HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮装大賞

というわけでハローウィーンです

日本ではまったく持って興味が無い行事だったけど、今思い返してみたら小学校のときはハローウィーンのとき、みんなで仮装していたことを思い出した。
こじゃれた事する学校だったんだなぁ

今回も適当に過ごそうと思ったら、クラスメートの家にみんなで仮装して集まることになり、それでも適当にごまかして顔だけ出そうと思ったらそうは問屋がおろさない、と。

ということで何にしようかなぁ、と考えていたわけです

昨年は何していたのか覚えていませんが、おととしはアフロにひげ、金のネックレスと赤いグラスのメガネをかけて60年代ヒップホップスター気取ってみました。結構好評、というか最初自分だとは誰も気づかなかったです

今年はクラスメートの思いつきでシャワーになってみました

カラテキッドで主人公がぼっこぼこにされるシーンで、主人公が着ていた奴です

それをわざわざクラスメートとそのお母さんが作ってくれました

感謝

写真は今度乗っけますが、おおむね好評でした

こっちの子は猫とかになるけど、あれってずるいと思う

だってかわいいんだもん

そんなわけでいくつになっても仮装を楽しむ、っていうのも悪くないものだなぁ、とおもいましたとさ
スポンサーサイト

テスト前になるとやってもないのにすべてわかったつもりになるのはなぜだろう

そんなわけで、明日テストなんですがあまりモチベーションがあがらないまま過ごしておりました

クラスメートと勉強しようとあつまっても明日のハロウィーンのコスチューム作ってみたり、恋愛相談になったり、良い子にはいえないようなあんな話やこんな話になってみたり。

そんな感じのテスト前日でした

本日も練習キャンセル

トラックから荷卸してしばらくしたら練習キャンセルのおしらせ。」

いぇーい

この調子で勝ち続けてずっと日曜の練習をなくしてくれぃ

練習の後はちょっとしたお話会(お説教)

ま、そりゃあんなことしてたら怒られるわ、って感じだけれど怒られている当人たちが気にしてないから困ったもんだ

時間が余った後は勉強会と称してクラスメートとうちで課題を済ませるも、その後テスト勉強までは続かず、、、

そんな感じでテストは火曜日です

ぶっはー☆

帰ってきました・勝ちました・疲れました

10月最後の試合

対Louisiana Monroe



。。。



どこ?


とまぁそういう学校との試合だったわけです

相手を甘く見てかなんなのか(当然といえば当然なんだけど)、アップのときから集中しきっていないのが丸見えでした

「こりゃー、いかんぞぉ。ひょっとしたらひょっとするぞ」

なんておもって試合開始4分くらいでTDきめられました

コーチ怒り心頭

その後は普通にプレイしていればまったく問題の無い相手だったので最終的には30点差くらいつけて勝ちましたが、11月の大事なSEC戦が続く試合に不安を残します。

試合が終わったのが9時30分頃

そのあと大急ぎでトラックに荷物を積んで3時間バスに揺られて帰ってきたわけですが、疲れた理由はそこにも。

アメフトの遠征試合のとき、かなりの備品を持ち込みます。それを試合終了直後から勢いよく積み込んでいくわけですが、フィールドにおいてあるものは比較的重いものが多いのです。

この業界にいる人はわかると思いますが、女性と男性の比率はおなじかもしくは女性のほうが少し多いくらい、なんていわれています。日本で聞くと意外な感じかもしれませんが実際うちのクラスも男は4人、女10人と女性が多い。下の学年も女性のほうが多いです。

それは決して悪いことではないと思います。どちらにも長所短所があるものなのでそれをお互いに協力して補っていければよりよいものができると思うから

それでも「女だから」というのを理由にしてなのかなんなのかまったく積極的に荷物を運んだり片付けたりをしないのはどうだろう

男のほうが力があるのだから男が率先してやるのは当たり前です。そういうスタンスの元言っているのですがそれにも限度というものがあります。

Equipmentの女の子たちは走り回ってATの荷物よりも重いものを片付けていきますが、ATの女の子たちは軽めの物を一回運んだらそれだけ。

重いものは最初っから目もくれません
重いものが運べないのであれば(重いものといってもキャスターがついているものがほとんど)、他の細かいところを片付けていけばいいのにそれもしない

たいていそういう場に出くわすのは自分ですが、自分が運び出すときにも手伝おうともしない

そもそも俺はいったい何往復したんだ?

