HP引っ越しました http://startline.at-ninja.jp

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特筆するような事もない生活を最近は送っておりまして、正直日記に書くようなことってそんなにないんです

でもとりあえず、このブログは「生存報告」もかねていますし、(といっても1週間くらいまとめてあげる事もあるけど)アーカンソーに来て3年毎日欠かさず書いているものでもあるので、細々と続けております

このブログを読んでもアスレチックトレーニングの知識が増える!なんていう特典は付いてくるなんてことはほぼないとおもわれます。えばっていうような事じゃないけど。

AT関連以外の友人、知人もいることですし、ATの専門知識に関しては他の方々にお任せしておきます。

知識よりもこれからATの学生になろうかなぁ、なんていうひと、もしくは学生さんには、「あー、そういう心境なのねー」というような一つの例みたいな感じにはなるのかなぁ、ともおもいます。自分を踏み台にして心の準備をしてください。

まぁ、ようは軽い気持ちで読んでください、ってことです。

ってそんな事を書くつもりじゃなかったんですが、Mixiのほうにもたまーに、思った事を書いていたのですが、なにせたいした出来事が起こっているわけではない日常なので、再びMixiのほうもこっちのブログにリンクしちゃいました

そのうちまた気まぐれで戻すかもしれませんし、ずっとこのままかもしれません。それはまったく持ってわかりませんが、今まで同様、気軽に来てください

コメントを残してくれると喜びます

今日はいつものとおりと言えばいつものとおりですが、ディレクターが無神経な一言を発したので、それを追求してもよかったんですが、

「お前にそういう判断はできないだろうな、でーぶ

とおもってやり過ごしてみました。別にたいしたことでもないんですけどね。無神経なのっていやだなぁ、っておもったわけでした。自分よりもクラスメートが突っ込もうとしてたけど、言ってもわからない人には言うだけ無駄、そんな所まできちゃいました。悲しいけれど。そんな人がディレクター。そんな人との付き合いもあと1ヶ月でございます。悪い人ではないんだけどねぇ、、、

昨日の日記ですが、自分自身に何かがあったわけでも、家族や恋人に何かあったわけでも、喫煙で復帰を棒に振った元モーニング娘の加護ちゃんに送ったわけでもありません。変な心配や誤解を招いてはいけないとおもったので補足、ということで。とある友人に向けてのメッセージです。

さて、今日から学校再開

誰ですか?行く気がなかったのは。

あけて早々テストをやってきました
スプリングブレーク前に行われていて自分が受けなかった奴です。思ったよりも記述が多くて大変でした。終わったからどうでもいいけど。(←悪い見本)

今週は高校がSpring breakにはいったので実習もなし

ということで課題をBOCの勉強に力を注いで、、、

のつもりが、お昼ご飯食べたら本気で昼寝

気づいたら夕方でした

あはっ

これじゃーいかん、ということで起きてからすぐに学校に向かい勉強、一度夕飯を食べにかえり、再び学校へ。

すんごい久しぶりに図書館に行きました

図書館、昔は良く行っていたのだけれど、くちゃくちゃとしゃべる連中があまりにも多くて嫌になりいかなくなったんです。

今はさすがに休み明けなので利用者もさほど多くなく、まぁまぁだったのですが、やっぱりしゃべっていてうるさい奴らはいるものです

「今日12時まで図書館いちゃったー。ちょー、がんばったぁー、あたしー」

とかいっちゃうんだろうな、こういう人たち。

そんなにしゃべりたいならとっとと帰れよ、って思ったのはいうまでもありません

とはいえ、自分は強制的に勉強しなければいけない時期なのでこれからもちょこちょこ行くことにはなりそうです。



世の中思い通りにならない事がある

どうして?と思うこともある

あの時あぁしていれば、と思うことも

あとから悔やんで悔やんで悔やみきれないこともある

だけどそれらを乗り越えて見えてくるものもある

無駄な事なんてない

きっと大丈夫

It's all meant to be

泣きたいときには泣けばいい

無理に感情を抑える必要はないさ

今の自分がやれることをしっかりやっていたらきっと見ていてくれるから

がんばれ

吐き出す場所が必要ならいつでもおいで

ここにいるから

特筆する事もなくすぎさった土曜日

なんとなくBOCの勉強をしていたけれど、一体何をやればいいのかわからなくなってきています

そう思う前にやれ、って話なんでしょうがいまいち乗り気もせず。。。

5月になってもまだ試験勉強をする羽目にならないようにがんばります

Entry-levelのマスターっていうのも考え物です
この時期になってもCertifiedじゃないから就職活動のスタートが遅くなる。外国人には不利かもしれませんね、っていまさらながらいってみる。

