HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひっぱりだこ

今日もゆっくり起きて、のつもりが7時には目が覚める

どうにかしてくれ、この体

しかしすぐに行動には移らずベットの上でゴロゴロすること数時間

やっと活動しだしたのは午後になってから

午後は課題をやって自主的な勉強をしようと教科書、パソコンやらをかかえてコーヒー屋へ

そのまえに腹ごなし+なにもしてないのに気分転換ということでモールをぶらぶら

もうすっかり秋模様、人肌恋しい季節になってまいりました
寒いのは苦手です

そしてコーヒー屋に陣取り、いざ!

と気合を入れてパソコンをひらげた瞬間

友達からメッセンジャー


久しぶりだったしね
楽しかったのです
色々お話しました

このまま終わってなるものか!

と再び気を取り直して課題に取り組んでいたら

また別の友達からきたよ。。。


こうやって声をかけてもらえるのは嬉しいよ

でも本当にものの見事に時間差でくるんです

一人終わってまたつぎ、そしたらまた次みたいに

まるで全盛期の金田のようにちぎっては投げ、ちぎっては投げという感じ

結局課題もだらだらなまま帰宅

ご飯を食べてからよし!

と奮起したら

家でも一緒、、、

もうどうなってるの?

こんなに人気がある人じゃないんですけど?


あ!


いやがらせ?
スポンサーサイト

素敵な金曜日

朝はいつもどおりちょっと早めに起きてしまったんですが(←おじいちゃん現象)、今日は何の予定もない日!

いつ以来でしょう?たぶん2ヶ月とか2ヵ月半ぶりのDay off

そんなわけでぐうたらぐうたらぐうたらたら

パソコンを開けると数人の友達が入れ違いでメッセで話しかけてきてくれたのでながながとお話

そして昼寝

その後車のブレーキパッドをそろそろ替えたほうがよい、と友人から言われていたので修理屋に持っていき、見積もりの連絡を待っていたら

「まだ当分大丈夫」

ということだったので、再び家に帰りぐうたら

夕方からは大学の日本人会がポットラック(1品持ち寄りパーティー)を主催していたのでひょっこり顔を出したらNCNの学生が増えたのでそれはそれはぴちぴちした若者であふれておりました。

Mixiでうちの大学のコミュ主やっている(なにもやってないけど)関係で声をかけられたりもして。やっぱりネットってすごいのね、とおもったわけでした。

その後あまり食にありつけなかったので、数人とご飯を食べに出かけ、まったりと恋愛話に花を咲かせ帰途に着いたわけでした

いやぁ、素敵
こういう週末

Bye week

今週末はBye week,ということで試合がないので週末はお休み

多くの選手たちは実家に帰りひと時の休みを楽しみます

そのため、木曜日の練習はいつもより早くはじめ、短く終わり午後の4時には解散、というかたち

ということで自分たちもオフです

それなら、せっかくだからちょっと友達のいるところを訪れよう、と一瞬思うも忙しいようで都合がつかずお流れに

ということで夕方からボーっとしております

課題がひとつあるけど、どうにかなるでしょう

今まで休みないままきて、体調もおかしくなり、先日書いたようなこともあったので、課題をやるとき以外、この週末はATとはまったくかかわらない週末にしたいと思います

ねてやるー

やり方

考えたほうがいいよ、とおもった一日

昨日の一件で全体ミーティング、というよりありがたくもない独演会
45分

同じことの繰り返し

モチベーショナルスピーチのつもりなんだろうけれど、言ってることとやっていることが矛盾してますよ、おっさん

人のせいにするなっての。いい大人が

こういうものなのか?

昨日の頭痛もどこかに行き、今日は体調が久しぶりによかった一日。

そんな日に落とし穴はやってきます。

月曜日のMorning dutyのあと、アシスタントがすごい形相でかけよってきて

「○○(←自分が担当している選手、ひとつ手術が終わって、もうひとつ手術をうける予定)は落ち込んでるのか?」

っていきなり言ってたので

「Kind of(まぁねぇ)。今、痛みがあるときだし、誰だってその痛みをもう一度味わいたくはないから。。。」

といいおわるまえに(Kind ofといったところで)F bomb連発してどこかにいっちゃったわけです

それで一緒にいたクラスメートも「なんなんだろうね」

なんていっていたのですが、次の日に話をしたくても彼はオフィスにおらず、やっと戻ってきたと思ったらその選手を呼び出してオフィスで50分話し合い。自分も行ったら追い出され。

