HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年目終了

11時にPractical Exam(実技)の試験で1年目終了。

先セメスターのLower extremityの授業(下半身)の時はPalpation(触診)とSpecial test、10個ずつランダムにくじ引いてパートナー相手にそれをやり、口頭でポジティブサイン(陽性)、なにがおこっているのか、なんていうことを言う形だったのですが、今回は自分がモデルにもなり、Evaluater(診察者)にもなる、というやりかた。

モデルの場合はシナリオが与えられる(スポーツ、箇所、怪我の名称)ので、それを演じるわけですね。何すると痛い、とか怪我した原因になる動きとか。

診察者の場合はそれを元にどこを怪我してそれは何なのか、というのを探るわけです。だからTRでよく見られる風景ですね。Evalを一通り、ということです。

それがどの程度有効なテストなのかよくわかりませんでしたがあっさり終了しました。ぶっちゃけ神経系でなくてよかったです。自分のくじ運に感謝。

テストが終わって自分の財布がないことに気付き、そのままどんよりとした気分で実習に行っていましたが昨晩、友達の家で勉強していた時にソファーの間に滑り込んでいた、ということが発覚。

「絶対そっちの家におちているはずなんだけど」

といって「すごく探したけどないんだよ」なんていわれたけれどやっぱりあった。まぁおとした自分が悪いんだけどね。

夜は何人かで飲みに行きました。セメスターも終わったし。

2年生はこの土曜日に卒業式。
早いです。

プログラムが始まってからというもの、お互いに忙しくなりなかなか一緒に過ごす機会がなくなってしまったけれど、上の学年唯一の男(年上)とも久しぶりにゆっくり会話。

彼はLSU出身、このプログラム終了後LSUのPTSchool(理学療法士)に進学します。

「時間を作ってLSUフットボールの試合の時には必ず来るように。後の世話は全部みるから」

といってくれました。なんだか涙が滲んでしまいました。年をとると涙腺が弱くなります。

みんないなくなっちゃうんだなぁ

卒業する2年生も
「早く卒業したい、一刻も早くここを出て行きたい」とおもってたけどいざ終わるとなると複雑だよね」

っていってました。

1年後、自分もそんなこと言っているんでしょうね。

明日から日曜日まではSEC Outdoor Track & Field Championshipsで適度に働いてきます。

試験一個終了、そしてなつかしの。。。

It was a joke.

ファイナルを受けてきたわけですが、なんでしょうあれ。。。ってかんじでした。一体何に重点を置いていたのかさっぱりわからない。まぁ簡単だったからいいけど。

本来Dead dayで実習は終了なのだけれど、SECもあることなので自分は引き続き実習へいってます。週末はOffをもらって勉強、という形だったのだけれどそうそう勉強するはずもなく。だったら手伝っている方が暇つぶしになっていいや、そんな感じです。

夜いえに帰ってくると同時にクラスメートから電話。
「スキャンしたいものがあるんだけど今からいっていい?」ときかれたので「別にいいよ」と答えると「よかった。もう家の前」だって。電話する必要あったのかそれ?

しばらく雑談した後、明日は一緒にPractical Examの練習をしようということになったのだけれど、ちょうど夕飯頃になりそうなので、何を作ろうか思案中。

冷蔵庫には鶏肉、豚ばら肉、牛ひき肉、ナス、レタス、たまねぎ、にんにく、ほうれん草

理想は冷蔵庫をあけた瞬間に入っている材料でそこそこのものを作れるようになりたいです。
「なにがあるかなぁ」みたいなかんじで。
「簡単なもんしかつくれないけどいいよね?」みたいな。

えー、ちなみにそんなことをしてくれる彼女も常に募集しております。我こそはという方は遠慮せずにでてきてください。

しかし自分はまだそこまでの腕はないのでこれから料理の本ひっくりかえして何を2人に振舞おうか考えます。「振舞う」ってほどのもんはつくれませんが。

なすとひき肉の味噌炒めでも、っておもったけど味噌がない。なにか上記の材料でつくれるお勧めがあったら教えてください。

誤解を招くとあれなので言っておきますが、料理は好きですがうまくはありません。自分の料理を食べたことある人で「おいしい」と思った人、それは野菜を煮込んで、みたいに勝手にいい味がでるだけですのであしからず。