言ってもしょうがないのでぼちぼちやっていきます

本日は学校で行われたとある競技をカバーして来ました

全然やる予定じゃなかったのに急遽の代打です

そこで他の大学でGAをしている日本人の方に会いました

こういうのも何かの縁なので、挨拶に行き話をしていたのですが、はじめは違和感が、そして後には嫌悪感がでてきまいました

その人はまったく敬語が使えない

理不尽に「俺の方が年上なんだから敬語を使え!」というつもりは毛頭ありません

しかし、日本でうまれて育ったのなら、礼儀作法のひとつとして初対面の人間に対しては礼節をもって望むべきものなのではないかな、とおもいます。

自分も決して美しい日本語が使えるわけではありません
時には目上の人にだってはむかうことはあります

それでも、最低限の作法は守ります

「へぇー、いつからアメリカいるの?」
「今後どうすんの?」
「コンベンション行くの?自分は多分行かないけど、まぁそのうちどっかであうでしょ」
「ま、がんばってよ」

年が十も二十もも離れてて、ひとつの世界で実績をしっかりと残している人にそういわれるのならいざしらず、初めて会った年下の人間にそんな態度取られるいわれはない

どっかであってもかかわる事はないでしょう

お前に言われんでもやることやっとるわ、
余計なお世話じゃ、ボケ

そんな事を思いながらすごした金曜日の夜でした

人の振り見て我が振り直せ

近所のおうちにお邪魔して子供約3歳と遊んできました

もう会うたびに大きくなって、いたずら坊主になって、おしゃべりになっています

もうかわいいったりゃありゃしない

親の愛情をいっぱいに浴びているから表情が豊か

おーきくなーれー

今日International student officeからOPTのカードが届いた、と連絡がありました。取りに行かなきゃいけないけど、まだ行ってません。いやぁ、ほんとに終わるんですねぇ。

今日も天気はいいけれど、だらだらと勉強

いない間に出されたTake home、あいかわらずこのおっさんは英語がかけない(アメリカ人の癖に)、そしてあいかわらず意味のわからんことを出題してくる。同じ事をさも違うかのように聞いてくる。どーせまた屁理屈言ってくるんだろうけれど、同じ事だからコピペして出してやる。どーせきちんと読まないし。なんだかむなしいですなぁ。

車の保険が切れるのに、更新の連絡が来ないから電話をして見たら「10月まで有効よ」なんていわれて、少し困惑。でも結局あちらのミスで3週間後には期限が切れる事判明。わかっちゃいたけど、痛い出費でございます。

BOCの日程がきまりました
WrittenとSim,同じ日に受けられると思っていたのに時間が重なっていて受けられないことが判明したので、結局3日かけて試験受ける事になります

