG_0774.jpg IMG_0775.jpg


そしてはじめたのMLB観戦。
地元アトランタブレーブスは負けてしまったけれど会場の雰囲気、そして選手のプレーには満足です。なんかよーわからんけど見よう見まねで応援もしてみました。いやぁ、楽しかった。更に試合後は金曜日ということで花火もあり、心があらわれました。日本では人ごみが嫌いなので花火大会会場で人とぶつかり合いながら花火を見たことは無く、知り合いが近くによい場所を確保している、なんていうとき(家の屋上とか)に花火を見ていたのですが、ちょっと日本に帰りたくなってしまいました。ホームシックとかそんなんじゃなくってね。



試合後は再び飲みに。
皆さんお疲れのところよくお付き合いくださいました。かなりどこも込んでいておもいっきりのめなかったところはありますが、テールゲートでしこたま飲んではいたんですよね。それでも結局3時とかくらいまで外にいてベットに入ったのは4時30分とかでしたけど。

みんな本当に元気です。これがあるからこの1年も頑張ろうという感じでしょうか。

コンベンション2日目

朝7時30分ごろ起床。
朝食を食べにおりると、昨年うちのプログラムを卒業し、結婚をした二人の姿が。これは全くの偶然。ほんの1年くらいしかあっていないだけなのに、やっぱりいいですね、こういうの。

その後コンベンション会場に向かい、レクチャーへ。
いくつかジャンルというか区切り分されていて、mini course(有料)、workshop(予約制),seminar(誰でも参加可)。そんなかんじに別れているわけですが、登録もしてないのに席に余裕のあるワークショップにまざってみたりしてました。

お昼はクラスメートとスポーツバーでサッカーを見ながら食事。再びコンベンション会場をふらふらし、1年ぶりの再会を楽しみつつ、ここでも某団体切り込み隊長H氏とその相棒Sちゃんとも軽くじゃれあってみたり、と人との交流に精を出し、夕方からJATO(Japan Athletic Trainers’ Association)の会合へ。

去年よりも人数が増えていたような気がするのですがどうでしょう?
ひたすらしゃべりつくして、交流したあとは気の合う仲間で飲みに。でもそのまえに昨日会ったばかりのFちゃんが卒業した学校のAllumni party(学校関係者の同窓会みたいなもん)にずうずうしくも混ざってきちゃいました。

一人つまらなそうにしていた子がいたので、はなしをしてみるとこの秋からGraduate Assistantとして働く予定だけれど、まだ誰も知らないので微妙、、、とのこと。自分も誰が知り合いがいるわけでもないので、彼女と談笑。その後も他の方々とお話をさせていただいたのですが、自己紹介をすると自分の学校名に(Univ. of Arkansas)に過剰な反応をする女性が。話しを聞いてみると、今現在、うちの女子バスケットボールのヘッドコーチが以前勤めていた学校で、彼女は一緒に仕事をしていたそうです。(うちのHCはそう、数日前にこうもりを捕まえてくれ、と自分にたのんできたひと)

彼女との思い出をはなしながら、彼女がいかに素晴らしい人間であったか、そしてどれだけ彼女にこの学校に残っていて欲しかったか、という話をしてくれました。まさかこんなところで共通の知り合いがいるだなんて。それにしても、離れても、そして本人が目の前にいないところで第3者に対してそのひとがいかに素晴らしい人だったかを伝えてもらえる、そんなパーソナリティを持っている人というのは本当に素敵なことだと思う。自分もそのHCのことは大好きです。そして彼女がいかに素晴らしいかを初めて会ったばかりの自分に力説してくれたそのKさんもとても素敵な方でした。

自分もそのようにいってもらえる人、そして伝えられる人になれるよう頑張らないといけません。

その後、切り込み隊長H氏の活躍で自分がとまっているホテルの裏にあるバーで宴会。
結局3時くらいまで飲んでいたのかな?いやぁ、コンベンション、って感じです。

明日は野球観戦。

いや、ちゃんとレクチャーもでますって。。。

アトランタ到着

朝の1時30分に家をでて、昼の2時30分ごろ(とはいっても時差が1時間ある)到着しました。結局13時間かかった模様。途中工事渋滞もあったのでしょうがない。とはいえ自分は寝ていただけなので全くもって関係ないですがね。