そうそう、ゴールドライタン復活ですってね!
いまだに日本の家にあります、これ。
誰も俺の友達わかってくれなかったけど。
16_2006050801.jpg


他にもキン消しなんかも50体以上あるんじゃないかな。

日本に帰った際に童心に戻りたい方はぜひご一報ください。
他にもウルトラマン各種、ボルテスファイブ等の超合金合体ロボも眠っているはず。

授業最終日

本日授業最終日
明日はDead day
だけど朝の7時にTRで掃除、、、
なんでやねんっ、っと。

授業最終日と言っても何のかんがいもなくすぎさりました

早いもんですねぇ。もうプログラム1年目終了しちゃいました。
まだファイナルあるけどなかったことにしてください

実習の方も明日で一応終わりですが、SECアウトドアチャンピオンシップがうちを会場に来週行われるのでとりあえずそれまではやっていこうかな、という感じです。はい。

あ、そういえば今日ACIに
「Congratulations! 来年も陸上担当ね!」
っていわれました。

いや、別にいいんだけどね、でもね、Contact sportsの経験も必要なんですよ。BOCの試験受けるためには。そりゃUHの時に経験あるけどもう5年以上も前だしね、無効なのそれ。だからね、アメフトしないとだめなのよ(うちで唯一のContact sports)。じゃないと僕は試験が受けられないの。

そんな話をしても
「でもこいつら(陸上選手)のほうがよっぽどけがするよ」
っていって選手をからかってましたが、あまりにも脈略のないときにそんな話題をふってきたので奴は半分以上マジでした。

この時期になると「来年も陸上についてくれるんでしょ?」とか「次のセメスターはサッカーに戻ってくるんでしょ?」などと選手に言われることが多くなり「いや、俺次のセメスターアメフトだから」というと「なんで?」「私たちのことが嫌になった?」「あっちの方が色々グッズをくれるから?」「裏切り者!」などと色々いわれますがどーせ、次のセメスターになったらすっかり綺麗さっぱり忘れてくれるんです、こいつらは。

とりあえず怪我しないように頑張れおまえら。

進まない。。。

重い腰を持ち上げ、昨日の晩からケーススタディのレポートを書き始めました。そんな複雑なこともないし、わかりやすい部位なので順調といえば順調なのですが、やる気が、、、持続しません。

10分くらいガーッと書いて30分くらい休憩しています

それでも昨晩はそれなりに進みました

しかし、今日起きてみたらだるさ復活+頭痛

もう一回寝たら治るかな、と思ったら頭痛増幅

さすがに薬飲んで横になりました。おかげで今は元気です。
でもそのせいで一日丸つぶれです。予定の半分も進んでません。
うーん、明日頑張るか。。。

えっ?うそ?

完全に日付勘違いしていて、テストが2日後だと思っていたら、実は明日だそうです。

練習中にクラスメートに「テストの準備はOK?」

なんてきかれて

What test?

って素できいちゃいました。
これには聞いた彼女もびっくりしてました。

うーん、ま、どうにかなるさ。

手術見学

昨日書くネタがない、ってかいたけどそういえばひとつ授業の中でものすごいねたがあったんですが、それを書いたら来年から来る人や今後来ようと思っている人ががっかりすると思うのでやめときます。慣れてしまえば日常茶飯事的なことなんですが。

さて、本日は病院実習で相変わらずアスレチック的なことからは全く関係のない患者さんたちを見た後、(ドクターもあまりにもそういう患者さんばかりなので気を使ってどうにかアスレチック的なことを教えてくれようとしていますが、常に苦笑いという状況 笑 その心遣いが嬉しいです)

その後、そのクリニックの裏にあるところで今年5個目となる手術見学。多分これでしばらく手術を見ることはないかな。

今回は「肩」

患者さんはRotator CuffのひとつであるSupraspinatusをきってしまったそうです。

執刀医の先生は電気メスでガシガシ切り進み、のこぎりで骨を切り取り、ノミとハンマーで骨を鋭角に切り取り、ドリルで骨に穴を開け、手を突っ込み筋肉を引っ張り出して骨に結び付けておりました。あっぱれ。