4月14日(金) Written
4月16日(月) Sim
4月22日(日) Practical

となりました

がんばるぞー

2日続けて、迷える青年的なエントリーで日記を書いたので、ちょっと違う方向性の話をw

アリゾナからかえってきて、早いもので数日経過しています

ロッキーズのスタッフ、PBATSからの某チームAT2名にお礼のカードを送ったりしたのですが、きっともう届いてくれているはず

本当に楽しかった2週間でした

そんななか、チームで大変お世話になった日本人スタッフの方から電話が数日前にありました

「あの選手が探してたよ」

あの選手、というのは2年前に引退し、Total hip replacementを受けた投手。年齢は40歳。最初あったときはコーチだと信じて疑いませんでした。

それが今年から競技に復帰
Total hip replacementをうけて、野球競技を続けている選手、と言うのはMLBの歴史において過去に例がないそうです

そんな彼の姿を、自分がマイナーに顔を出していた2日間、そしてそれは選手の首が切られていく時期、にぱたりとみなくなっていました。

前述の日本人スタッフの方が「やっぱりだめだったのかな。きられちゃったのかもね」といっていました

自分は毎日彼の練習、試合前のストレッチ、マッサージなどをしていたので、最後に挨拶できなかったのがとても残念でした

そんな彼がトレーニングルームに戻ってきた、という連絡だったのです

「Takaはどこだ。Takaはどこだ」っていってずっと探してたよ、と

何でも家庭の事情で数日家族のもとに戻っていたそうです

正直、厳しい道だとは思いますが、彼にはまだチャンスが残されている事、そして自分を探してくれていたこと、その2つがとても心に響きました

そしてで、ロッキーズのヘッドトレーナーと知り合う前に知り合った某チームのヘッドに連絡をしました。

ひょんな事から知り合う機会があったのですが、この二人は十数年来の友人で、自分がロッキーズに行く事が決まったときに、わざわざ彼の方に「こういう奴がいくから」と連絡をしてくれていたのです。そしてロッキーズのヘッドの人柄も話してくれていたので、この2週間がすばらしいものだった、と言う報告をするために。

すると彼から返事があり、とてもアメリカ的だな、と思ったところもあるのですが、嬉しい言葉をかけてくれました。

それを社交辞令としてしまうのか、それとも本気の言葉になるのか、はこれからの自分の行動次第だとおもっています

あがったりさがったりですが、まずはBOCだな

昨日の日記の続きのような事になりますが、求人をみていて、おもしろそうなFellowshipをいくつかみつけました

クリニックやスポーツ施設などに入って、ローテーションをしつつお勉強できる、というもの

いーなー、とおもって出してみようかと思ったのですが、開始・終了時期が自分のOPT期間と微妙にあわない

こんなところでもVISAってめんどくせー、とおもいます

そんな流れでちょっと気になった事を調べていたんですが、うちの学校ではOPTの開始時期は最後の試験が終わった日から、といわれています。それ以外は認めない、と。

でもネットで移民弁護士の所をみていると卒業後60日までなら自分で選べる、といっているところもある。

この2ヶ月の差ってすごく大きいと思うんですけど、実際の所どうなんでしょうかねぇ。

とはいえ、自分はもう書類もだいぶ前に提出してしまって、受け取りました、というレシートもImmigrationの方からうけとっているので、なーんにもできることはなく、2ヶ月のGrace periodを含んでも7月までにビザ取れなかったらこの国からでていくことになるんですけどね。

どーなるかねぇ、これ。

休みには行っている事もあってか、卒業を間際に控えていることもあってか、自分のこれから進む道にあせりと言うか不安を感じることがある一日でした

4月にBOC,そして5月に卒業、そしてOPT開始(行き先決まってないけど)

就職活動をしようと思ったりもするのだけれど、結局「Certifiedになっていなければ意味がない」、と言われることもあれば、「いや、とりあえずシーズンが始まるまでにうかればOKっていうところもある」といわれますが、それはそれで「じゃあどこをうけよう」とわからなくなるわけです

聞いた事もない所に出すのは少し勇気がいる。

そんな事を考えていると「そんなこと考える前にしっかりBOCにこの4月でうかりなさい!」と思う自分もいる、というよりうからなければお話にならない。

Undergrad卒業してATCになって、Graduateschoolにすすんでいたとしたら、自分の進みたい方向性で迷うことはあっても、上に書いたようなジレンマのようなものはなかったのかな、とも思う。