フィールドにあるものを片付けた後はロッカールーム

試合後のロッカーは選手がシャワーを浴びていたりするために、全裸で歩き回っている状況だから女性がロッカーに入れないのはわかります。それ自体は何の問題もないとおもう。女性がロッカーにいることで選手たちもやはりUnconfortableにはなるから。(まぁ気にしない輩もいますがそれはそれで別問題)

だから男が中に入って持ち出す必要のあるものをドンドンだしていくわけですが、それを外で引き継ぐでもなくボーっと雑談しているのはどうだろう?言わないと動かない。言っても一回やったらどこかに消える

あげくのはてには、みんなの通路になる部屋のドアをしめて、のうのうと着替えだす。そのせいでコーチ、選手、スタッフみんな足止め。

荷物搬出の最中に着替える意味がわからない
みなの通路になる部屋で着替える意味がわからない

着替えなんて選手やスタッフが出払ってからすればいい、そんな時間のかかることでもないのだから。

百歩譲ってそんなに着替えたいのであれば少なくとも場所を考えるべき

女性トレーナー、みんながみんなそういうわけではありませんもちろん
すばらしい方々もたくさんいるし、こちらが見習わなければいけない点というのもたくさんあります

そういう人たちを知っているから、よりいっそう残念です
こういうことをしている人たちが減らなかったら、男性スポーツで働く女性ATの立場向上には相当の時間がかかってしまうようにおもいます

出来ないことは弱さではなくて、それを認めたうえで「では何はできるのか」。それを考えて行動することによりその弱さは強さにかわる。

そういうものだとおもいます

遠征先のホテルです

昼の11時ごろにFayettevilleを出発し、2時過ぎにLittle rockに到着。3時過ぎにはWalk throughがおわって、4時過ぎにホテルに入り自由行動。ぶっちゃけじぶんらスタッフは試合当日の昼に会場入りでいいんじゃないかと思います。

泊まっているホテル、2人で220ドル+ミールマネー一人当たり約50ドル

いや、本当にスタッフとまる必要ないから、特に学生

そんな感じで学生諸君はホテルのバーで酔っ払っているようです

自分も少し飲んだけど、アメリカ人のようには酔っ払えません

Behave yourself, guys.

「ありがとう」

ありがとう、普段なにげなく使っている言葉ですが語源はこういうことだそうです(以下「語源由来辞典」より抜粋)

「有り難し(ありがたし)」は、「有る(ある)こと」が「難い(かたい)」という意味で、本来は「滅多にない」や「珍しくて貴重だ」という意味を表した。

中世になり、仏の慈悲など、貴重で得難いものを自分は得ているというところから、宗教的な感謝の気持ちをいうようになり、近世以降、感謝の意味として一般にも広がった。




今日とある動画をめにして、思わず涙してしまいました

そしてそれとは別の前から知っていた動画をもう一度みてみたら、今まで以上にきてしまい、昼間から声を上げて泣いてしまいました

今の自分があるのはそれを支えてくれている人がいるから
感謝の気持ちを忘れているつもりは無いけれど、それは本当に充分なのだろうか
今までしてきてもらったことに対して恩返しはしているのだろうか、、、

ありがとう

表面上の言葉だけではなく、心をこめて言える人間でありたい
言葉なんてそこに心が無ければ無力で意味の無いものだから

ありがとう

今まで色々と苦労や心配をかけてしまっているよね
ごめんなさい

それでもいつも支えていてくれて

ありがとう

ざっくばらんな今年の予定

今月最後の試合はここから3時間くらいの州都リトルロック

毎年2試合はそこで試合を行わなければいけない契約だそうです
一応ホーム扱い

試合が土曜日夜7時くらいなので金曜日の昼くらいに出発して、選手たちは近所の小学校だかなんだかで触れあいデーみたいなことを軽くして、ウォークスルーして、映画を見に行くんだそうです。映画は自分たちも連れて行ってもらえるけれど、いかなかったらそれだけ早くオフになるので多分いかない。

そして土曜日は試合が終わったらその足で帰ってくるので戻るのは日曜日の夜中の2時とか3時とか

次の週はSouth Calに遠征なんですが、この試合も夜の試合
そしてもちろん試合終了後に荷物まとめて帰路につくので、ARに戻ってくるのは同じく3時とか

2週続けてはきついっす

11月にも調子よく勝つことができればChampionships

学生全員は連れて行けないようですが、一応今のところそのメンバーに入っていることを知らされました

そして年末もしくは年明けのBowlゲームは全員連れて行ってくれるそうです。

そんな金の使い方するくらいだったら他のところにもっと使い道があると思うのは正直なところですが、連れて行っていただけるならついていきます、えぇ。

歯医者さん

重い腰を上げてやっと行ってきました歯医者さん

そんなにたいしたこと無いだろうと思っていたら、とっくに痛みを感じる段階をすぎていたようです

Pain toleranceが高いのも困ったものです

結局Root Canal(歯根幹治療。ようは神経をぶっこぬく)