この手術は予定されていた時間よりも2時間近く遅れた為、ラウンジでNCAA Tournament通称March Madnessを観戦。
そううちの大学Arkansasがラクロスをしている人達にはおなじみバックネルとトーナメントの第一回戦を行ったのです。

うちは一ケタ台の3ポイントパーセンテージと50%をきるフリースロー率で4点差で負け。ばかげてます。ペイント内で圧倒していたのにフリースローを決められないんじゃ勝てませんよ。何事も基礎が大事ということですね。

ねたがない

ここ数日のタイトルからも分かるように、特筆すべきことがないんです。でもあわただしい。あわただしいのには理由がないわけではないんですが。

授業の一環でおこなっている通称TaskSheet。
要はPalpationからMMT,Special TestなんかをまとめてあるのをACIにチェックしてもらって合格すること、っていうのがあるんです。

まぁこれには賛否両論っていうか否定的意見が多いわけですが、今回はそれに勢いをつけることになりました。

今回は「肩」

Tasksheetは30ページくらいになってます

内容が濃いか、といわれるとそうでもないのですが、ACIにとっても仕事の一つとはいえ、それを14人もの生徒が男子、女子のATルームに別れているとはいえ、ACIにお願いをしてチェックしてもらうわけです。単純に時間がかかりすぎ。

そして詰め込みすぎて実際荒くなっているのも確か。

自分は自分で埋めなおしていくつもりなので、基本的なところがおさえられていればいいかな、とは思うのですが、まー、もう少しやり方を考えてもらいたいところです。

助かります、本当にごめんなさい

お昼前にリハビリを済ませ、その後父の誕生日が近づいてきたので買い物に。

その後ご飯を食べたら眠気に襲われるも、やらなければならない課題があったのでそれを済ましに友達の家へ。なぜなら家に帰ったら寝ちゃうことがまるわかりだったから。

なんとか課題をおわらせて、共に食材を買う必要があったので買い物をし、ご飯を食べ、再びそのこの家に戻りテレビ鑑賞。そしてその間に課題の文法チェックをしてもらったわけですが、その課題ペーパー7枚あったわけです。

大して大きな間違いはないのだけれど、その分量と、単数、複数形の間違いやa とtheといったところの間違いはやはりいつまでたってもわからず(つーか無理)です。嫌な顔せずに直してくれた友人に感謝です。

日本語で何か書くようなことがあれば全力で手伝うことを伝えたら笑ってました。あっはっは。

やられたねぇ

早いもので1月も最終日となりました。
そして気付けば学校が再開してから3週目に突入していたんですね。
全然勉強モードになっておりません。

そろそろ勉強しておかないとやばいかなぁ、なんておもっていたらバチコン嫌な予感が当たり、本日突然のクイズ。もちろん半分以上わかりませんでした。これにこりてこつこつやろうと思います。

でっかいうっかりミスですわ

昨晩Ex Physの先生からメールでセメスターの途中成績が届いたのですが、これが予想外に低いわけです。その最たる原因がこの前やったプレゼンテーション。

なんでかね、これ。と思ってよく見てみるとannotated bibliographyを出していなかったわけです。ようは参考資料の要約です。

てっきり普通のReferenceだけでいいのかと大きな、そして都合の良い勘違い。そのためプレゼンの3分の1をしめるポイントがごっそり持っていかれていたわけです。もうこれにはびっくり。

先生も気を使ってくれたのか、「水曜日の12時までに出したらおまけしてあげる」とのこと。

本日のファイナルは午後6時から。

自分の持ち点を計算するとどうやら今夜のファイナルで50点中46点とればそれをやり直さなくてもよいことが判明。

ファイナルは先日の日記にも書いたように、グラフのみを扱うので悪くはならないはず。でもBibliography12個も要約するのはPain in the axxですもの。しかも帰国前夜に。。。

ということで臨んだファイナル。

スクラッチ形式の解答用紙が配られ、その場で採点可能なすぐれもの。

自信あるものから答えていって、順調に飛ばすも途中で失速。しかしまだ挽回可能でがんばるも、正解がわかっているところをうっかりで隣の欄を削ってしまいゲームオーバー。その後さらに1問間違えて結局目標点に数点届かず。。。世の中うまくいきません。