まぁ言ってもしょうがないのでやれることやりますが、たまにはこんな考えっちゃってます的な日記もいいでしょ 笑

きっと誰もが通る道

アリゾナ行っている間に試験が二つあったので、その埋め合わせのためのTake-homeをやっています

それと平行してArnheimもまとめていますが、まとまらねぇ、、、泣

やっぱり計画性は大事です

そういや今日はSt.Patrci day(緑色の服を来て酔っ払うIrishなお祭り)ですが、全然関係ないや。

この2週間で遅れた分を取り戻すべく朝から勉強

とはいかず、なんだかんだで動き出したのおやつの時間当たりからだったような気がします

なんだかずっとあたまがボーっとしている感じでした

徹夜とかしちゃうとだめなんですよね、その後数日

いい加減BOCの勉強を本腰入れてしなければ、ということでArnheimをまとめ始めました

今頃?なんていわないでー

間に合えよ、頼むぞ、おれ。

帰ってきちゃいました、アーカンソーに

バスの出発が4時前だったのでほぼ徹夜(1時間位寝たけど)

飛行機の中ではほぼずっと寝っぱなし

アーカンソーの空港にはクラスメートが迎えに来てくれていましたが、荷物が1時間近く出てこないというおちまでついてくれました

家に帰ってからは体内時計が狂っていて変な時間に昼ねばかりしてしまいました

しばらくこんな感じだと思われます

帰りたくないけれど帰らなければいけない日が来てしまいました

午前10時には迎えが来ると言うことだったので、いつもどおり6時にTRにいって最後のセットアップ

こういう時っていつもより綺麗に掃除しちゃったり、整頓しちゃったりするんですよね 

たったの10数日だったのに

今日はA/Bチーム共に遠征だったのでロッカールームは一度選手を送り出したら寂しいものでした

選手たちが出発する前に、今日で最後だからと挨拶周りをしてきました

選手のみんなが怪我の無いシーズンを送ってくれることを願っています

出発の前にはお世話になったAT陣と話をして、卒業前になって仕事を探し始めるようになったら必ずまず連絡してくるように。ここでの仕事は無かったとしても、どこかの空きをしっているかもしれないから、と言ってくれました。

これから数ヵ月後、自分の肩書きは学生ではなくなります

どういう決断をしているのかまだ今の自分にはわかりません

でもここで出会えた人たちに恥ずかしくないような決断をしたいと思います

成長しないと

今日も朝からマイナーの方にお邪魔して来ました

昨日一日過ごしたから流れはわかっているので、今日はやりやすかったです。

雑用から選手のお世話まで好きにやってました

昨日もそうだったのですが今日もPerformance Enhancement系のクリニックを持っている人がやってきていて、彼から色々と教わりました。自分って何にも知らないなぁ、と思わせてくれる人でした。もっと一緒にいて色々と吸収したいけれど自分は今日が最後なのが残念。

だけど少しでもこういう人に会えたのは幸福と思うべきなのでしょう

嬉しかったことがひとつ

練習後、マイナーのトレーニングルームでトリートメントをしていたらメジャーのとある選手がやってきて、自分のことを呼び出しました

何かと思ったらわざわざ探して別れの挨拶をしに来てくれたのです

彼はベテランの選手

始めてあったときから冗談を言い合いながらも、毎日ストレッチをしたりしてあげていた選手

自分がマイナーの方に参加した昨日もTRでずっと自分のことを探してくれていたらしいです

そんな彼がわざわざ挨拶をしに来てくれて連絡先をくれたのは本当に嬉しかった

マイナーの方でも最後にミーティングをして、最後にAT陣に挨拶をしたとき、ほんの2日しかすごしていないのに涙があふれてきてしまいました。泣いてはないですけどね、

ジワッ

って感じであぶなかったです

それだけ楽しんでやっていたんだなぁ
楽しませてもらっていたんだなぁ、という感じです

その後メジャーの方に戻ってヘッド、アシスタント、AAAのATと話をしました

その中で「試験を受けて、仕事を探す段階になったら必ずわれわれに連絡するように」といってくれました

明日の朝もう一度顔を出してさよならです

でもなんだかまた戻ってくるような気がしています

昨日さよならHRをうった選手がマイナーに落とされてました

どんどんロッカーに空きができています

自分は今日、明日とマイナーの方に参加させてもらうことになっているので、TRに顔を出し、同じようなことをしてきました。

マイナーのATたちとは顔を何度かあわせていて、名前も知っている人がほとんどだったので入りはスムーズ

しばらく流れをみて、流れがわかったらいつもと同じようにストレッチからその他雑用をする、といった感じ

マイナーの方は人数が多いからその分少しばたばたするけれど、まだけが人も少なくそこまでリハビリなかったのが少し残念だけれど、それでもSub talar jointのJt. mobもみれたし、そのほかためになる話も聞けたのでよかったです