麻酔を打たれたら2時間くらいいすの上で気を失っていました
最後の最後に神経を抜いたときか何かに激痛で起きましたが、

歯医者のいすの上で麻酔で眠らされたのははじめてです

というより麻酔の量多すぎ

家に帰って2時間くらい寝ても頭がボーっとしていました

歯のほうにそんなに痛みは無いのだけれど、問題は懐具合

アメリカの歯医者は高いといって言われていますがもう論外

残りあと2回行くのですが、合計金額は4桁いきました。

そろそろ腎臓を売る時期かもしれません(←冗談です)
友人にふざけてそんなことを言って見たら

「アキレス腱は高く売れるって聞いたことあるよ」

なんて素敵なコメントをくれました。

ちなみにクラスメートからは

「こりゃーもう、ゲイバーでストリップするしかないね」

っていわれました

心優しい友人に囲まれて僕は幸せです

もうカンパとか本当にしてくれちゃってもいいですよ。
さぁ、遠慮しないで

Relationships

日本にいる友人と久しぶりにSkypeで話しをしました
ウェブカメも使ったので顔も見ることができてとても楽しかったです
彼女と実際に話をするのは何年ぶりなんだろう
最近いろいろなことが重なって大変だったようだけれど、自分との時間が少しでも息抜きになってくれたらな、とおもいます

別の話になりますが、自分は良く友人同士(どちらも自分と友達)の喧嘩仲裁役になることがあります

それが友達同士であれ恋人同士であれ、第3者になって間に入ることをいままで良くありました。きっとそういう星の下に生まれているのだと思います。

当人同士のいざこざでそれを解決するために間に入って少しでもよい方向に向かうというのに関しては、どれだけ骨を折ることになろうとまったく苦にはならないですし、客観的に物事を捉えさせることをさせたら自分で言うのもなんですが適任だと思います。どっちの味方にもつかずにお互いの主張をまとめて、感情的にならずに伝えるから。

ただ、それが何らかの拍子に「自分が原因になってしまっている」場合は話は別。

たとえば男と女の関係であれば、変に勘ぐられて「俺よりもあいつと話をしているほうが楽しいんだろ」とか「私よりもあの人と時間を過ごしているのがおおいのはどういうわけ?」とか。

別に自分が何かをしでかしたわけではないのに、エキサイトしている者同士だからとばっちりをくらってin betweenな状況

これは疲れます

そうなったときはあいてをしてもしょうがないので、自ら距離を置くようにしているんですが、もっと冷静になれよ、というのが自分のアドバイス。

とはいえ、そう簡単にいかないから大変なんでしょうけど。

あ、別に自分は大丈夫ですよ。

なれっこですから

Baked Potato?

日曜日、ゆっくりおきて昨年まで担当だったサッカーの最終ホームゲーム(後で確認したら1回雷でキャンセルになったから来週またあるらしい)だったのでサッカー観戦。

その途中電話があり、練習キャンセルの連絡
昨日よい形で勝ったからだとかなんだとか
でもMedical cartをリストックしなければいけないので前半の途中で抜け出してTRへ

するといつもタイミングよいというのか悪いというのか、アシスタントが一人で週末に行われるリトルロック(ここから3時間くらい)で必要な荷物(クーラー、テープ、スポーツドリンクなどなど)を積み込もうとしているから、手伝うことに。

自分はいつもこういうタイミングに出くわします

それも1時間くらいで終わって、サッカー場に戻ったときは後半終了間際。
結局2回OTには行っても決着つかずで引き分け

選手のみんなお疲れ様でした

そのあとはクラスメート(アメリカ人)と食事に行きました

自分の注文したのは

"Pepper jack chicken”

するとウェイターが「Hah???]

もう一度
今度はゆっくり、はっきり
"Pepper jack chicken”

再び
「Hah???」

この時点で友達大爆笑

めげずにもう一度、今度はメニューを指差して

"Pepper jack chicken”

するとウエトレスの彼女

”Baked Potato???"

もうね、笑うしかないです

同席した2人も大爆笑

そのウエイトレスに対して笑いながら

「こんなにはっきり言ってるのになんでわかんないの~」

なんだかこっちが悪いみたいですんげぇ恥ずかしかったです

もう二度と頼むもんか

ぺっぱーじゃっくちきん

Bowl Game, Baby!!!