まさに付いた瞬間に、某私設ATグループ幹部(っていうとものすごく怖いところの人みたい)のM氏から電話連絡。あまりのタイミングの良さにどこかでみはられているのかとおもいました。

そしてその電話を切り、荷物を運んでチェックインしようとすると

「は?なにやってんの?ここなの?」という聞いたことのある声。

目の前に入ってきたのはJ氏。いやぁ、偶然。
アトランタについてほんの数分で楽しくなっちゃいました。
レジストレーションをするためにコンベンションセンターに迎い、登録をしようと列に並んでいると受付には日本人らしき女性が。彼女も前述の某団体メンバーN氏、通称F。

文字だけのやり取りしかしていなかったので、お顔を拝見したことは無かったのですが、勇気を出して「Fちゃん?」となぜかコードネームで声をかけて、コンタクトを取ることに成功。きっと「だれやねん」とおもったことでしょう。

その後もほんのちょっとあるいているだけで懐かしい面々に遭遇。

これだからたまりません。


こちらについてからコンベンション会場で貰うものもらってからぶらぶらと移動して夜のReceptionという名の水族館見学へ。

しかし中は込みこみで、「こんなにATっているのかよっ!」と突っ込まずに入られない状況でした。

こちらに到着してからはお久しぶりに会う日本人のトレーナーの方々と常に連絡を取る感じで、明日からがまた楽しみです。

少し早めに飲みに出たのが功を奏して並ぶことなくバーに滑り込み、丁度出て行きそうな人達に声をかけて座席を譲ってもらいちょっとゆっくりすると、お店のオネエちゃんが大量の食べ物をはこんできたので、

「そんなの何も頼んでないんだけど、、、」

お姉ちゃん「ここにいた連中は!?!?!」

「たった今でてったよ」

お姉ちゃん「さのば○っち!!」と言い放ち、セキュリティーに連絡して、ごっつい黒人が店から走り出していきました。犯人が捕まったのかどうかはしらないけれどなかなかおもろかったです。

初日、ということもあり適度にきりあげ12時には就寝。うーん、いい子だ。
明日からが本格的なコンベンション。

まじめにレクチャーにでますって。はい




IMG_0765.jpg

IMG_0766.jpg

IMG_0763.jpg

コンベンションへ

コンベンションに行きます。
目的地はジョージアはアトランタ
車で10時間強だそうです

朝というか、夜の1時30分に出発だとか

とりあえずちょっくら昼寝して備えようと思います

アトランタに行く方、会えるのを楽しみにしています!

わーるどかっぷ

みましたよ、きっと日本はすごいことになっているんだろうなぁ、と思いながら。

こちらは朝8時放送だったのでゆったりした気分で観戦

試合結果についてはものすごく沢山の、自分よりサッカーにずーット詳しい人が悔しい思いでかいているだろうからいいとして、それにしても審判ひどかったですね。

競技は違えど、審判活動していた人間にとっては気になるところがいくつもありました。ポジショニングもすごく悪いし、次のプレーがどうなるか、っていう判断が全くできていなかったと思います、あの審判。誤審も数え切れないほどあったし。あの審判はもうよばれないでしょうね。日本のゴールはあれ、ねぇ、、、

日本戦につづいてアメリカ、こちらも負けてしまいました

とはいえ、このあたりのアメリカ人誰も気にしてないようで、PTクリニックでその話題をしても

「もうはずかしいよ、チェコなんて聞いたこともないような国に3-0なんて」

1.まずチェコを聞いたことが無いのはおかしいだろ
2.チェコは世界第2位です
3.アメリカもランキング5位です
4.ワールドカップはまずリーグ戦からです
5.グループには他にイタリアとガーナがいます
6.イタリアも強豪チームです
7.アメリカにはプロチームがあります

などなど突っ込みどころ満載でした。

日本戦を見ていて、解説者が良く勉強しているなぁというのはどのスポーツを見ていても思います。おそらく日本の解説者は解説って言うよりは名前連呼したり、全然危ない状況なのに「まだダイジョブウですよ!」とかって意味も無く言っていたのではないかと思いますが。