ということでPackingもまだしていないのにBibliography要約12個作成に取り掛かったのが午後7時30分。途中クラスメートが訪れてきてくれて、クリスマスプレゼントをいただきました。ありがたし、ありがたし。もらったのはパックマンとかギャラガとかができるゲームです。

そして全てが終わったのが1時頃。
そこからパッキング、掃除、洗濯、洗物。
そんなことしていたら午前3時。
午前5時には友達が迎えに来て、6時30分には飛行機に乗っているので、今日はこのまま10年ぶりくらいの徹夜です。寝たら起きれない。

この日記書いている今はもうすぐ午前4時。
ちゃんと帰れるのかな?

というわけで日本時間の12月15日から1月12日まで日本におります。かまってください。

Biomechanicsのテスト

今回のテストは「Non-comprehensiveです」

つまり、前回のテスト範囲以降のところからしか問題はでませんよ、というもの。

でもね、どのページ開いても開いてもセメスターの最初のほうにやった問題がこんもりあるわけです。

もう笑っちゃいますよ。

それでもどうにかこうにか問題といてBiomechanics終了。

この先生は本当に好きだったなぁ、なんといってもその人間性にひかれた。なんていったってAerodynamicsのShort essay問題で「実際に紙飛行機を折ってとばしなさい」なんて出しちゃうんですもの。そのための紙までしっかりと問題用紙にひっつけて。そのため試験中は白い紙飛行機がとびかっておりました。そんなのも許せちゃう、そんな先生でした。

さてさて残すところあと1日。勢いでどうにかしましょう。


今日も再び

勉強と称して昨晩と同じクラスメートの家へ。

月曜日に試験となるBioに焦点を当てるも、基本的に後半の授業は学生のプレゼン聞いていて先生の話はものの30分くらいしかなかったので大して覚えることもなく、どちらかというと応用問題的なものしかでてこないのがわかっていたので勉強するといってもなかなか難しい。

火曜日のExercise PhysもComprehensiveとはいえ、授業で扱ったグラフ24個プラス1つ問題の計25問、50点の選択問題。200以上あるグラフをいちいち見ていくのもあまりにも非効率なのでこちらも半ばあきらめ気味。

そんなわけでなんとなく勉強している雰囲気をかもし出しつつ、時間をすごしておりました。一応やることはやったんですけどね。

Practical のための勉強をしていていやはやNervesの覚えられないことッたらありゃしません。ちょっと前(といっても高校時代は10年前)は一発で覚えられたんだけれどなぁ。

あと2日で学校終了、そして次の日には帰国です。

授業終了、みたいなもん

授業の終わり際、「明日は何やるの?」という話題に。一通り授業でやるべきことは終わっていたのでみんな、というより女性陣いっせいにキャンセル希望。その光景は圧巻でした。女は怖い。

結局要望がとおりあすのくらすはキャンセルに。

授業自体は火曜日まであるのですが、このクラスもその他のクラスもプレゼンのみになるので、授業らしい授業は今日が最後と相成りました。あともうあとは自分のプレゼン準備とファイナルです。早い早い。

今まで散々問題を起こしているMr.Redneck(本当の名前じゃないですよ)、ついこの間も3週間ほど一切の連絡を断ち切り練習にもじゅぎょうにもこなかった2年生、奴がなぜか突然TRで復帰。なんだそりゃ?自分が一緒に組んでやっていたこともあり一番被害をこうむっているので彼の話には良くなっていたのだけれど、つい先日「He is finished, he can't be a product of this program"というのをディレクターから聞いた矢先の復帰劇。一体どうなってんだこれ?もーほんとイライラが募ります。

満足

昨晩からのどが痛くなり、たんも絡み寝るに寝付けない状況。本当に突然でした。結局寝付けず5時くらいに起きてはみるもののしんどい。

薬を飲むにもおなか空っぽだったのでご飯を炊いて雑炊をつくる。えぇ、こんなときでも食欲はなくなりません。

唐辛子を沢山入れておなかも膨れたところで薬をのんで再び床へ。次に目が覚めたときは汗びっしょり。調子も上向き。のどの痛みは残ったままだけれどとりあえず授業へ。

プレゼンのほうは狙ったところでしっかり笑いもとれたので自分としては満足です。

それにしても15分のプレゼンなのに、カレーの国から来た人々(3人いるんです)はそろいもそろって余裕で40分くらいのプレゼンするんですけど、一体どういうことでしょうか。