そんなことがあったので今日話をしに行ったら、そりゃーもう大変なことに。

「なんでやつが2つ目の手術のことを嫌がっていると俺に伝えなかった?何で落ち込んでいると俺に伝えなかった?」

みたいなことを延々と。

確かに彼はリハビリの途中で「あぁー、もうひとつ手術があるのかぁ」
とはいっていたけれど、それは本当に落ち込んで、というわけではなくて笑いながらいっていたことだし、リハビリにもとても真摯にとりくんでくれているからたいした問題ではなかったとおもっていたわけです。

確かに細かく口頭でアップデートしていなかった自分も悪いのかもしれないけれど、コンピューターにその日の状況は細かく残していてそれはスタッフ全員が見られるようになっているし、何より彼はオフィスにいないし、いたとしてもドクターや選手、コーチと話していて生徒と話をする時間などない。さらには最近ずっといらいらしていてヘッドや電話口でもどなっているし。

で、けっきょくなんでそんなことになったかというと

その選手の父親が電話してきたそうな

トレーニングルームに
手術をしたドクターに
アカデミックセンターに

息子が落ち込んでいる、と

何でそれを伝えなかった、と。そのせいで俺がどんな風にみられるかわかっているのか、と。

言っていることはわからんではない
でもまず、その父親がドラマチックになりすぎているのがひとつ
もうひとつは、緻密なコミュニケーションが取れなかったのは確かにあるけれど、あまり納得のいかない一言は

「なんで俺がお前に『○○はどうしている、と聞きにいかなければ行けないんだ?』」

の一言

確かに自分もいけないところはあったけれど、その姿勢はどうなんだろう?

今までその部分のリハビリをしたことがない学生に丸投げ
一切のアドバイスはなし(聞きに行ったら簡単なアドバイスのようなものはくれるけど)。
しかもその選手は別の手術も控えている

そういう場合、自分がそのアシスタントの立場だったら、オフィスに呼んで座って話す、ということまではしなくてもリハビリをしているのをみているのだからそのときに声をかけたり、話をしたりする。

まぁ、いろいろありますが経験させてもらっていることはありがたいところなので学生のうちは怒られてていいや、とおもって開き直ってます。

自分のいいところは認めてもらえているし、他の人と話をしていても自分に対して強く当たっているよね、って感じだし、自分がそういう状況にいるのも責任あることをやらせてもらっているから、というのがあるし。

ただ本当にその選手が落ち込んでいるのなら、それを汲み取れなかったのはショック。そういうのには敏感であるとおもっていたから。

でもちょっと疲れたのも事実だし、これがビッグタイムフットボールだ、というのだったら自分の将来の選択肢にフットボールはない。

おちつかねぇ

昨晩かなり疲れていたので早めに休んでいたら、どこからかドンドンとドアをたたく音

「うるせーなー、どこだよ、こんな時間に。さっさと答えろよ」

とおもっていたらドアをたたかれていたのはどうやらうちだった様子。

ルームメートが対応してくれたようで、その後自分の部屋のドアをノックされて告げられた内容は

「車が撤去されそうです」

先日帰国した彼女の車を預かっていたのですが、うちのアパートに止めるのはパーキングステッカーが必要だとのこと。前にそれで事務所にいくも「一人で二台はだめ」といわれたけれど、そもそも自分がこのアパートに入ったときにはそんな制約なかったというような話をしたら、

「まぁ、とりあえず大丈夫だからとめておいていいよ」

なんてあいかわらず適当なことをいわれ、自分もまずはWarningが張られるからそれがでてからまた考えればいいや、なんておもってたんです。

そしたら今回のこの騒ぎ

親切な下の住人(今まで一度も見たことも話したこともない)がたまたまTowingトラックが引っ張ろうとしているところで

「その車は上の住人のもののはず。今呼んでくるからちょっと待って」

といってくれたおかげで引っ張っていかれずにすみました。

でも突然のことだったので心臓バクバク

事情を説明したら事なきを得ましたが、「じゃあどこにとめればいいの?」とそのTowingのおっちゃんにきいたら

「隣のアパートの前なら関係ないからいいよ」

だって。隣のアパートの前って駐車場はさんだ真向かいだからほんの5メートルくらい離れたところ。なんだそりゃ。とおもいながらもそれですむならということでそっちに移動。

そんなこともあったからあまり寝付けず。

ちょっと前から続いている変な頭痛も気になって、なんともはや、な一日でした。

あっという間に時間は流れていきます。

再会と今後

試合明けの日曜日。昨日の試合は2OTになったので、今日は練習なしのトリートメントのみ。

まずは昨日使ったクーラーやボトルを洗います。

外はすっかり寒くなってきましたがこれはけっこうたのしい。

今日はサッカーも試合があり、対戦相手はVandy.
ここには去年までうちでアスレチックトレーナーをしていた人がいるので、再会を楽しみにしていました。

だけど試合の時間に自分はフットボールに行っていなければ行けなかったので、試合が始まる1時間ほど前に会場に行ってみたけれど忙しくしていて挨拶すらできない状況。結局時間になってしまい自分はとりあえずコンタクトインフォメーションを友人に渡し、そのATに渡してもらうように頼んで会場を後に。