中田、中村のことはやっぱり中心的に解説されていました

マルタ戦後の中田のコメントも紹介して、
「彼は前の大会の時もこのようなコメントをしてチームを奮い立たせるようなことをしていたけれど、彼が満足するような監督にめぐり合えていないんでしょう」みたいなこといわれていました。

確かにそんなの監督がどうにかしろ、って話ですもんね。チームを奮い立たせるのなんて。

あとはトルシエの時はシステマチックにガチガチだったのが、ジーコになって自主性を重んじるようになったことや、日本のサッカー自体がブラジルの影響を多く受けているのでブラジル色が強い、などなはなしをしていました。

なんにせよ、残り2試合。
厳しいことにはかわりありませんが、ぜひともがんばっていただきたいものです。


がきんちょばすけII

昨日は日本人トレーナーの方々とのオンライン上での会話中に突っ伏すようにいつの間にか眠ってしまいましたが、さすがにいつもにも増して偽善者の仮面をかぶるのには疲れがたまってしまっていたようです。

本日最終日なので9時に体育館に行ってみました
今日は11時までの短時間
最終日ということもあり実戦形式のものばかりだったのでなおさら時間の経過は早く感じました

別会場のトレーナーとも電話で連絡を取り合い昨日ピーピー泣いていた子達はどうしていたか、なんてはなしをしたんですが何のことはない、みんなぴんぴんしてました。ま、何も無いのが一番です。

最後の5ON5を2コートで行っているのをみていたら、うちのバスケ部ヘッドコーチが走りながら自分に向かってくるので

「なにか怪我があったのかな?でもずっとゲームを見ていたけどなにもおこってないぞ!?!?あ、もしかしたら彼女自身が何か必要なのかも」

と思い「何かいるの?」ときいたら耳元で

「Are you afraid of BATS?」

一瞬「BATSってなんだ!?!」ってパニック

怪我が起こったものだとばっかり思っていたけど、怪我でBATSなんて聞いたこと無いぞ、とおもったわけです。

で聞き返しました

「What? What is BATS? What about it!?」

そしたら

「You know Batman, right? It flies in the dark...」

なんて説明したので自分の勘違いにやっと気付きました

大体、バスケのキャンプ見てて、体育館の中にいて、ヘッドコーチにこうもりの話されるなんて状況初めてですよ

で、やっと何を言っているのかがのみこめたので、こうもりがどうしたのかと聞いてみると、どうやら子供達が試合をしているコートから3歩くらい離れたところのフロアにこうもりが

ぽつん

といるわけです

幸い誰も気付いていなかったんだけど、子供達がそれに気付いたらパニックになるから、つまみ出してくれ、と。誰にも気付かれないように、と。

まー、その場にいた関係者で男は俺しかいなかったからしょうがないんだろうけどねー、爆弾処理班かっつーの

で、彼女に導かれながらそのこうもりの居場所に近づいていったわけですが、彼女はここでも用心深く

「じゃ、私は何も無かったかのようにこのまま通り過ぎていくから後はうまく処理して。でもそのこうもりが飛んでいかないようにだけは気をつけてよ!」

こうもりつかむのなんてはじめてなんでそんなこと頼まれても知りませんって。。。

言っても始まらないので、ポリ袋を手に持って上からそーッとつつみこみましたよ。

でもピクリとも動かなかったので、すでに絶命していたようです。

なかなかない経験が出来ました、はい。

最後にTシャツももらってめでたし、めでたしでした。



がきんちょばすけキャンプ

授業とは関係なく「キャンプで働かない?」といわれたので働いてみました。

6-12Gradesの女の子の2泊3日バスケットキャンプ

つーかみんなでかいのねー

9年生で俺よりでかいのなんてざらですよ、女の子なのに

自分のやることはボーっと座ってけが人が出たら対処する、ってなもんでして結構暇だなー、とおもっていたらなんだかんだで後半はいそがしくなっちゃいました。

このくらいの年頃の女の子は「びっくり泣き」(ころんだりして、そのことに驚いて泣いちゃう)が多いから面倒ですいつもより2重、3重に偽善者の仮面をかぶってやさしいおっさんお兄さんに徹します