練習に参加させてもらうのは明日で最後

早いなぁ
学校戻りたくないなぁ

ここに残っていたいなぁ、、、

世間はTime changeでSummer timeがはじまりましたがアリゾナは関係ないようです。何でこの国は州によってこんなにまちまちなのかね、これ。

試合をみていて最終回に2ランを浴びて敗戦ムード一食だったのですが、ランナーが一人でて、二人でて同点、もしくは逆転さよならのチャンス

そんな状況をみながら隣に座っていたEquipment managerに

「これでHRがでてさよならでおわりだね」

なんていったそのそばから

カッキーン

逆転さよなら3ランHR

笑えました

試合中は基本的に野球をぼーっとみているだけなのですが、ヘッドと話をする良い機会です

でも明日から前々からお願いしていたマイナーの方の見学にむかうので、メジャーの試合をみるのもこれが最後でした。っていってもあまり感慨はないけど。多分また戻ってくることになると思っているからかな?

今日は試合の後、他のチームに派遣されている人たちと合流して食事に出かけました

コーディネーターも一緒で、晩御飯に誘われたのでてっきりおごりだとおもったら違って自腹でした

あんなにくわんきゃよかった、とおもう自分の小ささにあきれました

でも「ご飯に行こうよ」っていわれたらおごってくれるとおもうよね!?ねっ?

今日はピオリアまで遠征
約2時間30分のバスのたびでした

行きしなはバスに乗るになり爆睡
気づいたら到着

試合の方は最初だらけたけれど最終回に2本のソロホームランで逆転し、その裏の攻撃で同点にされ、延長で再び勝ち越して勝利、となりました

日本人選手がいるためか日本の報道陣の姿も多かったように思われます

異国の地で戦う日本人はやっぱり応援したくなりますね

昨晩ヘッドトレーナーとその家族にメキシコ料理をごちそうになったのですが、ヘッドトレーナーがものの見事に食あたり。
どうやら娘さんも大変なことになったようでしたが、自分はぴんぴんしております。