フットボールが終わった後にもう一度戻ると今度はコンタクト成功。
うつったばかりで忙しくしているようでしたが、それでも気に入っているようでした。選手やスタッフにもすでに打ち解けているのはさすがだな、と。

彼女は自分のことをよく知っているので、Referenceになってもらうのに一言お願いしたくて待っていたのですがそれも快く了承してもらいました。

またフィールドでは、チームのコーチとも雑談
開口一番

" We need you to be back here, right now. When are you done with football?"

またいつもの冗談かとおもったら今回はマジ。

「いやいや、俺まだ資格持ってないし、次は高校だから」なんていったら

"Why? why? we really need you. Why you need to go to highschool?"

そんな押し問答

そうやって言ってもらえるのは本当にうれしいし、自分もここに戻ってきたいなぁ、とはおもいます。でもまだ学生なのよねー。卒業するまでまって。ってお願いしておきました。

昨年度大変お世話になったトレーナーがサッカーを担当していたのですが、彼の後釜を雇うことはやめたそうです。あまりよい候補者がいなかったというのがその理由。だから今年は残りのスタッフでカバーしあうとのこと。

うん、じゃあ自分が卒業したときに雇ってくれ。
そしてヘッドトレーナーに一言言っておいてくれ、ってちゃっかりお願いいしておきました。

彼に話しにいったのは、それが本当の目的ではなくて(近いけれど)フットボールで働いていて、やはり自分が経験したことのないものからなのか、スポーツとしてあまりのめりこめていないところがあるんです。

もちろん見ている分にはエキサイティングだし、すばらしい経験もつませてもらっているとはおもうけれどやっぱり自分としてはラクロス、サッカー、バスケ、野球のほうが面白い。

だから大学、プロ(アメリカ、イギリス問わず、彼はイギリス人)に誰か知り合いがいないか、いたら教えてほしいということをお願いしてきました。

はてさて、自分の道はどこに続くのかな



当たり前のことを当たり前のように

できる人は素敵だとおもうし、逆にそれができない人は「?」とおもう

人の目を見て話すことができる
挨拶をきちんとする
お礼、謝罪を心から言える

それって人間としてかけてはいけないことだとおもっています

スポーツの世界では、基本といわれることをおろそかにしていては決して先のレベルではやっていけない、ということ

今日の試合はそんな様子をまざまざと見せ付けてくれる試合でした

結果的にはOTで1点差で勝ったけれどラッキーの積み重ね、というよりは相手のミスで勝たせてもらったようなもの。本来なら8点差以上ついて負けていたゲームを拾えたことは大きいけれど、これからさきちょっとしんどいのではないでしょうか。

タイトルに関する内容のことがもうひとつあったのだけれど、愚痴になるのでやめときます。箸にも棒にもかからないどうしようもないアメリカ人の話です。そんなののためにいらいらするのももったいない。

台風を呼ぶ女

朝からちょっとした人の手助けをして、毎週金曜日恒例のTRのお掃除へ。毎ホームゲームの時の金曜日はみんなでTRの一斉掃除。掃除だけで終わるからとっても楽チン。

しかも自分はある選手のリハビリをしながらだからあまり掃除もしなかったし。くぷぷっ、、、でもその選手は肩のリハビリをしているので、壁掃除は手伝ってもらいました。うん、よいROMだったしScapulaもきちんと動いていたし。なんつって。

その後はアラバマで学生トレーナーをしている友人のAちゃんと連絡を取り、晩御飯へ。Aちゃんのほかに、もう一人日本人の学生がいるのは知らなかったのですが、紹介してもらって彼女も一緒にご飯へ。

そこではプログラムのことや実習先のことについて意見交換しました。学校によって本当に違いがあるのだな、というのが実感です。アラバマのほうがいいな、とおもうところもあれば、ここはうちのほうがいいな、とおもうところも個人的にはあり、というところでしょうか。

夕方くらいからものすごい雨、風のストーム

送って帰るときには前が見えないくらいでした。こわいこわい。

カレッジフットボールって中止ってありえるんでしょうか・・・
2時30分からの試合なので最悪7時まで順延、なんていうのはかんべんしていただきたい。

フラッグフットボール

Intramuralでフラッグフットボール大会が始まりました。
今日は女性だけのチームの試合でうちのプログラム生、そして何人かのACIも混じって試合があったのでみてきました。