朝8時から夜8時30分まで、そして明日は半日。

子供達も体中が痛いといってますが、頑張れ若人。

ほんとはクラスメートとカヌーに行くはずだったんだけどね、この週末。キャンプがはいってたのすっかり忘れてておいてけぼりになっちまったい。

そんなんされたらねぇ、、、

早いものでPT rotationも2週間がすぎました。あと3週間。この様子だとあっという間に過ぎていきそうです。

患者さんにも覚えてもらえて、普通にTRで働いているのとなんら変わらない感覚。自分で色々とやらせてもらっています。

ただTRと違うところは、患者さんに予約をすっぽかされたら電話をするくらいしか手段が無いということ。

チームに所属する選手であれば練習には来るわけなのでその時に捕まえるなりなんなり手段はあるけれど、クリニックに来る患者さんの場合はそういうわけにもいかないので、電話をして確認をする、という作業を担当PTはしているわけですが、大抵でないんですよね。

留守電にメッセージを残しても折り返してくるわけも無く。

今日の予約もすっぽかし(これで3回連続、ACL術後のみ)た患者さん、週明けに2回予約が入っているけれど、さすがに今日の留守電には「これ以上こういうことがあるとこちらからキャンセルさせてもらうことになります。他の患者さんにもこの時間帯は必要なんですから」とメッセージを残していました。

頭が痛いところですね。

でもきっとこの患者さん、ドクターの診察には来るんです。
そして当然のようにROMもStrengthも回復していないだろうから、そうすると担当PTがしぼられるわけです。

フコウヘイダヨ

さすがアメリカ

前にもチラッと書いたけどCSCS(Certified Strength and Conditioning Specialist)を受けようと思っているんですが、受験料高すぎ。会員になると20ドルくらい安くなるけどそれでも結局400ドルくらい払うことになるんだもの。

くわえて日程と試験会場の都合がなかなか付かないし。

おそらく一番都合がいいのは8月中旬に隣の州で、っていうのがあるけどうーん、、、

NATAのコンベンションが来週に迫ってきていますが、うちの学生トレーナーの会の新プレジデントから留守電がありまして、相当あせってパニックに陥っている様子。

話しを聞いてみると、「NATAは小切手を受け取っていないし、あなたの学校からは誰も登録されていない」っていわれた、と。

自分が会計なので、小切手を作ってそれを卒業した前プレジデントに渡して、彼女が全てを取り仕切る、という形だったんです。でも届いていないわ、その前プレジデントにも連絡付かないわでてんやわんやになっていたようなんですが、調べてみたらその小切手(2枚、別々の日に郵送)は同じ日に引き落とされているので、「絶対やつらは受け取っているはずだからもう一度確認するようにいってごらん」と言ったところ、その日の後になって

「受け取ってたって」

との連絡。

ほらみたことか。

こんなずさんなことやっていてもお給料貰っていけるんだからお気楽なもんですよ、ほんとに。

リビングとPNF

本日夜、ルームメートとその彼女到着です。これより共同生活の始まりでございます。

そんな自分達がシェアする空間、リビングとキッチンはこんな感じ

IMG_0756.jpg
玄関から
IMG_0757.jpg
キッチン
IMG_0760.jpg
キッチン側から、奥にある大きな窓の先はバルコニー
この写真のちょうど左手、玄関正面がそれぞれの部屋、という感じ。
広さ的には充分ではないでしょうか。

元々1BRからの移動なので、リビングエリアは少し寂しい感じがしますが今後どうなるでしょうか。

PT rotationではキャンセルが相次いだので空いた時間を使って肩のPNFについて教わったり、彼の今後のプランなどについて話をしてもらいました。なかなか有意義でありがたかったです。

明日は再び午前。
今度は寝坊しないようにしないとね、いやほんとに。


部屋

自分の部屋はこんな感じになりました
IMG_0752.jpg
ドアを開けて正面
IMG_0753.jpg
入って左
IMG_0754.jpg
入って左斜め前
IMG_0755.jpg