夜になったらまたちょっとしんどくなってきたので本日はラクロスお休み。あーあ。

明日はプレゼン

Biomechanicsのプレゼンが明日となりました。

いったんラクロスを題材にしようと思ったのだけれど、あまりにもそれをあつかったジャーナルがないので、いったんやめ、野球の投球動作についてやっていたのですが、自分の前の週にプレゼンした人がなんともまぁ、同じようなことをやってしまったのでやむなく変更。

結局元に戻って、ラクロスにおける脳震盪についてやることにしました。

でね、ラクロスのシュートはトップレベルになると90マイルから100マイルになるって言われていますが、それが当たると単純計算で600キロくらいの力が加わっているようです。もちろんこれは単純計算なのでそれよりも小さくなることもあるし、大きくなる可能性もあるわけですが、大体の目安としてこれくらいの力が加わっているということらしいです。

ちなみにマイクタイソンがチャンピオンだったときのパンチはおおよそ200キロくらいだったらしいです。

そりゃ、シュートが当たったとき、メットの上からとはいえ一瞬意識なくなって鼓膜が破れるわけだ。

ラクロス部の後輩が今年度の目標だった2部昇格を果たしてくれました。1年生のときは1部にいて同年2部降格、そして昨年度3部降格と悔しい思いをした代だけに最後に笑顔で締めくくれたことはOBとしても嬉しい限り。本当は会場で応援したかったけれど、こればかりはしょうがない。皆本当にお疲れ様、そしておめでとう。

睡魔

昨晩は友達の家で本日のテストのために試験勉強。

もうひとつやることがあって、通称Task sheetというものがあるのですが(要はEvaluationのやり方。今回はHip)それをACIにデモンストレーションするわけです。

今回は情報量が多かったのでちょっと神経系で戸惑うところもあったけれどどうにかクリア。もう少しスムーズに、そして忘れることなくやっていかないといけません。

夜の試験のほうは、、、
過去二回のテストと違って少し問題傾向かえてきやがった。。。皆苦しんでいたようでした。もちろん自分も例外ではありません。こりゃこわいわ。

それにしても昨日からのぐずついた天気によりついに本格的に冬に突入です。ニットキャップにネックウォーマーははずせません。早くインドアにうつってくれ~。

手術見学

今日は少しだけ早く起きて2度目の手術見学へ。
授業で課されているもので前回は膝、今回は足首の手術をみてきました。

Posterior tibialisの再腱手術でした。
そもそも前にかかっていた医者の誤診で状況が悪化しているということだったのですが、実際あけてみたら、執刀していた先生もかなりびっくりしていました。20数年医者やっててこんなのははじめて、といっていたのでそんなところに立ち会えた自分はラッキー。

手術中も色々と説明をしてくれたり、質問に答えてくれたり、ととても親切な対応をしてくれました。

前回はただのスコープだったので、血を見ることもない手術だったので、実際に切る手術を見るのは今日が初めてだったので少しナーバスになっていたところがあったけれど、実際見た感想は相当面白かったです。

しかしああいう場面でバーベキューの話ができる器じゃないと外科医にはなれませんね。おいしそうなBBQの話で先生達は盛り上がっておりました。

夜のクラスは眠いです

特筆すべきこともないままに過ぎた午前。午後の実習もかなりおちついたもんで、かなりまったり。しかしこういうことを言うのもなんですが、陸上の練習って「つまらない・・・」

夜は6時から9時までExercise physiology。先生はとっても良い人なのですが、時間も時間ですし睡魔との闘いになります。とりあえず今日でAbstractすべて提出し終わったので楽になりましたが、来週テスト、そして1ヵ月後にProposalのプレゼン、そしてファイナルとあるので準備は進めておかないと、という感じです。