やっぱりもともとアスリートだった人たちが基本なので、熱くなりすぎ。体あまり動いていない人たちもいましたが、もうほんと

「おまいらおちつけ」

っていうくらいな感じ。

いやぁ、アメリカ人だなぁ、、、とおもいました。
言っていることだけはは達者

フラッグフットボールはじめてみたけれどなかなか楽しかったです。
自分も一応男女混合チームに名は連ねているのだけれど2週連続雨で流れたのでちょっとやる気がうせています。

順延された試合は明日の予定だけれど、今、夜の12時で結構な雨が降り始めました。こりゃきっと明日もないな。

土曜日はアラバマとの試合ですが、どうやらその試合の時間当たりから大雨になる模様でございます。

まだまだ先は長いけど?

今週末、Alabamaとの試合をしたら12試合のうちの4試合を消化したことになり、なんともうアメフトの3分の1を消化したことになるんですね。ここからはまだまだ長いのだろうけれど、それでもあっという間なんだろうな、という感じです。

リハビリのほうは選手との関係もよく楽しくやらせてもらっています。まだ道のりは長いけれど選手があせらないようにやっていければな、と。

BOCの日程が出たようです。4月21,22日(土日)だそうです。残り8ヶ月。はてさて、どうなることやら。その前にCSCSがあるのでそっちの勉強しないといけないんですけどね、、、

TRでの暇な時間、ランダムな話から突然就職の話に。
そこで何の前触れもなく「お前はこの大学から絶対声がかかるよ」とクラスメート。そしてその場にいたほかの学生もその言葉に賛同してくれていました。特に女子側は今年2人いきなり抜けてその埋め合わせがまだできておらず、GAも正直なところ、、、な感じで大変なことになっている状況。

そういうこともあって、上記のようなことをいってくれているようですが、そうおもってもらえるのはありがたいし、がんばろう、とおもいますね。そんな甘いもんじゃないっていうのはわかっているけれど。

あと8ヶ月。

まだまだ?

それとも

たった?

振り返ったときに胸をはれる時間をすごしていきたいとおもいます

これはいやだねぇ、、、

朝の授業ではPNFについてやりました。基本コンセプトのおさらいですね。

徒手療法(マニュアルセラピー)はすごく興味があるので自然とやる気もでてきます。

実際リサーチでもマニュアルセラピーを施している人としていない人では回復の早さが違うんだそうです。やはり相手が気にしてくれている、というのを患者さんも感じるから精神的なものが肉体の回復にもつながる、ということなんでしょうね。

学校での教授法でも、できてもできなくてもいいからとにかく声かけをしてあげるのと、出来ないからといって完全にほうっておくのではその後の伸びがかわってくるんだそうです。

やっぱり人間、誰かに気にかけてもらいたいものですからね。

アメフトで実習をした後は、再び授業に。
本日のトピックはSTI(Sex Transmit Infection)、すなわち性病について。ちょっと前まではSTD (Sex Transmit Disease)っていっていたのがここ数年で移行してきているらしいです。

まぁ、そういうトピックなので色々な写真を見せられるわけですが、これはもう、、、あぁっ、、、

って感じです。

ご飯まえにやめてーーーーーーーーっ!!


っていうような。

本と、皆さん気をつけましょう。

夜ご飯はきっちりいただきましたよ、はい。
そんなやわではありません。

弱り目に祟り目

朝の授業はインストラクターと1対1のテスト、というか課題をやるだけだったので10分ほどであっさり終了。

その後バイトに向かうも担当者がおらず一度帰宅

それからTRにモーニングデューティーで1時間ほどトリートメント、といっても誰も来なかったのですが。その時少し送れそうだったのでFuculty parkingスポットにちょこっと置いといたらしっかりチケットきられてました。罰金50ドル。。。10ドルくらいだと思ってたのに、、、

一度お昼を食べに家に戻った後再びTRに行きリハビリ。順調、なのかなぁ。ちょっと停滞しているようなところもあるので今日は軽めにして様子を見ました。痛みは減ってきているので大丈夫だとは思うけど。

午後あたりから頭痛、なんでかなぁ、と思っていたらおそらく歯痛からきているのではないか、と。うーん、歯医者行かないといけないのかなぁ、、、高いからなぁ。。。もうしばらく様子を見ようと思います、がんばれ体。

健全なる肉体には健全なる精神

とはいいますが、またその逆もしかり、ということでやっぱり体調が万全でないとその歪というのはあらわれてくるもの

なんだかんだとばたばたした日々をすごしてきて、その疲れがたまったところで風邪を引き、それを引きずったまま遠征に行き、帰ってきたら大雨の中で肉体労働をして、、、となったのでまだ完全に抜け切らないままきてしまったので、イマイチ本調子ではないので、気持ち的にも少しゆがんでいる今日この頃です。