部屋の左隅から。奥にあるのはウォークインクローゼット。

とまぁ、生活観溢れるかんじになっとります。
まぁ荷物まるまる移動しているわけだからそりゃそうですね。

一段落

とりあえず片付け終了しました、っていうかもうこれでいい。
あとは気付いた時に少しずつやります。

やっぱりある程度のなれというのはあるもので、台所でどこに何をしまったか、というのは前の場所を探しちゃったりします。

どこにこれだけのものが一体あったのか、と思ってしまうような感じでしたが自分の部屋はともかく、リビングはなかなか寂しい感じに仕上がりました。とはいえ、ルームメートが来てしばらくしたら物は増えていくとは思うけど。

自分の部屋のレイアウトは前とほとんどかわりません。あえてかわったといえば本棚が壊れたので、別のものを使っていることくらいかな。

近いうちに写真アップします。

今日からルームメートではない、もう一人この夏からプログラムに入るT君が我が家に滞在。アパートを見つけるまでここにステイという形です。

学校にも日本人がNCNの関係で20数人来たという話なので、日本人がFayettevilleにも増えていっているようです。

もーむり、、、

きょうも朝からえっちらおっちら

どこにこれだけの物があったんでしょうってくらいです

朝起きた時はもうふくらはぎすでにつりそうでした

それでもきょうは大きなものを運ぶためにNさんに手伝っていただいたのはとてつもなく大きかった!

自分は大きな本棚とベット、カウチを手伝ってもらえれば、と思っていたのだけれど、その後も何往復かお付き合いいただいて、その後は冷蔵庫の中身整理やら掃除やらをして全てを新居に移したのが3時ごろ。

それからが予想以上に大変

出したものを今度はしまわなきゃいけない

しかも手伝ってもらって運んできた5段の本棚は、ベットルームに付いた瞬間壊れて崩れ去りました、、、さすが安物

釘で補修しようと試みたけれどもう素材がもろもろになってしまったのでゴミ箱行き。それなら運び出すときに壊れてくれ、と本気で思いました。

片付けの方は8割くらい終了。時計をみたら夜の9時。
もう無理、ということで今日はあきらめて寝ます。
ほんとくたくたって言うのはこのことですね。もう2度と一人で引越しなんかしないと心に固く思ったわけでした。

でも来年卒業だからまたにも包めてなんだし無きゃいけないんですけどね。結局毎年引っ越してるよ。

お引越し

引越し開始です。

とりあえず7割くらいのものは運び出しました。

えぇ一人で。

同じアパートの向井の棟とはいえ引越し先は3階

結局7-8往復、もっとしたのかな?

まだ台所、お風呂場は一切片付いていませんが、そこ以外の細かなものは大抵運び出しました。

明日手伝ってもらってソファー、ベット、本棚を運び出す予定

ダンボールが4個くらいしか手に入らなかったので、あとはスーツケースに入れて運び出し、中身を置いて再びスーツケースを利用する、という感じでえっちらおっちらやっておりました。

いやぁ、いい運動。

引越し先でテレビつないだらケーブル見れちゃったんですけど、これっていいんでしょうか。だまってたら無料!?

人生初、、、

やっちゃいました、豪快に

寝坊です、、、

今日もPTクリニックでの実習があったわけですが、前の日記にも書いたように最近寝付けないわけです。

5時30分には起きなきゃいけないのに眠れず、最後に時計を見たのは2時30分すぎ。そこからしばらくうだうだして眠ったのでおそらく3時頃に寝たんじゃないかと思うんです。

そして目が覚めたら8時過ぎ、、、

時計見た瞬間に"Sxxt!!"って叫んで飛び起き、担当PTに謝罪の電話をして、歯を磨いて5分後には車の中。6時30分には行ってなきゃいけなかったんですが、到着したのは8時30分。2時間の遅刻です。。。

小、中、高無遅刻無欠席で大学も遅刻したことない(大学の場合は朝練があったからという説もある)のに、ここにきてやってしまいました、、、

担当PTは「俺も初日に遅れたからね、これでおあいこ」っていって意に介していませんでした。いやぁ、ほんとありがたい。そしてごめんなさい。

朝はめちゃくちゃ強くて体内時計はかなり正確はずなんだけどなぁ、、、

 | HOME | 

Calendar

05 « 2006/06 » 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。