勝ちました!
対Ole Miss
結構な差で(←すでに記憶があいまい)

キックオフのパントリターンでTDでいきなりスタジアムのボルテージは最高潮

怪我や相手側の選手にヒヤッとするところもありましたが、大事には至らず一安心。

これでシーズン6勝したのでBowl Game出場が決定だそうです
どのBowlになるかは今後の成績しだいということらしいです。イマイチそのシステムがわかっていませんが、とりあえず残り5試合のレギュラーシーズン、大きな怪我も無くいって欲しいと願うのみです。

国際的日本的食卓

1年間仕事の都合で日本に滞在していたアメリカ人家族がこちらにもどってきたので、久しぶりに食事を、ということでお邪魔して来ました。

ご主人はこちらのLaw schoolで教授をされていて、日本では東大で研究と授業を教えられてきたそうです。奥さんは元絵描きの弁護士。もうすでに引退されてはいますが、ようは弁護士カップルということです。

ご主人は何年か日本ですごしていたこともあるので日本語ぺらぺら
へたしたらそこらへんの日本人より敬語しってる

奥さんのほうは底抜けに明るくて、一生懸命日本語を使おうとしている姿がかわいらしい

二人には娘さんがいて、1年ぶりにあったらものすごく大きくなっていました。シャイな性格は直っていませんでしたが日本語はかなり上達している様子が伺えました。うーん、うらまやしい。。。

晩御飯は「お好み焼き」

日本を思い出したくて、ということでつくっていただきました。
おいしかったー。

同席したのは日本人の友人であり、奥さんの日本語の先生でもあるKさんとマレーシア人彼氏のA.

そして今日はじめてお会いしたのですが、日本人奥さんと南アフリカだんなさんという組み合わせのカップル。どちらもとっても雰囲気のよい素敵な方たちでした。ちなみに奥さんのほうとは自分が勤めていた学校のめちゃめちゃそばが実家ということが判明。

世界は狭い

食事をしながらゆっくりとはなしをしていたら、奥さん側の息子さんがその奥さんと訪ねてきて、ちょこっとおはなし。彼はバンドマンで演奏があるついでによったとか。そこそこの規模の雑誌でに記事が載っておりました。あとなんだか有名なバンドから抜け出した人もそのバンドに加入したとかなんだとか。バンドマンとはほど遠いような柔和で人のよさが溢れた方でした。

いろいろな面での国の違い(日本、南アフリカ、マレーシア、アメリカ)について話し合いましたが、やはり自分が生まれ育った以外の国で過ごした経験のある人達と話をするのはおもしろいです。相手を理解しようとする気持ちが伝わってくるから。

なんだかひさしぶりに心を落ち着けて話ができる時間だった気がします。
ありがたいですね、こういうの。

言ってるそばから

もう冬の寒さです

負けてたまるか、とばかりに上下ウィンドブレーカー(雨仕様)をきこみ、ネックウォーマー、ニット帽、手袋をつけて練習に。

練習のときは朝ほど寒くも無く、みなからからかわれたりもしましたが、そんなものは寒さをこらえることに比べたらたいしたことは無い。寒いの嫌い。

練習を終えて家に帰りご飯を食べると軽く頭痛

ごろんとベットに8時30分ごろに横になってみると次の日の朝7時30分まで眠り続けておりました。

今も頭は少しボーっとしてる

繊細な心と体を持つってつらいわぁ

いたいっ、やめてっ、石は投げないで

野茂のフォークボールばり

にスコーンと気温がさがりました

日中は30度くらいあって汗ばむ陽気だったんです
1時30分ごろにTRに行った時は。

そして選手のトリートメント、リハビリ、テープなんかをやって2時間くらい過ごしたら選手が

「寒い、寒い」

といって戻ってくるわけです。

何言ってるんだ?

とおもったらいきなり気温がガクンとさがっていました
雨も降っていないのに。

こんなことってあるんですねぇ。

これからはニットと手袋が手放せない季節になりそうです
ボトルの水交換するのとか嫌な季節になってまいりました。

風邪には気をつけようと思います

さぁ、英語のお勉強のお時間です

昨日の続編です

In conclusion of this article, the cause and ~"

奴の言い分は "カンマがあるからofがいらない”

これはもう説明の仕様が無いです。お前はなにいっているんだ?のレベルです。
In conclusion this article, the cause ~ なんて

In conclusin, this article 動詞~
っていうのならOKだけれどさ。

それで「はぁ!?」といって何が悪いのか文法的に説明してみろ、といったら数秒考えた後

「あ、、、後の文章見てなかった。だからこれはOKだ」

とかこれもまた意味不明なことをいいだした。後ろの文章は関係ねぇっつーの。


はい、次

By recognizing different types of headaches observed in the sports settings, it contributes to clinical care for the general population as well.

奴の言い分は、文の真ん中にあるカンマが要らない



いるっつーの!!!




文章の前半(Byからカンマの部分まで)には動詞が入っていません
文を成立させるためには主語と動詞がなければ成り立ちません
だから前半部分は独立した文とは認められないわけです(Incomplete sentence)。だからそれをひとつの文として成立させるためには後ろに主語と動詞がある文章を続けなければいけないわけです。そしてそれを続ける際にはカンマが必要なわけです。

カンマを必要としない書き方もあります。それはBy以下を文章の最後に引っ付ける。つまり

It contributes to clinical care for the general population as well by recognizing different types of headaches observed in the sports settings.