明日は2回目の手術見学。今回は膝ではなく足です。

時は流れますねぇ

早いもので11月です。ことしもあと2ヶ月。あと2ヶ月の間にいったい何がまっているのかな。

夏学期が終わって以来1日の休みもなく実習だったわけですが、サッカーシーズンが終わったことにより、今週の水曜日までお休みもらっているのでゆったりです。

今後は陸上をみつつ、サッカーのリハビリに当たることになるようです。

セメスターも終わりに近づいていることもあり、課題に終われる日々になりますが、バイオメカニクスの授業でプレゼンをすることになるのですがそのトピックきめにちょっと迷っております。

せっかくだから興味を引くものにしたいし、また自分の好きなことと絡めたいので、男子ラクロスを題材にしようと思っているところです。

ラクロスを実際に見たことない人も多いと思うのですが、バイオメカニクス的要素が満載です。

しかしながら、マイナー競技ゆえにあまり科学的なジャーナルの題材には上がらないのでそこが難点です。

ちょっとでもバイオメカニクス的要素が入っていればOKなようなので、こじつければ何でもいけるので、脳震盪についてやろうかな、とは思っているのですが。

ちなみにNCAAの2004年度レポートによるとラクロスの脳震盪率というのはアメフトの2.5倍だそうです。この理由は自分なりに思いつくのですが、その裏づけを取る必要があるのかどうかで大分労力がかわってきます。

もっと煮詰めないといけないのですが、うまいこといくかな。

Senior day

今日の練習はシニアデイ、ということで4年生が練習を仕切る日。「仕切る」といってもがっちがちな練習ではなくて、お楽しみ的要素ばかりの練習。毎年残り1試合になる頃にやっているらしいです。ふざけながらでも体は動かしているからいいってことなのかな?

内容としてはひっじょうに笑いのたえない練習となりました。

残り1試合とは言えど、それに勝たなければSECトーナメントへの道が閉ざされる大事な大事な試合。そういう時期にこういうことができるのって言うのはお国柄なんでしょうか?

金曜日に勝利していざSECトーナメントへ!

飛行機のチケットがそれなりの値段だったら連れて行ってもらえるそうです。安いのみつけてください、お願いします。

IMG_0130.jpgIMG_0129.jpg

うーむ

Bioのテストが返ってきたのだけれど、うーむ、、、つめの甘さが目立ちすぎる結果となりました。次だ、次。

昼に一度家に戻ってきて、トイレを確認するとまだ直っていないので、電話すると

「えっ?まだ誰もいってないの?」

なんてまったくもって他人事。

お前がしっかりしろ、と思ったところをぐっとおさえて、不便だからさっさと直してくれ、といったら直っていました夜に帰ってきたときには。

いやぁ、トイレが使えるって素晴らしい。シャワーが使えるって素晴らしい。

だって朝起きて、トイレに行きたくなったら時間との戦いで、車に乗ってキャンパスにまでいっていたんですもの。

明日はテスト

だけれど午後8時の時点ですでに睡魔に襲われ、さっさと白旗振っている感じです。

もう寝ちゃってもいいかなぁ・・・

今日の練習はウエイトルームにて。スイスボール(日本だとバランスボール?)使ったエクササイズをなぜか選手に教えることに。ただ見ているよりも楽しいからいいんですけどね。

ちなみに怖くてボールの上に立つことはできません。

ばったばた

テンションが上がらないまま朝の授業を適度に済ませ、午後の練習に。また今回もリハビリ担当。自分しかやっていないけどいいのかな、と思いつつやらせてもらっているから自分にとっては良いんですけどね。

練習前の準備でACIがPop quizを連発。そこで思ったことは基本的な知識が弱いです、本当に。始まったばかりだから、といえばそれまでなのかもしれないけれど、キャッチアップしていかないと。それでもこういう風にして一瞬冷や汗かいたことってなかなか忘れないし、自分で調べもするからありがたいことです。心がけていることは答えられないことがあったらそのことに関して自分で調べて次の日に何かしらそれに関する質問をする、ということ。そうすると記憶もつながっていくし、更なる情報が入るかと思うから。昔は一発で覚えられていたんだけどなぁ。。。