まぁその気持ちの問題は自分だけの問題ではなくて周りの人間性だろ、って話もあるんですけどね。

心はいつもおだやかにぃ~

宿題やってさっさと寝ることにします

日本は台風が大変だったようですが、ここアーカンソー、フェイエットビルも大風大雨でした

試合、そして帰途

本日自分以外の学生は5時30分にスタジアムに向かいセットアップ。自分はホテルに残り、選手にモーニングコールかけたり、その他雑用役。おかげでみんなより小1時間ほど多く寝かしてもらいました。しかも朝ごはんもしっかり食べさせてもらったし。むふっ。

Vanderbiltのスタジアムを見た印象は

「ちいさいなぁ。。。」

おそらく3万から4万人程度の収容人数でしょうか
ああいうのをみるといかにうちが甘やかされているのかがわかります
対費用効果でいったらぜったいうちのほうが数倍効率悪い

IMG_2793.jpg

仕事中にこっそりとってみました。

しかも2連敗ということもあり、そのスタジアムも埋まりきらない状況。ちょっとかわいそうな感じでありました。

試合のほうは、あいかわらずうちの甘さが目立ち、終始やられっぱなしな感じはありながらも、相手も同じようにミスを重ねてくれた大味な試合となり残り1分で2点うちがリードしている状況。

最後の最後にまたうちがミスして、あいてが30ヤード付近からのゴールキック。それが入れば3点入るのでバンディの逆転勝ち

けったボールは自分の見ている位置からはゴール!

だったのだけれど実際はそれていたようで、他力本願な勝ちを収めました。まぁ、勝ったから良しとしましょう。でもこんなんだったら来週のアラバマ戦は厳しいでしょうねぇ、、、

それでも一応勝ったので気分よく帰途、とあいなりました。
ばたばたしたテネシー遠征も終了。あー、勉強しないと、、、

そして荷解きはパッキング以上に嫌いなことが判明

いざテネシーへ

今シーズン初のロードゲーム、そして最初のSECカンファレンスゲーム。
相手はVanderbilt。試合前予想は少しうちが優勢だったけれど、ほぼ似たような状態。昨年はうちがホームで敗戦している相手です。

ここで勝つか負けるかでこれからの様相が大きく変わる試合でもあります

ちなみに相手のVanderbiltは2試合行って2敗、そのうちのひとつはカンファレンスゲームなので、こちらも負けられない、という状況。

朝の7時45分に駐車場に集合し、バスに乗り込み移動。

テネシーのナッシュビルまで飛行機で約1時間です

アメフトの選手だけで80名ほど、それにコーチ、スタッフ、あとなんかようわからん人たちの総勢120名くらいで移動。

バスも観光バス見たいのが4台、警察に先導されてすすみます。

そしてそのまま飛行機に横付け
その場でセキュリティチェックをうけて搭乗し、降りるときも同様にタラップ降りたらそのままバス、という感じで非常に楽チン。

こんなの大学生ごときがやってたらそりゃいい気になるわ。
でもmillion dollar businessの中核にいるのも彼らなんですよね。うーん微妙、、、

IMG_2794.jpg
ちなみにこんな感じです

そして防具や、その他一切合財の必要な用具はトラックにつめられて前日に移動となってます。こんなトラックです。
IMG_2771.jpg

こういうのをみるとスポーツにかけられているお金というものを考えさせられます。

だって今回自分たち学生も帯同しているわけですが、一泊で実質当日の夜ご飯分だけで一人頭50ドル支給され、部屋も二人部屋だけれど一泊220ドル、そして飛行機、食事代、などなどなどなど。。。一回の遠征でいったいいくら使っているのか、、、という感じです。ものすごく無駄に思えるところも多いのだけれど、それがBig house footballなのでしょうか。正直あまりそういうところは好きではないです。

お昼にはスタジアムについてウォークスルー、と入っても自分たちは何もすることはなく、ボーっとしてホテルに戻りました。しかも夜のトリートメントもないから自分たちは完全ふりー。ということでVandi出身の1年生に街に連れ出してもらい食事とお酒を楽しんできました。

NFLチームタイタンズのスタジアムがすぐそばにあったのですがそこから花火が上がっていたのでしばし鑑賞。

ビルの谷間から見る花火というのも乙なものでした
IMG_2776.jpg

風邪の次は

風邪はおかげさまでだいぶ回復しております

ちょこっと鼻水が出るのと、夜になるとすこしボーっとしますが大体治った感じです

明日からは遠征ですし、万全にしていかないといけませんからね!