これならひとつの文章の中に主語と動詞が一つしかないのでカンマなしで成立するわけです。

もしくは最近の流れでカンマをつけないというのもでてきています。でもそれは小説などの場合。学術的なものの場合はつけるのが適切。

それを言ったら今度は何を言うかと思えば

「ByはPreposition(前置詞)か?」ですって

そんなこともしらねぇのか?お前が唯一しゃべられる言葉なのに、と正直思いましたが

「意味と文中の使い方によってかわる」

といったら

「そんなはずはない、前置詞は前置詞だ。だからBYは前置詞だったっけ?前置詞は全部で44個あるんだ。でもそれが思い出せない」

とのたまいはじめました

そもそも前置詞44個なんて聞いてもいないし興味も無い

それにこれが前置詞扱いかどうかなんて By recognizing-と書いているのだからそれでわかってくれないと困るんですけど

Recognize「認識する」という動詞ですが、それをING系にすることで「認識すること」という名詞に変えることができます。それが「動名詞」といわれるものです。元々は動詞なんだけれど、これは名詞扱い。その前にあるんだから前置詞だっつーの。

ちなみに奴は全否定しましたが用法によってByは前置詞にもなるし助動詞にもなります


と長くなりましたが、これが自分の言い分

そして今日、夜の授業が終わった後一人教室に残されて、ペーパーを返されました。

"I learned something new, you are right. You do not need to put comma here and there.”

だから言ったじゃん、という感じ

「グラマーは小学校以来やってないからうんたらかんたら」

そんなんで人様の文法を偉そうに直そうとするな
しかもこれらの用法は何も難しいことではなくて非常に基本的もいいところの使い方。それをNativeのくせに知らないとはおかしすぎる。


さらには
「ライティングセンターで資料をもらってきた。だからこれをあげよう」

必要なのはおまえだろ!

ということで

"I do not think I need that. You need that.”

っていってペーパー奪って教室出てきました

本当にくだらなすぎる。馬鹿げてる。
人間的にも多いに問題ありだぞ、これ。

こんなのでも博士号とれるんだもんなぁ、とおもうとがっかりします。
いや、もちろんすばらしいドクター達もいるんです、本当に。

ちなみに彼のタイトルはDA.

われわれの間ではDamn Assの略だと言っています


ちょっと元英語教師だったっていうの信じてもらえましたかね。
でもどんな英語のテスト受けても一番文法のセクションが点数低いですけどね。えへっ

絶対俺があってる

月曜日は練習が無くてトリートメントだけの日
だから少しのんびり。

問題は夜のクラス

Abstract(文献の要約)を提出してそれが採点されて返却されたのだけれど23/25。

もう

はっ??????
ありえない


っていう感じでよくみてみると、カンマの用法を数箇所間違えているから2点引いたみたいなことを書いている。

それでそこの部分をみても

どーーーーーーーーーーーかんがえてもあってる

クラスメート数人に聞いてもあってる、といわれる

そりゃそうだ、そもそもProof readしてもらっているし、基本的にそこまでひどい英文かかないし。いまだにaとかtheの違いは微妙だけどはい、そこ「元英語教師の癖に」とかつっこまない

あんなのNativeでもいい加減なんですから。というよりもカンマの用法なんてそれで大幅に意味が変わるわけでもないんだから、という感じ。もちろん礼儀正しい文章を書くのには必要だとは思いますが。日本語の句読点とおなじですよ、ようは。

で、文句を言いにいきました。クラスメートもつきあってくれて。

問題の箇所はこちら

In conclusion of this article, the cause and ~"

これで1点減点
奴の言い分は "カンマがあるからofがいらない”

はぁ???


そして
By recognizing differenty types of headaches observed in the sports settings, it contributes to clinical care ~

ここのカンマはいらない、ということで1点減点

もう言葉が出ないです
あまりにもあほらしくて
詳しい解説は明日書きます

とりあえずこちらの言い分を伝えたらペーパーを持って帰って調べる(調べるようなことじゃないんだけど)といって一旦返却。

人の文法にけちつける前に今までの授業のスライド、課題、テストのスペルミスと文法エラーを間違えてから人のペーパー採点しやがれ

あ、ちなみに英語の授業じゃなくて思いっきりアスレチックトレーニングの授業です。インストラクターはうちのディレクター。だめだこりゃ

熟女キラー

朝から雨模様
寒いったりゃありゃしない

朝、クラスメート二人のご両親が帰るということなので、8時30分にIHOPというパンケーキ屋に集合といわれていたのだけれど起きたら8時30分。
とりあえず携帯にメールを送って歯を磨き10分以内に目的地到着。ついてしばらくしてから頭がくらくらしました