今日は夜のクラスがある日。6時から9時まで。今度から夜食持参で行かないと倒れちゃいます。

クラスもばたばたしつつ課題が早速出始めています。それと別にACIから

「○○のリハビリメニューをつくってごらん。それを紙に書いて提出ね。来週末の試合にでるこころづもりで。」

別にそれに基づいて実際のリハビリをやるわけではないのだけれど、どれだけのことを理解しているのか、理解していないところは埋め合わせようとしているのかを見ようとしているのだと思われます。がんばんないと、だけど今この日記を書いている時点で眠くてしょうがない。。。

授業初日

夏学期が終わってから一日も休みがなく、しかも最後に試合なんぞしてくれるから疲労度ピークで秋学期突入です。

そんな初日は朝っぱらから今後の手術見学のための病院で本当に意味のないオリエンテーション。

テンションが多いに盛り下がった上がったところで、10時30分から13時30分というなんとも中途半端な枠のバイオメカニクス。3時間は長い、長すぎる。しかしそれでもしゃべりつくすんだよね、こっちの人は。

その次の授業は4時からだけど、サッカーの練習が2時から始まるのでグランドに行ってばたばたとセットアップ。そしてけが人のリハビリを授業直前までやってダッシュで教室へ。

どう考えてもフットボールの練習のために今セメスターの授業時間が組まれている気がしてならない。だって普通4時ごろはどこも練習してる時間でしょ。うちでその時間に練習しないで6時からはじめているのアメフトだけだもの。しかも14人の1年生のうち10人がアメフトに配属されているから、絶対そうだ。どうなのよ、それ。

そのときにACIから今週末の予定を聞かれ、特に何もないことを伝えると

ACI「遠征に連れて行くからそのつもりで」

自分「!?!?」

いやぁ、、、うれしい。だって一緒にやっている二年生には大分前に「シーズン中は誰も遠征に連れて行かない」と伝えていたらしく、さらにこの前の試合で相手チームもATは一人しかいなかったので、女子サッカーの世界ではそれが常識なのかな、とおもっていたので。

もちろんシーズン中盤くらいになって様子がわかってきたらお願いしに行くつもりだったけれど、まさか向こうから、しかもこんな早い段階で声をかけてくれるとは夢にも思っていなかったので喜び倍増。

その後の授業でめっきりテンションが下がったのはご愛嬌ですが、なんともはやばたばたした初日でした。

水も滴る!?

昨日、実習終了後、全米大学注目のQBがいる地元の高校のスクリメッジを見に隣町へ(といっても20分くらい)。少し遅れて到着したため、彼の出番は終わっていたのですが、スクリメッジを見始めてからほんの5分後に大雨。。。やむなく退散とあいなりました。

昨晩の雨のおかげで今日は涼しい一日。選手もこれにはご満悦。しかしながらここはアーカンソー。天気は一瞬にしてかわります。

日差しが痛いくらい差し込んでいたかと思えばその30分後には雷雨。あまりの雨の激しさに一度ロッカールームへ退散。10分ほど雨脚が弱まるのをまって再び練習を再開しましたが、雨の中ぬれたポロシャツでたっているのって寒いです。早くジャケット支給してくれ。

そんなこといっていても練習で怪我が起これば寒さなんて忘れます。11対11を行っているときにフィールドに倒れこむ選手。自分が一番近いところにいたので話しかけていたところにACIも到着して引継ぎ。

普段はeasy-goingな彼ですがやっぱり雇われているだけのことはあるんです(当たり前ですが)。まずはパニックになっている選手を落ち着かせて、優しい言葉を書けながらも口調ははっきりとして、落ち着かせながらも必要な情報をしっかりと収集。

特に女の子の場合、びっくり泣きもあるし、また過去に同じ場所を怪我してしまっている人なら[今度は大丈夫だろうか」という不安からパニックになってしまうことも想像に難くないこと。

これも一つのテクニックだなぁ、とおもった一幕でとても勉強になりました。

その後TRに連れて行き、トリートメント。ACIはフィールドに戻っていったので自分とその子でトリートメント中話をしていたのだけれど、こういうときの時間って自分にとってとっても大事。なぜならその選手のことを知ることができるから。

彼女達が怪我をしてしまうのは嫌だけれど、良い時間をすごさせてもらっています。

«  | HOME |  »

Calendar

06 « 2018/07 » 08
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。