なんておもっていたら今度はですね、どうやら左の上の奥歯が急に痛み出しました

なんていうかぁ、、、そのぉ、、、

この年にもなって

虫歯?

舌でさわると

ベコッ

ってへっこんでます

ずきんずきんしてます
冷たいものとか飲むと痛いです

なにやってんだろ、、、

明日の遠征は朝に出発して土曜の夜には帰ってきます
試合が11時からとはやいので

だから1泊分のパッキングなんだけれど、ちょうどよい大きさのかばんがないんですよねー。

帯に短し襷に長し

そんな感じで無理やりつめこんでいます

回復中

風邪のほうは昨日のビタミン大量投下のおかげもあってか、大丈夫になりました。夜になると少し頭がボーっとしたけれど、そこはまーなんとか。

何とかは風邪引かないっていいますが、自分はその「なんとか」じゃなかった、ってことで結論付けたいと思います。

夜はクラスメートの家に御呼ばれしてご飯をご馳走になったのですが、自分は白米を炊いて持参。いざ家を出ようと思ったらルームメートからSOS.バッテリーがあがってしまった、ということで救出に行ってきました。

でも自分ぜんぜんくるまのことわかんないんですよねー

ということで尋ねる予定だったクラスメートも二人つれていってきました

ジャンプスタートしたらおーるおっけー

その途中、自分のぼけっぷりで火花も散らしましたけどね

もー笑いの耐えないトラブルシューティングでした。

つーか、あれだね、俺何の役にも立ってない。
まーそれはそのー、ねぇ、、、あれがこーなって、そーなるっていう感じで。

その後、そのクラスメートの家に戻って、L-wordというこちらのドラマのDVDをみました

話を要約するとレズビアン達がくりひろげるドロドロした愛憎劇

ご飯時にみるもんじゃなかったです、はい。

日本だと男性同士のゲイはよくみたけど、レズビアンはあんまりみなかったけど、やっぱり多いんですかね。

言っておきますが、自分はストレートです。
これでもかってくらいに。

流行りもの

流行しているものにはしごく鈍感でエビちゃん、とか言われても何の話しているのかわからないくらい、オヤジっぷりを日々進化させている自分ですが、これにはしっかりついていったようです

風邪

なんか朝起きたらのどがイガイガしているんですよね

もう周りの人も調子崩している人ばかりだから

「あーついにきたか」

っていう感じではありました

とりあえず葛根湯とビタミン剤を投与

そしてTRで選手用においてあった果物をもぐもぐ食べて栄養補給

家に帰れば野菜ジュースをパイントで3杯飲んでみました

今週末は遠征だからきちんと治しておかないといかんのです

看病しに来てくれる人、大歓迎です

ま、こんなもんです

本日、5回目の911.こういうときでもanniversaryっていう言葉を使うんですね。日本ではめでたい席にしか使われないから少し違和感を覚えます。

今日も一日クラス、実習ですごしたけれど911のことを口にした人は誰もいません。やはり地域の問題なのでしょうか。

政治的なことを書いても知識の浅い自分が書けることは大してないので書きませんが、お互いを罵り合って、人の命を犠牲にする前にできることはあるのではないか、と思います。

そういっているだけで時間は過ぎていくのだけれど。

授業でIsokineticの復習、ということでCybexを再びやりました

60度と180度で計測
60度はStrengthを180度はEnduranceを計ります(すっかりわすれてたけどね~)

60度でのRep数は5回、180度は50回ということで僕がクラスのために犠牲になりました。いつものことです。

でも自分、こういうのの実験台になるのは嫌いじゃありません

でもね、お願いセットアップはちゃんとして。。。じゃないと僕こわれちゃうから。

最初は60度で5回だって言っているのにいきなり180度の50回させられて、その後にStrengthなんて正確な値出るわけないじゃないの。

しかも自分が50回やったあとつかれきってたらほかの連中(自分以外に2人ほどやった)20回とかしかやらんし。。。まーいーんですけど。

きわめつけは肩のCybex.もちろんここでも実験台。
Internal rotation(腕相撲で勝っている状況の腕の位置)の強さを測るということで縛り付けられた後、スイッチをオン。

ひじをまっすぐ立てた状態から始まり、腕がどんどん中に入っていきます

30度
40度
50度

ふふんっ、よゆー

80度
90度

あれっ???そろそろとめるよね?