朝ごはんをいただいた後、お別れとなったわけですが、後日談でとても気に入っていただけたようでした。あぁよかった。

その後はかるく昼寝をして雨の中サッカー観戦
90分では決着がつかずOTになったけれど、フットボールの練習に行かなければならなかったので最後まで見れず。終わってみたら2OTまでいって決着つかず引き分けというなんとも疲れる試合だったようです。

フットボールの日曜日の練習は「何でこんな早い時間に集めるのさ?」というくらいに暇な時間が多かったです。まぁふっとボールになった時点で仕事の3分の1は待時間でつぶれますからね。

そんなこんなでもう今週もおしまい。

はやーい

Parent's Weekend

本日はHomecomingということで、街はそれなりにもりあがっていたようです

対戦相手はSoutheast Missouri State

格下といえる相手、それに先週はNationla ranking 入りしているAuburnを破ったことで盛り上がっており誰もが安心しきっている中での試合

ここでこけるのがアーカンソー

油断大敵
勝ってかぶとの緒を締めよ

なんて言葉がありますがまさにそれをもっと意識しろよ、君達

という真価が問われる試合

負けるなんて論外、かっても文句ない試合運びをしなければいけない大事な一戦、ということである意味単に強いところを負かすというよりも課題を明確にこなさなければいけない難しさのある試合ではあったかな、と思います

結果は63対7で勝利、最後は3軍まで出していたけれど失点はいただけなかったです。強いところはこういうところをきっちりやりますからね。さて、のこり6試合、どうなるかな。

そして今日はRATA主催のParent’sWeekendということでプログラム生の親御さんが訪れてTail gate,試合観戦、晩御飯というイベントの日でした。みんなやっぱり親が来てくれるとどこか安心したいい顔になっていました。

自分の親がくるわけもないので、結構寂しい気はしましたが、クラスメートが声をかけてくれて、その家族と同席(お母さんには何度か会ってる)させてもらいました。とても楽しかったし、やはり家族っていいなと思いました。

帰りの車の中一人で運転していたら少し寂しい気持ちにもなりましたけどね。

やっぱり自分の卒業式の時には来てもらいたいなとおもいました。

家族っていいもんです

再会

サッカーの試合でアラバマがやってまいりました

アラバマで学生トレーナーをしているTさんが帯同してきていたので、試合前に挨拶して、試合の後はご飯を食べにでかけました

もうなんというか

さすがです。。


もうかなわないよ。。。
格の違いをみせつけられた、そんな感じです

まじめな話しもしましたよ、もちろん

ほんと楽しかったぁ

試合前はうちのアシスタントとも雑談
今後の進路について軽く相談というかアドバイスをうけました
もう少し聞きたいこともあるからまた日曜日の試合のときにでも話をしようかな、と思ってます。やっぱりこういう雑談の中から見出せることってとても貴重だと思う今日この頃です。

サッカーのTRに行くと選手、コーチ全員暖かく迎え入れてくれます
あれから1年たったのだなぁ、と思うと不思議な気もしますが、それだけの時間がたっても同じように接してくれるのはありがたいですね

でもみんな「フットボールよりも私たちのほうがいいでしょ」っていってくるんですよね。あたりまえか。

"Of course you wanna come back here for us. We like you, and you are the answer."

っていってくれたのは少し嬉しかったです

ま、こっちの連中は口がうまいですから調子に乗らないようにだけ気をつけます

♪ふ~ゆ~が~♪

♪くるまえに~ も~いちど~ あのひっとにぃ~♪

なんて歌がありましたが、「冬が来る前に」って実感する前に冬がきちゃったようです。もうさむぃー。

朝起きたらしとしと雨模様
ドアをあけたらひんやり

しばらくしたら雨がひょうだかみぞれにかわっておりました
寒いの嫌い

昨日は久しぶりに料理熱にかられてカレーとから揚げ作成
いつものクラスメートとルームメート、そしてもう一人のプログラムの日本人と4人でまったりたべました。やっぱり自分でごはんつくるのが外食よりもずっとおいしい

プールでの運動と驚きの事件

自分、あまり泳ぐのが得意ではないのです

昔はカナヅチでした

幼稚園の頃に通ったスイミングスクールで、先生(今思えば大学生くらいのねーちゃん)に頭を押さえつけれらて水の中に沈められたり(本気)、殺されそうになったのもあってトラウマ状態がかなり長いこと続いていました。
今の世の中なら完全に訴訟です。