チームに合流して1週間ほどがたつのでさすがに日々の流れは承諾してきています

基本的にどこでもやること一緒なんですよね

みる選手がMLBってだけで

一応やることやっていますが少し暇をもてあましているところも正直なところあります

特に怪我している選手がいるわけでもないですしね

近々マイナーの方に顔を出させてもらおうと思ってます
そっちはいろいろリハビリやっているみたいですし

夜は記者さんと、甲子園常連校期待の星の高校生(になる)子達とご飯を食べてきました。

これまたおもろい話が聞けました

とりあえず怪我をせずにやっていってほしいものです

一気に暑くなりました、アリゾナ
今日一日でだいぶ焦げました

試合の後今日はヘッドトレーナーにご馳走になりました

奥さんと子供もキャンプ中ずっと帯同していたので、同席

すごくきれいな奥さんと、かわいい子供たちでした
いいですねぇ、ああいうの

ヘッドとは今日ゲーム中長いこと話をしていました

この仕事のこと
これからのこと
リハビリのこと
物事に対するアプローチのこと などなど

自分の考え方とすごく似ているとおもいました
そして今まで自分がやってきたことは間違いではないんだとも思いました

こんなボスの元で仕事ができたら幸せです

残りの日々を大切にしたいと思います

今日はアウェイゲームだったのですが、お留守番だったので、いつもより早めにTRを後にしました

夕方からは昨日の日記に書いた選手と食事

お寿司を出してくれるところにいってきました

彼は日本食が大好きで、あまりにも良くそのお店にいくから、お寿司のロールに彼の名前がつくほど

好きなものを注文して、ということで好き勝手に注文していたら彼の方も気を使っていろいろとすでに注文してくれていたので大変なことになりました。食べつくしたけど。

彼ともうひとり、日米野球で昔日本に来たことのある選手も同席して話しをしている中、

「何千、何万人に囲まれて試合をしている感覚ってどんなものなの?」

ときくと

「I never see them so I don't know (目に入らないからわからないよ)」

そして

「忘れもしない、ある試合で逆転満塁ホームランを打ったとき、ボールの感覚がまったくなくて完璧なスイングをしたことがある。そのときグランドを一周してホームを踏んだとき意識的に周りをゆっくり見回してみたんだ。あのときの感覚は忘れられない。そしてこんなことは二度もう二度と起こらないってことを悟ったんだ。その瞬間をボトルに詰めて何度でも見返したいって思うんだよ。エージェントにバットを置く準備ができた、ってね」

という話が印象的でした

年齢的にも厳しくはなってきているとは思いますが、まだまだがんばってもらいたいと思います

やはり長年一流の舞台でやってきている人は人間できている、とおもいました

昨日遅かった割には目覚めもすっきり
いつもと同じようにTRへ

不思議と眠気は襲ってきませんでした

とある選手をストレッチ&マッサージしながら話をしていたら

「食事に連れて行きたい」

といってくれました。
現在自分を含め2人の日本人インターンともう一人別にマッサージをする日本人の方がいらっしゃるので、その3人を、とのことでした

ものすごく気さくに、そして紳士的にしゃべってくれたので、誰だろとおもってみたらちょっと前は名の知れた選手で日米野球で日本にもいったそうです

試合は対レンジャーズ

NCの彼もいました
相変わらずはっちゃけているようです
ですが、彼も良い時間をすごしているとのことで良かったよかった

試合の方は負けました

これで1勝2敗

書いてたらちょっとした手違いで全部消えた、、、

試合が夜からだったので11時集合
とはいえ普段は5時おきなので、結局早い時間に目が覚めやることがなくぼーっとしておりました

時間になりTRにいくとすでにスタッフの姿がちらほらちらほら
聞くとやることなくて暇になったからかなり早い時間にTRにきていたそうです

あはは、日本人みてぇ
暇だな、おまえら、とおもいながらも、自らWhirl poolをきれーに掃除しているアシスタントをみてほほえましくなりました

夜の試合は対D-backs

乱打戦を制して勝利
日本人の観客もいました

それにしても風が強くてさむかったぁ。。。

ホテルに戻ったのは12時前
明日も5時おき

You gotta love it

本日はアナハイムエンジェルスとの試合

とはいってもそれまでのスケジュールは昨日と大差なく、朝にTRにいって、トリートメントをして、ご飯食べて練習行って、試合っていう感じでした

2日目にしていろいろとやらせてもらっています

夜にこちらで仕事をされている日本人スタッフの方と食事に行ったときにいろいろとお話をさせてもらいましたが、このチームのスタッフはほかのチームよりも良い人間が多い、とのことでした

みんな笑顔で挨拶できる

それが当たり前なんだけれど、それを当たり前のように実践しているところが素晴らしいとおもいます

その方もここでの仕事の話があったときに、ほかチームのヘッドに相談をしたら、そこのチームと縁があるならやるべきだ、といわれたそうです。そういうところに配属された自分は幸運ですね。

夜はいろいろと話をして、大変参考になりました

やはりいろいろなものをみて、感じ、吸収し、自分なりの色をつけて、人間的に成長する、というのが大切なのだということを再認識しました

20年後に20歳ほど年の離れた若い世代とこうやって分け隔てなく話をすることができる、そんな人間でいたいです

あ、試合の方は後半もりあげたんですが、負けちゃいました

どうやら僕はこのチームのLucky charmではないようです 笑

«  | HOME |  »

Calendar

10 « 2017/11 » 12
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

べぇ

Author:べぇ

兵庫県芦屋市で産声を上げる。
生後すぐに東京へ。
しかし学校は12年間横浜市まで通う。
大学は東京、在学中はUniversity of Hawaiiに交換留学。
その後、うっかり教員生活2年間。
気づいたらUniversity of Arkansasでathletic training勉強中。
アーカンサスじゃないです、アーカンソーです。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。