100度
110度


自分「これいつ止まるの?っていうかお前いつとめるの?」

と機械をコントロールしていた奴に問いかけると奴はこう答えた


「えっ?自分で動かしているんじゃないの?」

その一言に周りにいた人間、そしてインストラクター相当びっくりして
力づくで機械を止めてました

だってそうしないと自分の肩ぐるんっ、って180度まわっちゃうところだったんですもの

頼むよ、おい。

やるのとやらされるのと

日曜日ですからねー、そりゃ疲れもでます。
昨日は試合が6時からで早かったから10時過ぎにはTRをでることができたけれど、ひょんなことから日本人の友人の家におじゃますることになり、小1時間ほど過ごしたため、起きたときは自分も少しお疲れでした。

TRにはリハビリをするので2時にいけばよかったのに、そんなときにでも8時前には目が覚める自分の体がちょっとにくい

結局おきてやったのは少しの勉強と、最近機嫌が悪くなっていたパソコンを再セットアップしたために再度設定しなおすのに面倒なことになっていました。

リハビリのほうは順調、なのかな。日々良くなってきているから大丈夫なんだと思うけど、一応注意はしないといけません。それでも相手側が信用してくれているし、文句も言わずにきちんとやってくれるのでそういうのは助けられています。

去年女子側にいたときもそうだけど、自分が担当する子達ってみんな一生懸命やってくれるから楽なんですよね。もちろん自分がやらせてもらっているのだから、その子たちにとって最大限プラスになるように自分としては考えてやっているつもりだけれど。彼、彼女たちに助けられることも非常に多いです。

結局「やらせる」よりも彼らが自ら「やる気になる」方が効果はくらべものにならないくらいあるから

これは教員時代に思ったことと一緒だったりするんです。
どんなに学力を上げさせるためにやらせても、もしくは仮に自分が世界一わかりやすい授業をしていたところでも、生徒が自らやる気になったとき、世界一の教授法なんかとはくらべものにならないくらい子供たちは結果を出していきます。

だから一番大切なのは

「どうやったら当人をやる気にさせ、それを持続させるか」

っていうところ。

難しいけれど、そういうことをきちんと考えられる一人のclinicianでありたいな、とおもいます。

アメフト第2戦 vs Utah State

いぇーい勝利!

20-0で余裕がちでした

teamvsutah.jpg

最初はかなり浮き足立っているところもありましたが、相手に助けられて(相変わらずうちのミスも多い)力は劣る相手だったのでどうにかもちこたえたかな、という感じ。ディフェンスコーチは切れまくっていましたが 笑

USC戦での惨敗から、格下といえど万が一は許されない試合

この試合の収穫はTrue FreshmanのMitch Mustainの大学初スターターデビューがうまくいったこと

怪我で出遅れていて、本来今年スターターQBになるはずだったCasey Dickがゲームに復帰したこと

そして何よりDarren McFaddenの完全復活!
darrenvsutah.jpg
20回のトライで184ヤードゲイン。そして2TD.そのうちのひとつは50ヤードくらいを疾走したものでした。嬉しかったと同時にものすごく安心。よかったよかった。

来週はVanderbiltに遠征、自分も帯同します。
その次の週はホームでアラバマと対戦。自分のトレーナー友達もやってくるので楽しみです。

感謝

ほんの少し前まで、こんな風になるなんて思ってもいなかった
一人の人間が及ぼす影響がこんなにも大きいなんて

人は人を必要とし、必要とされるだけで強くもなれるし優しくもなれる

ありがとう

こんな所あったんだぁ

木曜日の練習は比較的軽めで短め

そんなわけで練習後に食事をしにくるまで30分くらい離れた所へいってきました

はじめていく所だったのですが「すぐわかるよ、高速降りてすぐだし、レストランとか並んでるからすぐわかる」

なんていわれたんですが、全くわからず結果小1時間ほどさまようことに

あきらめて他のお店に入ろうとして小道に入ったら

あったよ、、、

いのうえよーすいも歌ってましたよね、探すのを辞めた時見つかることもよくある話で、って。

最初はイタリアンに行く予定だったのですが、お店に入ってみたらものすごくふっつーのファミレスのにおいがぷんぷんしたので急遽変更、ルイジアナ料理のおみせにいってきました

おいしかったです

満足満足

記憶力減退

何したのか全く覚えていない、、、

なんかおもしろいこととかあったよねぇ?
ねたになるようなこともあったよねぇ?