多少は泳げるように(自己流)になりましたが、得意なほうではないです

そんな中、今日の授業はAquatic therapyということで実際にプールに入って(足がつかないシンクロ用のプール)、色々とエクササイズを試しました

もーつらいー

途中おぼれそうにもなりました

体調悪くて、運動不足というのもあってプールから上がったらへとへと

それでも水の中に入っている間は楽しかったです
つかえるなぁ、とおもったエクササイズもいくつかあったし、実践してみようかなとおもいます

でもおれが選手だったらいやだけどね

実習先では驚きの事件が。

解散数分前に緊急ミーティング

というのも昨日、うちの1年生エースQBのヘルメットが行方不明になったのです。ロッカーにおいてあったのにそれがなくなっていた、と。

だから彼は練習に遅れた、というのがあったのですが、それがどこぞの掲示板で学生トレーナーが盗んだ、とかなんだとか

幸いスタッフは「そんなことあるわけないだろ!」と懐疑的だった大人たちを一蹴してくれたようですが、一度勝ち始めると人は何を言い出すかわからないから、くれぐれも言動には注意してくれ、とのことでした。

つーか、だれだよ、そんなことするの

いまごろE-bayにでも出展されているのかね、これ。

いまだ優れず

なんだか体調が優れないまま来ています

一度落ち着いたとおもったら今度は咳が出てきました

心なしか熱っぽい

練習やすもうかとおもったけれど練習のときはどうにかなるんですよね、これ

中途半端に動けるから困ります

しかも食欲減らないし

そんな状況なのにバッファローウイング食べにいこ、とさそわれてたらふく食べてきてやりましたよ。あははのは。

Evaluation とテスト

本日はMidtern evaluationということでACI(インストラクター)から中間評価をもらう日

自分は「コミュニケーション」ということで、でっかいミスをおかしたので、まぁ大変なことになるだろうなぁ、とおもったら予想の範囲内でおさまったからよかったかな、と。

この1件に関してはいろいろともうところもあったけれど、自分の落ち度もあったことは否めないので、これはこれとしてうけとめて、より良い関係を築いていこうとおもっております。

今回から評価方法が変わって、かなり厳しくなった様子です

自分もプログラム始まって以来初のB評価
前述のことが無ければAにはなっていたところなので、いたしかたないな、つぎがんばろーとおもっていたのですが、どうやら他のスポーツについているところでも思いのほか評価が低い、とのこと。中間なのであまり点数をつけないようにしているのだろうというところもあるのだろうけれど、という感じです。

セメスターが終わってからのEvalではよりよい評価がもらえるようにがんばろうとおもいます

テストのほうは

なんだこれ?

って感じでした。
自分の勉強不足ではなくて問題がおかしい

選択問題なのに答えが無い、とか全部あってたり、とか

エッセイ問題に関しては、どう考えても重要ではないところが非常に点数が高かったり

きっと採点しているときに問題の間違いに気づいて多くの問題が消去されることになるとおもわれます

つーか、学生は真剣に勉強して来るんだから作るほうも真剣につくれ

日曜の昼下がり

数日前の暑さもだいぶ落ち着き、秋晴れな日曜日。
大切な人がそばにいれば公園にでもいってボーっとしていたい、そんな日曜日

でもそばにそんな人がいるわけも無く、明日に控えたテスト勉強をするべくコーヒー屋へ

でもね、いく場所間違えちゃったかも

これは家で勉強するべきだったかも

だって

性病と皮膚病についてがメインだったから、、、


うん、もう写真盛りだくさん

さすがに気が引けて小さくなってやっていたけれど、とてもじゃないけど無理だ、と判断して大して勉強しないでボーっとしてたら練習の時間が近づいてきたから帰宅

いそいでご飯をかっ込むと、今日は練習キャンセルのメール

きっといい試合した御褒美何でしょう
これなら毎週良い試合して日曜日休みにしてくれぃ

でも自分はリハビリがあったから大してかわらない時間に言ってちょこちょこやってまいりました。

帰ってきてからはクラスメートと一緒に勉強

なんとなくおぼえた気になっているのはいつもの悪い癖

明日も一応朝起きてやりますよ、えぇ、やりますよ

アップセット

本日、現在National ranking 3位のAuburnとの試合

まぁ正直誰も期待していないわけですよ

去年は接戦の末負けて、その前の2年くらいはうちが勝ち「相性がいい」なんて言っちゃっているけれど、それはそれ、これはこれですから。

AuburnのDFはかなり評価が高く安定していて、それに加え、うちは相手のミスのおかげで勝ってきた試合ばかりなわけで、、、

とりあえず11時からの試合なので家でテレビ観戦

そしたら、、、

あれ、、、


どうした、、、

あの頼りないDFはどこにいった?
精度の低いキッカーは?
残り1ヤードが取れないオフェンスはどこに?


そんなわけで勝っちゃいました

24-10で

ESPNの解説者たちもびっくりです

俺もびっくりです

これで年末のBowlgameはほぼ出場することになるでしょう

ここでこけてくれたら、さすが!って感じではあります

いい気になって来週まけたりするなよ、おい

それにしてもあのトリックプレーはせこいって。。。
練習のときから結構笑える感じだったけどさ

子供の成長

お世話になっているNさんのお宅にお邪魔してきました

2歳になったばかりのH君が今日も笑顔でおでむかえしてくれました

もーほんとかわいぃー

自分を認識してくれているみたいで(生まれる前から知っているから当たり前といっちゃー当たり前)、いつも満面の笑みで

だだだだっ

っとかけつけてハグしてくれます

1ヶ月ぶりくらいの再会だったのだけれど、言葉をだいぶ覚えていてびっくり

ちょうどおじいちゃん、おばあちゃんと旅行して帰ってきたところなので

じいちゃん
ばあちゃん

という言葉もおぼえていました

Nさんご夫妻が「もりべさん、っていえる?」とおしえると

「しゃん」

「しゃん」

「しゃん、ってなんですかね?」ときくときっと「もりべ『さん』」の最後だけ聞き取っているんだろうね、とのこと

もうそれでもいい、かわいいから

自分の写真をみつけると、それをみて「しゃん」
自分がだっこしてあげると、顔をぱちぱちたたきながら「しゃん」

もうほんと幸せ

小さい子と遊んでいると心があらわれます

自分の子供を持つ予定はもう少し先になりますが、無責任に遊べるおこさんは随時募集中です

お久しぶりの日記です

久しぶりの日記です 体調崩してました、って実は今もそうなんで現在進行形なんですが。

とりあえず前の日にちの分はこれからさかのぼって書いていこうと思います。

今日は朝からしんどいのなんのって。昨日は頭痛とめまいになやまされるし。今日は頭は痛いわ、体は重いわ、吐き気はかるーくするわ なんじゃいな、こりゃとおもいながらもとりあえず学校にいくも階段登るだけで心臓が飛び出るんじゃないかってくらいどっきんどっきん。どきんちゃんもびっくりです。

そんなわけで家に帰り薬をのんだら3時間くらい気を失っておりました

起きたら少し楽になったけれど頭はボーっとしたままでTRへ。
しんどいからボーっとしているなか、リハビリを担当している選手がいつの間にやらそばに立っていて声をかけられ、相当びっくり。

ただし、今日は奴がやってくれました
「今日調子がいいんだよね」といっていたのでAROMをやらしてみたら、昨日とは比べ物にならないくらいヒョイっとひとつ上の段階に

これで一瞬目が覚めて、うれしくって涙目になってしまいましたよ、いやほんとに。それにしても停滞していたものが崩れて進むときって本当に突然なんだな、と思った一幕でした。

その後ふらふらしながらも、ほかの選手にActive releaseしたり、PNFでStrengthningなんかをしていたら汗をかきまして。。。

そうしたら不思議とすっきりしました

今は夜で頭が少しボーっとしているけれど薬を飲んで早めに寝ようと思います。

明日からチームは遠征。今回は帯同しないのでゆっくりすごしてやるー

頭痛とめまい

朝からどこか焦点が合わない感じがしており、ベットから立ち上がると

クラッ

頭もおもっ

って感じでスタート。

ここ2週間ほどオンオフはあるものの、基本的に左側のみ頭痛がありまして、人はそれを偏頭痛というようです。そんなものもっていなかったんですけどねぇ。

さすがにめまいが一日中続いたのははじめてでした
いや、まいったねこれ。

疲労度もいつもよりも多く、空き時間は倒れるようにねむってました

夜も早めに就寝。
ぱっとしない一日でした

結果

テストが帰ってきました

はじめての先生でのテストはちょっと緊張します

結果はまぁまぁ、ってところでしょうか

エッセイ問題が15問くらいあって全部あってたのに、選択問題で間違え多発

どうも問題を深読みしすぎていたみたい

でも、クラスを見渡すとみんなそんな感じ

それって問題が悪いんじゃないの?

なんて思ってますが、まーこんな感じのなのね、という感じです。
ちょっと自分で勉強進めていかないと卒業後に苦労するかも。

やっちゃった

あさ、いつもどおりの時間に起きて、準備して時間に余裕があるから日本にいる彼女とチャットして、さてそろそろ行くかとよゆうかましていったわけです授業に。

今日の授業はプライオメとリックスのLabということでウエイトルームでストレングスコーチが実技を交えて、ということで結構楽しみにしていたんです。

怪我してもこまるから10分くらいウォーミングアップしておいて、というはなしだったのできっちりそんな時間に行ってみたらなんかもうはじまっているわけです。

えー、なんだよ、言ってたよりも早いじゃん

なんておもってこっそり混ざると1分くらいで

じゃ、またあした、

なんていって解散

え???

っておもっていたら

「今日はいつもより40分早いんだよ。メール見なかったの?」

なんていわれてびっくり仰天

いやぁ、すっかりわすれてた

こんなことはじめてです

われながらびっくりでした

 | HOME |  »

Calendar

09 « 2006/10 » 11
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。