。。。

。。。。

。。。。。

覚えてない、、、

練習はフルパッドで長いことやってたのは覚えてる

でもそれくらい

あ、夜DVDみた

Elizabeth town

オーランドブルームと人気のあるお姉ちゃんの自分探しの映画

でも最近の映画って元々が長くとっていてそこから強引に編集していくから

ぶつっ

って切れている感じがしてしまうのは自分だけでしょうか

あ、なんかおかしい

IMG_2762.jpg


ゴールポストが何者かによって倒されておりました、、、

働き者なんていないのにLabor dayでおやすみな月曜日
ま、休みなんてないんですけどね

牛タン祭り

ウォルマートで牛タンが売っていたので購入、1本6ドル50セントほど。

久しぶりにやりました牛タン祭り

タン塩
煮込み
焼肉のたれチャーハン
海草サラダ

もー、さいこー

日本人でよかった

手のひら返し

昨晩の惨敗模様が重いままはじまった日曜日

TRでも新聞やテレビでのARのふがいなさを報じるものが多く、落胆する雰囲気

それに追い討ちをかけるようになったのは昨日スターティングQBとして出場した選手、Robert JohnsonのWR転向

彼は去年もスターターとして出場していたけれど、判断力があまりすぐれておらず、パスするよりも自分で走っていってしまうタイプで、QBとしての資質は?であったのは事実

本来、今年はサブになるはずだったけれど、1番手の選手が怪我で出遅れているので、くりあがり、、、という感じでした

ただプレシーズンでは良い練習をすごし、コーチ陣も周りのサポートを得ようとポジティブな発言をして期待をあおっていたのですが、昨晩の試合ではホームなのにブーイングを浴びる始末。そんなのはファンでもなんでもないとおもうのですが、彼にとっても大きな意味のある一日だったのではないかとおもいます

かわりにエースに繰り上がったのは1年生のMitch Mustain

いわずと知れた高校全米No1QB

まだ早い、といわれながらも昨日の試合では終盤に登場し4連続パスを成功させ、最後は自らが走りTD

その後のプレイではインターセプトもされてよいところ、悪い所をみせましたが、ARは彼をエースにして、今年は心中、そして育てていくようです。

でも本当のファンならチームが苦しい時、選手が苦しがっている時にブーイングではなく応援してあげて欲しい、そう思います。

あがってさがって、べっこりへこむ

ついにやってきましたUSC戦、そしてフットボールシーズンの開幕

もう街はお祭り騒ぎです
試合は夜の7時45分からだって言うのにお昼頃からテールゲートやっている連中も多いこと多いこと。この地域には本当に娯楽がないんだなぁ、と実感させられます

自分達の集合は3時30分だったのでそれまではお世話になっているNさんのご子息H君の2歳の誕生日会にお邪魔してきました。もーかわいー。

渋滞が気になったので少し早めにおいとまして、仕事へ。

開幕戦で7万5千人以上の集客がみこまれるということや、やはりこの街の様子から気分も自然と高まります

自分の気になる所はやはりリハビリを行っていた選手
5番、Darren McFaddenが試合に出るのかどうか、そして試合でのパフォーマンスは、、、というところでした
vsUSCmcfadden.jpg
この選手

結果としてはスタメンとして出場し、1試合通じてプレーをしました。まだまだ完全、とはいえないけれどまず開幕戦に登場できたのは大きな意味があったと思います。良い走りもいくつか見せていたので本当にそれは嬉しかったです。

これに関連して地元紙でインタビューを受けたものがこの日に記事になり、スポーツ欄の一面になりました。自分の写真はないのですがスペルミスもなく自分の名前がちゃんと入っています。こういうのをみると「あー、やっぱり注目されている選手なんだなぁ」とおもいます。ちなみにESPN主催のハインズマン予想では全米25位以内に入る選手です。プレシーズン棒にふったけど。

The Morning News

試合のほうはうちのミスがあいつぎ、相手に楽をさせてしまった、というのが正直な所。そういうミスを逃さずものにする所は常勝チーム、というところでしょうか。最初は良かったんですけどね。
vsUSC1.jpg vsUSC2.jpg


自分は、、、というとアシスタントにシャドーとして付いていたのですが、ちょっとした緊急事態のときに彼の言っていることがはっきりとわからず、確認をしたけれど、意思の疎通がはっきり出来ないまま彼の思っていることと違うことをして試合中に怒鳴られ、その後は無視され、最後の最後にも彼の言っていることを聞き返したらあきれられる、ということになりべっこりとへこみました。

まー自分も悪いんですけど、試合の流れに一喜一憂して感情を優先させるのもどーかなー、って思う自分もいます。まー今後の血肉としようとおもいます。でもあんだけへこんだのもひさしぶり。

つーことで試合内容やそんなこともありそーとー疲れた一日でした

試合前日

明日はいよいよフットボール開幕戦
相手はあのUSC

なんだかESPNではUSCはあれだけのスター選手だったライナートとブッシュがいなくなったことと、アーカンソーのホームであることからアーカンソーにも充分チャンスがある、なんていっていましたがはてさて、、、

TRは本日掃除のみ、ということで楽楽でした。

明日は試合になればいいけれど

 | HOME | 

Calendar

08 « 2006/09 » 10
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。